services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツマーケティングに必要な費用の相場を紹介!費用対効果は?

はじめに

企業の認知度を高めたり、新商品情報をPRしたりするのに役立つ「コンテンツ」。インターネットが生活に欠かせないものになってきたからこそ、ユーザーとコミュニケーションを図れる便利なツールといえるでしょう。

しかし、いざコンテンツ制作をしてみようと思っても、どのくらいの費用がかかるかいまひとつわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はコンテンツ制作に必要な費用をフェーズごとに紹介していきます。外注依頼するときのコツも併せて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

コンテンツ制作に必要な費用相場をフェーズ別で紹介

まずは、コンテンツ制作をする上で必要な費用をフェースごとに紹介していきます。

 

【費用】 【詳細】
初期費用 サイト設計やサイト制作・開発にコストが発生。150万円〜700万円ほど。
運用費用 コンテンツ制作やサイト分析などに費用がかかる。依頼先により前後するが、コンテンツは1本あたり10万円ほどで作成してもらえる。

 

初期費用

まずは、初期費用についてです。初期費用は大きく分けて「サイト設計」「サイト制作」の2つとなります。以下で詳しく解説していきます。

 

サイト設計

サイト設計は、基本的に100万円〜200万円ほどかかります。集客を目的とするサイト構築になるので、ページ数が非常に多くなりその分高価になるのです。

初心者の場合、費用が高いから自分で作成しようとしても思ったように作れないことが多いため、プロに依頼するのがおすすめといえるでしょう。

 

サイト制作・開発

シンプルなサイトの制作を頼む場合は、50万円ほど必要になります。一方で、開発するシステムのタイプによっては、300万円〜500万円必要となることもあるため、注意が必要です。

多くの機能を備えるほど開発費は高額になるため、ほしい機能に優先順位をつけてから制作会社へ見積もりを取るのがおすすめです。

 

運用費用

続いて、運用費用について説明していきます。

 

コンテンツ作成(ライティング)

コンテンツ作成に関しては、一般的に1本ごとに2万円〜8万円ほど必要になります。記事や動画などコンテンツの種類やボリュームによって前後しますが、基本的には10万円以下で作成できるでしょう

記事の場合は、1,500文字程度の少ない文字数だと2万円〜4万円ほどで引き受けてくれる会社が多い傾向にあります。テーマが大きいと必然的に文字数も多くなるため、最初にメディアに掲載するコンテンツは10万円程度かかると考えておきましょう。

 

サイト分析・改善

サイトの分析や改善を行う場合は、15万円〜30万円ほど必要になります。10万円ほどで行ってくれる会社もありますが、ただ単に解析データをコピーしただけで納品される場合があるため、極端に安価に対応してくれる会社は避けるようにしましょう。

サイト分析や改善を行う会社を選ぶ場合は、どのくらいの実績があるかに注目します。実績がある会社に頼むとコストがかかってしまいますが、安心して依頼できるため、初めての場合はしっかりした会社を選んで分析や改善をしてもらうのがおすすめです。

 

SNS運用

SNS運用に関しては、依頼する内容によって費用が異なりますが、月額10万円〜30万円ほど必要です。

記事の作成や投稿代行のみを頼む場合は10万円で足りるものの、コメントのチェックや返信まで依頼する場合20万円前後かかります。また、広告運用や定期的なミーティングも依頼する場合は50万円近くかかってしまうことも。

社内で行うことと依頼することをしっかり分けることで、コストを抑えられるため、依頼内容をはっきりさせるのがおすすめといえるでしょう。

 

広告運用

一般的に広告運用費用は、10万円〜30万円ほどかかります。しかしあくまでこの金額は目安であり、可能であれば多くの費用を広告費に回せるとよいでしょう。というのも、広告費に関しては、かけた金額を日毎に割って1日の予算が決定します。午前中に1日の予算を使い切ってしまうと、午後には広告が掲載されないということもあるため、できる限り多くの人の目に触れてもらうためにも、ある程度お金をかけられるとよいでしょう。

 

コンテンツ制作の費用対効果について

結論から言うと、コンテンツ制作は長期的に見れば費用対効果が高いといえます。コンテンツ制作を行なってから、Googleに認識・評価されるまで、時間は多少かかるものの、問い合わせ率が向上したり、サイトPVが上がったりなど効果を感じられるポイントは多数あるでしょう。

また、前章で示した通り、初期費用や運用費用はかかるものの、運用費用に関しては慣れてくれば社内で行える業務が増えてきます。こうして社内業務に組み込むことで、運用費用を少しずつ抑えられます。

長い目で見ると、コンテンツ制作はかけた時間や費用に比例して、効果を感じられる取り組みといえるでしょう。

 

コンテンツ制作の外注費用は安ければいいというわけではない!

ここでは、外注依頼をする際におさえたいポイントを紹介します。

 

サービス毎に費用が違う理由

まずは、サービス毎に費用が異なる理由についてです。コンテンツ制作を行なってくれる会社はさまざまですが、会社によってできることは異なります。記事制作はできるものの、動画制作は行えないところや、記事や動画、漫画など幅広く対応できる会社など、その対応可能な業務はさまざまです。

このように対応可能な業務が異なるため、必要な費用も変わってきます。記事制作を専門に扱っている会社の場合、実績があるため他社と比較して高価になってしまうことも。逆に、全てを幅広く行なっている会社の場合は、安価に対応してくれることもあります。何をメインにしてコンテンツ制作を行ないたいのかを明確にすることで、費用を抑えてよいものを手に入れられるでしょう。

また「このくらいの費用で何ができるか」というように見積もってもらうことで、どの会社にするか決めるという方法もよいでしょう

 

無駄にしないためにもきちんとサービスを選ぶことが重要

費用や時間を無駄にしないためにも、使用するサービスをしっかり選ぶことも大切です。例えば、SNS運用に力を入れたい場合、運用実績が少ない会社に依頼すると、失敗してしまう恐れがあります。どうしてもSNS運用だけは成功させたいと考えているなら、少し金額が高くなったとしても実績のある会社に依頼するのがベター

一方で、あまり力を入れないけれども動画もサイト内に入れたいと思う場合は、動画編集をリーズナブルな価格で行なってくれる会社を選ぶとよいでしょう。どういった目的で何を依頼するかをしっかり考えて会社を選ぶことで、時間や費用、作成したものを無駄にせずに済みます。

 

コンテンツ制作を外注する時に注意したいポイント

次に、コンテンツ制作を外注依頼する場合に注意したいポイントを紹介します。

 

コンテンツの目的・ゴールをはっきりさせる

まずは、コンテンツの目的やゴールを明確にすることが大切です。「商品やサービスに興味を持って、購買してくれる人を増やしたい」「企業に対する認知を高め、社員を増やしたい」などコンテンツを制作する目的やゴールはさまざま。

このゴールや目的をしっかり決めてから依頼しないと、思い描いていたものを作成してもらえません。また、自社内では当たり前になっていたとしても外注先には伝わっていなかったというケースもあるため、依頼する際は目的やゴールを細かく伝えることを意識しましょう。

 

実績のある人・会社に依頼する

2つ目は、実績のある人や会社に依頼することです。コンテンツ制作を行う場合、なるべく費用を抑えたいからといって安く請け負ってくれる会社を選ぶのは避けましょう。うまく運用できずお金も時間も無駄にしてしまうといったことになりかねません。

そのため、実績のある会社に依頼するのがおすすめです。また少し安価に対応してくれることもあるため、実績のある会社から独立した人に頼むのもよいでしょう。外注依頼で作成してもらうのであれば、せっかくなら信頼できる人や会社を選ぶのをおすすめします。

 

短期的な成果を求めすぎない

3つ目は、短期的な成果を求めないことです。コンテンツマーケティングは、よいものを作成したとしてもすぐに成果が出る手法ではありません。作成したメディアやコンテンツをGoogleに認知・評価してもらう必要があるため、最低でも半年ほどかかると頭に入れておきましょう

実績のある会社にお金をかけて依頼したのに効果が出ないとすぐに諦めるのではなく、サイト解析や改善を繰り返し行なってユーザーに役立つサイト作りを着実に行なっていくことが大切です。日々の積み重ねによりサイトPVが増えたり、問い合わせ数が増えたりするため、焦らずに長い視点で効果を見ていきましょう。

 

作業範囲をしっかりと把握する

最後に、作業範囲をしっかりと把握することも大切です。外注依頼したいこと、会社で対応可能なことを線引きすることが重要になります。全てを外注依頼するとコストが多大にかかってしまうため、見積もり時にきちんと伝えることがポイントとなるでしょう。

社内で対応可能なことかを判断するポイントは、その業務にかかる時間と費用です。社員の負担を大きく増やしてしまうようであれば、外注依頼の判断基準を持つことで、他業務にも支障が出ずにコンテンツ制作に励めるでしょう。

 

コンテンツ制作の外注におすすめな会社5選

最後に、コンテンツ制作の外注におすすめの会社を5つ紹介します。

 

株式会社Hub Works

1つ目は、株式会社Hub Worksの「コンテンツファクトリー」です。記事やホワイトペーパーの作成だけではなく、動画編集や4コマ漫画まで幅広いコンテンツを制作してくれます。また、医療や不動産業などのコンテンツ制作実績もあり、専門性の高いものも依頼できるのが大きな魅力

資料請求やオンライン相談も気軽にできるサイトなので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

 

株式会社ライトアップ

2つ目の会社は、株式会社ライトアップです。年間10億通以上のメールマガジン実績やブロガー30万人以上を活用したマーケティング展開など、さまざまな実績があるのが大きな魅力。楽天グループ会社や株式会社まぐまぐなど、大手企業への提供実績もあるため信頼して依頼できる会社の一つといえるでしょう。

また、よく比較されている有限会社ディプスやエスペイドなどとの比較見積もりをしてくれるのも嬉しいポイント。どこの会社に依頼するか迷っているという人も、一度見積もり依頼してみるのがおすすめです。

 

株式会社フラッグ

3つ目の会社は、株式会社フラッグです。この会社は、国土交通省やワーナーブラザーズジャパン合同会社など多くの有名企業への提供実績があるのが特徴的。「ピクミンブルーム」「そして、バトンは渡された」など、一度は目にしたことがあるサービスと関わっているのも大きな魅力といえます。

つくる、つたえる、つなげるを大切にしている会社で、さまざまなニーズに応えてくれる会社といえるでしょう。

 

株式会社デジタルアイデンティティ

4つ目の会社は、株式会社デジタルアイデンティティです。この会社は、設立当初から得意としていた広告運用をはじめ、SEO対策やWebサイト制作まで受け持っています。

「クライアントに最も寄り添った存在になりたい」といったコンセプトを掲げ、カスタマーファーストでソリューションを提供している会社といえます。

 

株式会社クライマークス

5つ目は、株式会社クライマークスです。この会社はアサヒグループホールディングスや三井のリフォームなど、多くの大手企業と取引を行なっています。

動画編集や中国語版の資料など、ユーザーニーズを満たすコンテンツを提供しているのが大きな魅力。「妥協なく最高峰を目指す」という社名のもと、利用者の視点に立ちコンテンツ制作を行なってくれる会社です。

 

コンテンツ制作にかかる費用は作業内容によって異なる!

コンテンツ制作と一口にいっても、サイト構築やSNS運用などかかる費用はフェーズによってさまざま。また、全てを外注依頼するのではなく社内で行える業務は巻き取ることで、コストを抑えながら質の高いものを作成してもらえます。

コンテンツマーケティングはすぐに成果が出ないものですが、かけた時間と費用に比例して効果を発揮するものです。長い視点を意識してコンテンツ制作に励みましょう。

RELATED

関連記事はありません

RANKING