services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツ制作において超重要!WEBサイト設計のポイントを紹介

はじめに

良質なコンテンツを届けるためにも重要な「WEBサイト設計」。サイトを運営していく下準備となるため、しっかり土台を作るためにも時間をかけて行うことが重要といえます。

 

しかし「WEBサイト設計は何を意識すればよいの?」「WEBサイト設計の流れがよく分からない」と疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、WEBサイト設計が重要な理由やサイト設計のプロセスを紹介していきます。WEBサイト設計をしっかり行うことで、その後のコンテンツ制作がスムーズになるため、方法やポイントをおさえていきましょう。

 

コンテンツ制作においてWEBサイトの設計は重要!

コンテンツ制作で顧客を獲得したいと思ったときに、重要となるのがWEBサイト設計。設計をしっかり行うか行わないかで集客効果が大きく変わってきます。ここでは、WEBサイト設計がどのようなものか、なぜ重要なのかを紹介していきます。

 

WEBサイト設計とは?

WEBサイト設計とは、WEBサイトの骨組みを作ること。なぜこのサイトを作るのか、どのようなコンテンツを掲載していくのかを決める事前準備といえるでしょう。サイト設計をしっかり行うことで、ユーザーから興味を持ってもらえる上にGoogleからの評価も上がるため、コンテンツ制作を行う上でとても重要なステップといえます。

 

コンテンツ制作においてサイト設計が重要な理由

サイト設計を十分に行わずにむやみやたらにコンテンツ制作を行なっても、ユーザーに刺さらない価値のないものを量産することになってしまいます。誰をターゲットにし、その人はどのような悩みを持っているかしっかり考えてサイトのコンセプトを決めることで、顧客が満足するコンテンツを作成できるのです。

 

また、ユーザーからの評価が低いコンテンツというのはGoogleからの評価も低くなってしまうため、検索順位も思うように上がりません。既存顧客に満足してもらえない上に、新規顧客との接点も少なくなってしまうとせっかく作ったコンテンツが無駄になってしまいます

 

しっかりと意味のある良質なコンテンツを作成してユーザーに届けていくためにも、最初のWEBサイト設計は極めて重要といえるでしょう。

 

WEBサイト設計の流れを紹介

ここでは、WEBサイト設計の流れを紹介していきます。

 

サイトの目的・ゴールを明確に決める

まずは、サイトの目的やゴールを決めましょう。このサイトはどのような悩みを持つ人のために作成するのか、このサイトを見てユーザーはどのような状態になっているのかなどをしっかり決めるのが重要です。

 

特にゴールに関しては、ユーザーの気持ちや考え方に影響を与えるだけではなく、その後の行動までサポートしてあげられるとベターといえます。例えば、新商品やサービスを紹介するWEBサイトを設計した場合、そのサイト内で商品を購入できるようにしておくことでユーザーの行動を後押しできます。

 

気持ちや考え方にアプローチすることも大切ですが、その後何をすればよいかの誘導もできるようなサイトだとなおよいといえるでしょう。

 

ターゲットを整理する

そのサイトを訪れるターゲットをしっかり整理することも大切です。ターゲット設定で特に重要なのが、なるべく細かく決めること。例えば、30代の主婦という設定ではなく、どのような悩みを持っている人なのか、最近は何に興味があるかなどを詳細に決めるようにしましょう。

 

WEBサイトはユーザーに最新の情報を簡単に届けられるものの、実際にコミュニケーションを取ることができません。そのため、どのような悩みを持った人に向けてWEBサイトを構築していくかをしっかり決めないと、誰にも刺さらないコンテンツになってしまいます

 

ターゲットを明確にすることで、今後コンテンツを作成していく上でもキーワードを考えやすくなるため、どの層に向けたものにするかを最初に決めることは重要といえるでしょう。

 

サイトマップを作成する

ユーザーがサイト内で知りたい情報をすぐにゲットできるようにするためにも、サイトマップに力を入れることも大切です。カテゴリや悩み別に色を分けたり、文字の大きさを変えたりすることで視認性が高いサイトになるでしょう

 

ファンになってくれたユーザーに多くの情報を届けるためにも、どこに何があるか分かりやすいサイトにすることを意識するのが重要といえます。

 

ワイヤーの作成

続いて、ワイヤーフレームを作成していきましょう。ワイヤーフレームとは、WEBページのレイアウトを決める設計図のことで、どこにどの情報を載せるかを決めたもの。ワイヤーを事前に作成しておくことで、完成イメージを見える化できるため、後々この項目が足りていなかったという事態を防げます

 

WEBサイトは一人ではなく多くの人が関わって作成することが多いため、全員で共通認識を持ってサイトを作っていくためにも、ワイヤーフレームで完成図を共有しておくことは重要といえるでしょう。

 

デザイン・コーディング

ある程度完成図のイメージが膨らんできたら、デザインやコーディングに移りましょう。残念ながらサイトを訪れてくれたユーザーは、サイト内を隈なく見ているわけではなく流し読みしている傾向にあるため、どこに何の情報があるかが分かりやすいデザインが重要になります。

 

いくら有益な情報を載せていたとしても、自分の知りたい情報をすぐに得られないサイトであればユーザーは離脱してしまうでしょうそのため、初めてサイトを訪れた人でも情報を探しやすいような視認性の高いデザインにすることが大切です。

 

キーワードを選定してコンテンツの内容を決める

サイトのデザインが決まったら、どのようなキーワードでコンテンツを制作していくかを決めましょう。キーワードを決定する際には、キーワードのボリューム調査やサジェストキーワードをチェックできるツールを使うのがポイントです。そうしたツールを使うことで、ユーザーが興味を持っているキーワードのコンテンツを制作できるでしょう

 

また、旬を狙ったコンテンツを制作していくのも重要です。例えば掃除系のコンテンツを作成していく場合、梅雨時に「カビ対策」や「ぬめり対策」などそのタイミングで多くの顧客が悩むような題材を扱いましょう。1年中気になるようなキーワードでのコンテンツ制作も大切ですが、タイムリーに悩みをしっかり解決してくれるようなコンテンツを複数作ることで、ユーザーからの信頼獲得につながります

 

コンテンツを制作する

キーワードを決定したら、コンテンツを制作しましょう。作成していく中で重要になるのが、常にユーザー目線を忘れないことです。顧客目線でコンテンツを制作していくことで、ユーザーがほしい情報を入れ込めます

 

特に商品やサービスの購買を目的としてコンテンツ制作を行う場合は、ユーザーに商品を押し付けるものになりがちです。その商品やサービスを使うことで顧客の生活がどのように変化していくのか、ユーザーにしっかり寄り添いながら伝えることを意識しましょう。

 

WEBサイト設計における重要なポイント

ここでは、WEBサイト設計における重要なポイントを4つ紹介していきます。

 

サイトコンセプトを明確にし、専門性を高める

まずはサイトコンセプトを明確にして、専門性を高めることが大切です。「これを知りたいときはこのコンテンツを見よう」とユーザーに思ってもらえるような専門性の高いサイトを意識することで、多くのファンやリピーターを獲得できるでしょう

 

一方で、サイトコンセプトがぼやけているあっさりとしたコンテンツばかりを掲載してしまうと、ユーザーは自社のサイトから途中離脱してしまい、情報が濃い他のサイトへ逃げてしまいます。専門性の高いコンテンツはGoogleからも高く評価されるため、SEOの観点でも重要といえるでしょう。

 

キーワードの選定はしっかりと行う

キーワードの選定をしっかり行うことも大切です。WEBサイト内にユーザーがなかなか流入しない場合、キーワード分析がうまくできていない場合があります。実際にツールを使って調査するのもよいですが、ときにはSNSで検索してみるのもおすすめです。

 

昨今はSNSが生活に根付き、インターネットではなくSNSで情報を探すユーザーも増えてきています。そうしたユーザーにも刺さるようなコンテンツを作成し、SNSで拡散していくことで、新規顧客の獲得にもつながるでしょう。

 

TwitterやInstagram、Facebookなど各SNSは使っている年齢層や特徴が異なるため、WEBサイトのターゲットとなる顧客が多そうなSNSを使って調査するのがおすすめといえます。

 

タイトルは中身が分かるような内容に

コンテンツ制作で重要となるのがタイトル設定です。どのコンテンツを見るか判断するときに、ユーザーはタイトルしか見られません。そのため、イトルで悩みを解決できるコンテンツであるということをしっかり明示できれば、多くの顧客にアクセスしてもらえます

 

コンテンツ内にはどのような情報があるのか、中身が分かるタイトルにすることで、多くのユーザーに興味を持ってもらえるでしょう。

 

リンク階層は浅いほうがベター

最後に、リンク階層は浅い方がよいでしょう。何回もクリックしなければ見たいページに飛べないサイトだと、ユーザーは手間を感じてしまいます。時間がない忙しい顧客にも満足してもらえるようなコンテンツにするため、知りたい情報はすぐに知れるサイト設計にするのがベターといえるでしょう。

 

コンテンツの内容はどう設計する?

ここでは、コンテンツの内容をどのように決定していくかについて解説していきます。

 

そもそもコンテンツとは

コンテンツとは情報や中身という意味を持ちますが、WEB業界で使われるコンテンツは「WEB上に公開された情報すべて」のことを指します。WEBサイト上に公開された文章メインの記事タイプのものだけではなく、動画や音声、画像などで構成されたものも含まれるのです。

 

ここ数年ではSNSが活発に使われるようになりました。情報をインターネット上で入手するユーザーが増えてきた今、質の高いコンテンツを発信していくことが重要になってきています。多くのユーザーに最新の情報を届けられるコンテンツ制作に力を入れることで、自社のことを知らない人にも興味や愛着を持ってもらえるのです。

 

競合サイトの調査をして参考にする

コンテンツを制作する上で、競合サイトの分析は重要になってきます。検索エンジン上でメインキーワードを検索し、上位10サイトほどをチェックするようにしましょう。上位コンテンツはどのようなタイトルや見出しで構成されているのかを知ることで、自身のコンテンツの構成を考えられるでしょう

 

ここで、重要となるのが1位や2位のコンテンツだけではなく、9位や10位もチェックすることです。せっかく制作したとしても検索順位が低いままだと、自然流入によるユーザーと出会えません。そのため、上位と下位のコンテンツを比較して、どのような情報を扱えば検索順位が上がるのかを研究することが大切です。

 

しかし競合調査をしっかり行なっていくと、上位コンテンツの寄せ集めのようなものができあがってしまうことも。よいところを真似するだけではなく、ユーザー目線を忘れずにプラスでどのような情報を紹介していくのがよいかを考えながらオリジナルの情報も入れ込むことで、他とは違う独自性のあるコンテンツを制作できるでしょう

 

SNSなどを参考に最近の動向に合わせる

SNSで最近の動向をチェックすることも重要です。最近のSNSを見ると、単に文章と画像で情報を届けているものだけではなく、動画や説明入りの画像を使った投稿が伸びています。社長が自社の強みをアピールしている動画や、文章を見ずに画像だけで情報が分かるようなコンテンツが多い傾向にあります。

 

こうした画像や動画による説明が豊富なリッチコンテンツが話題を集めているため、実際にWEBサイト上に掲載するコンテンツも文章と画像だけで構成するのではなく、一工夫するのが大切です。視認性が高く直感的に分かりやすいコンテンツであれば、多くの人の目にとまります。たくさんの人に注目されるコンテンツを作成しSNSで告知していけば、拡散される可能性が高く、今まで自社を知らなかった人にも興味を持ってもらえるでしょう。

 

サイト設計やコンテンツ制作を外注するという方法も

サイト設計やコンテンツ制作を行うことで、多くの人と接点を持てると分かったものの、何から始めたらよいか分からないという人は、外部へ委託するのも一つの手です。ここでは、外部委託する際のポイントやおすすめのコンテンツ制作サービスについて紹介していきます。

 

サイト設計やコンテンツの作成を外注するメリット

サイト設計やコンテンツ制作を外部に委託するメリットは、実績のあるプロに質の高いものを作成してもらえるということです。知識のない初心者が作成すると、アクセス数が見込めない質の低いサイトができあがってしまうことも。せっかく時間を費やしても、価値のないものになっては意味がありません。そうした懸念がある人には、SEO対策にも知識のある外部に委託することで集客効果の高いコンテンツを作成してもらえます

 

また、社内リソースに影響を与えないというメリットもあるでしょう。本業務と並行しながらコンテンツ制作を行うのは大きな負担になってしまうため、他の業務に影響を与えずに制作してもらえるのは魅力といえます。

 

社内と外注をうまく使い分けよう

外部へ委託する場合に重要となるのが、社内で行うことと依頼することの線引きをしっかりすることです。社内でできることも外部へ委託してしまうと、コストも時間も多くかかってしまいます。継続的に依頼しようと思っている場合は、なるべく低コストで質の高いものを作成してもらいたいため、可能なことは社内で行うのがベターといえます。

 

どこのステップを社内で行えるか​​分からないという人は、一度全行程を任せてみて、社内でできることを少しずつ巻き取っていくのもよいでしょう。編集やリライトなどを積極的に社内で行なっていくことで、コンテンツ制作の方法やコツも掴めます。

 

外注する際に気をつけたいポイント

外注先へコンテンツ制作を委託する際に注意したいのが、しっかりとコミュニケーションを取ることです。特に初めて依頼する場合は、納品されたものが希望通りの仕上がりではないこともあるため、途中の段階でもチェックするのが重要といえます。

 

記事タイプのコンテンツ制作を依頼する場合は、構成の段階、半分完成した段階、初稿とこまめに情報をすり合わせることで、認識のズレを防げるでしょう。納品されたものが思っていたものと違った場合、修正してもらえないことがほとんどなので、情報共有は必須といえます。

 

また、多くの外注先に見積もりを取ることも大切です。会社によって得意なことや力を入れていることが異なるので、一社に依頼するのではなく、画像作成はA社、動画編集はB社など複数の会社に業務ごとに依頼するのもよいでしょう。良質なコンテンツを制作してもらうためには、多くの外注先と話して理想のものを作成してくれるような会社に依頼するのがおすすめです。

 

おすすめのコンテンツ制作サービス

 

【おすすめのサービス】 【特徴】
BROCK トライアルも対応!お試し依頼も可能な会社
コンテンツファクトリー 他サイトよりも安価に依頼可能!リッチコンテンツの作成にもぴったり

 

ここでは、おすすめのコンテンツ制作サービスを2つ紹介していきます。1つ目は「読まれる記事」を提供するBROCK(ブロック)です。記事タイプのコンテンツを制作する会社ですが、数記事のトライアルにも対応しているため、品質をチェックしてから依頼できるのが大きな魅力。オプションでリライトにも対応しているため、記事制作の知識がなく全般を依頼したい人にもおすすめといえます。

 

2つ目は、ホワイトペーパーや記事編集、映像制作などを請け負っているコンテンツファクトリーです。工程をマニュアル化しているため、他のサイトよりも安価に依頼できるのがメリットといえます。オンライン相談や無料の資料請求も行っているため、気になる人は相談してみてはいかがでしょうか。

 

http://contentsfactory.jp/

 

まとめ

コンテンツ制作を行う上で、WEB設計は重要な下準備といえます。この骨組み設計を疎かにしてしまうと、質の高いコンテンツを制作したとしても、ユーザーに情報が届かなくなってしまうでしょう。

 

また、コンセプトや目的を決定しておくことで、その後のコンテンツ制作にもスムーズに取り組めます。顧客の悩みを解決できる価値のあるコンテンツを継続的にユーザーへ届けるためにも、たとえ時間はかかってもサイト設計はしっかり行うことが重要といえるでしょう。

RELATED

RANKING