services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

強いコンテンツ制作とは?作り方もチェック!

はじめに

WEBコンテンツを作成する上で、重要となる「ユーザーからの評価」。ユーザーから強いコンテンツだと評価されれば、自ずとGoogleからも評価されます。

しかし、そもそもWEBコンテンツのメリットや、質の高いコンテンツを作成するポイントがよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は強いコンテンツの特徴や、高評価を得られるコンテンツの作り方を紹介していきます。併せて制作に役立つツールも紹介しますので、ぜひご自身のコンテンツ作成の参考にしてみてください。

 

コンテンツ制作とは

元々中身や内容という意味を持つコンテンツという言葉ですが、WEB業界で使われるコンテンツは「WEB上にアップされている情報全て」のことを指します。一般的なWEBコンテンツとして文章や画像などで構成された記事が認知されていますが、バナー広告などのWEB広告も含まれます。

これらのコンテンツを作成することを、コンテンツ制作と呼びます。そしてコンテンツは、新規顧客獲得や企業イメージアップに役立つものです。今回はそんなコンテンツ制作のメリットやデメリット、強いコンテンツを作るコツなどを紹介していきます。

 

コンテンツ制作が重要な理由

 

まずは、コンテンツ制作がなぜ重要なのかを紹介していきます。

 

集客力をあげるため

1つ目の理由は、集客力を上げるためです。インターネット上に公開したコンテンツが良質であれば、Googleから高い評価をもらえ、検索上位に表示されます。

検索した際にトップに出てくることで、顧客獲得につながっていきます。いくら魅力的なサービスや商品を扱っている会社であっても、知ってもらう機会がなければ集客は狙えません。そのため、顧客を獲得する手段としてWEBコンテンツを制作することは、とても重要になります。

 

良質なコンテンツ制作はSNSで拡散されやすいため

2つ目に、良質なコンテンツはSNSで拡散されやすいという理由が挙げられます。昨今は、InstagramやTwitterなどのSNSが普及し、活発に利用されています。そのためSNSで拡散されると、高い集客効果を発揮するのです。

良質なコンテンツを作成すると、SNSでの拡散につながるため、企業や商品の認知度はアップするでしょう。認知度がアップすれば、新たな顧客の流入にもつながるため、良質なコンテンツ制作は重要といえます。

 

サイトや企業への信頼感を強めるため

3つ目は、サイトや企業への信頼度を強めるためです。コンテンツ制作をしっかり行うことで、ページを見たユーザーがサービスや企業を認知します。ここでしっかりと企業やサイトの特徴を伝えることができれば、顧客からの信頼を得られるのです。

信頼を得られると、自社の商品やサービスに興味を持ってもらえるため、将来的な顧客やリピーター獲得につながるでしょう。

 

コンテンツ制作のメリットとデメリットについて

ここでは、コンテンツ制作のメリットとデメリットを紹介します。

メリット デメリット
低予算で集客できる 結果が出るまでに時間がかかる
専門的な知識がなくても集客できる 定期的にリライトをして情報を更新する必要がある
時間が経っても企業にとっても有益なものになる

コンテンツ制作のメリット

まずは、コンテンツ制作のメリットを3つ紹介します。

 

低予算で集客できる

まずは、低予算で集客できるということです。自社で作成する場合、初期費用のみでコンテンツを制作することができるため、低コストで集客するためのツールとして利用できます。

企業イメージアップや商品紹介など、さまざまな情報をユーザーに知ってもらいたい場合は、コンテンツ制作は有効な集客手段といえるでしょう。

 

専門的な知識がなくても集客できる

次に、専門的な知識がなくても集客できるというメリットがあります。コンテンツ制作は基本とコツさえおさえれば、誰でも始められるものです。

慣れるまでは時間がかかるものの、方法やポイントをおさえられれば、気軽に始められる集客手段といえるでしょう。

 

時間が経っても企業にとって有益なものになる

3つ目のメリットは、時間が経っても企業にとって有効なものになるということです。WEBコンテンツは、一度作ればインターネット上で永遠に公開できるため、半永久的な集客効果を持ちます

情報の更新や修正などリライトは必要になりますが、一度作れば24時間インターネット上で集客してくれる便利なツールといえるでしょう。

 

コンテンツ制作のデメリット

次に、コンテンツ制作のデメリットを紹介していきます。

 

結果が出るまでに時間がかかる

まずは、結果が出るまで時間がかかるということです。いくらユーザーに寄り添った良質なコンテンツを作成したとしても、そのコンテンツが効果を発揮するためには最低でも半年ほど時間がかかります

公開してからGoogleに認識され、評価される必要があるため、基本的には1年ほどかかると考えましょう。そのため、短期的な集客効果は薄く、中長期的な集客に向いています。

少し時間がかかるということを頭に入れておき、公開後にアクセス数が伸びなかったとしても、諦めないことが大切です。

 

定期的にリライトをして情報を更新する必要がある

2つ目のデメリットは、定期的にリライトする必要があるということです。一度コンテンツを制作したら終わりではなく、情報を更新したり修正したりする必要があります。

リライトしていないコンテンツは、少しずつGoogleからの評価が下がり上位表示されなくなるため、情報の更新は必須といえるでしょう。最新の情報をユーザーに届け、顧客の悩みを解決するためにも情報収集とリライトを定期的に行うことは大切です。

 

強いコンテンツの特徴

この章では、強いコンテンツの特徴について詳しく紹介していきます。

 

Googleはどうやってコンテンツを評価するのか

Googleは検索アルゴリズムをもとに、コンテンツを評価しています。このアルゴリズムはユーザーがキーワード検索した際に、適切な検索結果が出るように日々アップデートされるのが特徴的です。

検索アルゴリズムの詳しい仕組みは非公表ですが、最も重視されているのがコンテンツの質。キーワードを盛り込んだだけのコンテンツではなく、ユーザーの悩みに寄り添ってその課題を解決できるようなコンテンツが評価されます。

 

Googleから高評価を得るためのコンテンツ制作の方法

ここでは、Googleから高評価を得るためのコンテンツの作り方を紹介します。

 

適切な文字数は1,000文字以上

まずは、文字数です。文字数の決まりはないものの、1,000文字以上のコンテンツが上位表示されている傾向にあります。情報が多すぎてもユーザーの途中離脱につながりますが、少なすぎると悩みを解決できないため、文字数を意識して執筆することが大切です。

 

キーワードの割合にも注意

続いて、キーワードの割合にも注意が必要です。メインキーワードだけではなく、サジェストキーワードを入れ込むことでさまざまなユーザーをサイト内へ誘導できますが、キーワードばかりのコンテンツにするのは避けましょう。

以前はメインキーワードをたくさん入れると、検索上位に食い込む傾向にありましたが、今は異なります。同じキーワードばかりの記事になると、ユーザーは読みにくいと感じ、コンテンツの質は低下するのです。キーワードを入れることは大切ですが、多く入れすぎないよう時には言い換えをしてコンテンツを制作することがポイントといえるでしょう。

 

画像の使い方

画像の使い方も、良質なコンテンツを作成する上ではおさえておきたいポイントです。文字ばかりのコンテンツとなると、ユーザーに最後まで読んでもらえません

基本的にインターネットで検索して自分の悩みを解決したいユーザーは、そこまで検索に時間をかけられないことをおさえておきましょう。友達との待ち合わせまでの時間や、好きなテレビが始まるまでの少しの時間など、ちょっとした隙間時間に検索するユーザーが多いのです。

そのため、文章だけではなく画像を使って効果的に情報を伝えることが大切です。見出しと画像を見るだけで知りたい情報がわかるコンテンツであれば、時間のないユーザーの悩みを解決できる良質なコンテンツになるでしょう。

 

オリジナルのコンテンツを盛り込む

続いて、オリジナルのコンテンツを盛り込むことも大切です。作成したコンテンツを上位に表示させるためにも、競合サイトの分析は大切ですが、各サイトの内容を寄せ集めただけのコンテンツは良質とはいえません

そのため、他のサイトにはない唯一無二の情報を入れ込むことが重要です。時には、ユーザーの悩みを解決するためにその道のプロにインタビューしたり、実際に取材した内容を入れ込んだりするのも視野に入れましょう。

オリジナリティーにあふれるコンテンツであれば、ユーザーからの信頼も獲得でき、Googleからの高評価も期待できます

 

E-A-Tとは?それぞれの要素を紹介

E-A-Tを意識してコンテンツを作成することも大切です。E-A-Tとは、Experience(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取った専門用語。Googleの検索品質評価ガイドラインにも記載されているもので、これらを網羅するコンテンツが上位表示される傾向にあります。

まずExperienceは専門性のことで、コンテンツの内容は誰が見ても専門性の高い内容になっているかということがチェックされます。専門家に監修してもらったり、その道のプロにインタビューした内容を入れ込んだりすることで、コンテンツの専門性を保証できるでしょう。

続いて、Authoritativenessは権威性のことで、そのサイトが多くの人に認知されているものであるかが重要になってきます。情報の引用元としてSNSで紹介されたり、他サイトにリンクが貼られたりすることが権威性につながります。この権威性を保証するためには、専門性も重要な鍵。専門性の高いコンテンツであれば、SNSでの拡散などにもつながるため、権威性も自然とアップするでしょう。

最後のTrustworthinessは信頼性のことを指します。情報が確かなものかがGoogleから評価されます。コンテンツを制作してから一切リライトせずに放置しておくと、情報が刷新されて当時は正しかったことが誤りとなることも。そのためにも定期的に情報収集して、最新の情報を記事内に記載することが大切です。

 

リンクや見出しタグも使いこなそう

最後に、リンクや見出しタグを使いこなすこともポイントです。サイトのトップにくるh1タグに、企業のロゴや企業のホームページサイトのリンクを貼ることで、そのサイトをGoogleにアピールできます

一般的に、画像リンクよりもテキストリンクの方がリンク効果が高いといわれているため、効果的に使うことでGoogleから評価されるコンテンツを作成できるでしょう。

 

ユーザー目線での「強いコンテンツ」とは?

ユーザー目線での強いコンテンツとは、ユーザーが悩みを解決できるものです。具体的には、そのサイトを見るだけで課題を解決し実際に行動に移せるコンテンツのことを指します。

例えば「ホームベーカリー 故障」と検索したユーザーがいたとします。このときに「ホームベーカリーから金属音がしたら故障の合図である」ということだけが記載されたサイトだと、ユーザーは故障の判断基準しか知ることができません。故障の基準がわかるだけではなく、部品が販売されているサイトのリンクや、新機種の特徴などを紹介することで、ユーザーは部品の買い替えや新しいものの購入へと移れます。

このように、実際にユーザーが悩みを解決して行動するためのプロセスが明らかなコンテンツは、ユーザーにとって「強いコンテンツ」といえます。

 

ユーザーから高評価を得るためのコンテンツ制作の方法

ここでは、ユーザーから高評価を得るためのコンテンツ制作の方法を紹介していきます。

 

「誰が読むか(ペルソナ)」の設計は非常に重要

まずは「ペルソナ」の設定が極めて重要です。ペルソナはそのコンテンツを読む仮想客のことを指します。年齢や性別だけではなく、人柄やどこに住んでいるのか、どのような性格なのかをしっかり設定することがポイントです。

また、そのユーザーがどのような経緯でそのキーワードを検索するに至ったかまで考えることが重要。ペルソナをしっかり固めることで、どのような情報があればユーザーが満足するかを考えられるため、コンテンツ制作の上で一番重要といえるでしょう。

 

1記事内で読者の悩みを網羅する

続いて、1記事内で読者の悩みを網羅することが大切です。1記事内ではなく、さまざまな記事に飛ばなければ悩みを解決できないコンテンツの場合は、ユーザーに負担をかけてしまいます

その記事を読むだけで悩みを解決できるコンテンツだと、サイトや企業への信頼も得られます。さまざまなサイトがある中、そのサイトのみで課題を解決できるコンテンツはユーザーにとって質のよいコンテンツといえるでしょう。

 

タイトルや見出しには引き込まれやすい内容を

続いて、タイトルや見出しにこだわることも大切です。記事を読むか判断が問われやすいタイトルについては、ユーザーを引き込むものにするのが重要コンテンツを読むことで、自分の悩みを解決できるとユーザーが思えるような魅力的なタイトル設定を意識しましょう。

また、残念ながら基本的にサイト内の文章を隅から隅までしっかり読むユーザーは少ない傾向にあります。そのため、見出しだけでも読者がある程度内容を把握できるようなコンテンツを作ることが大切です。そうすることで、忙しいユーザーに少ない時間で必要な情報を供給できるでしょう。

 

誤字や脱字は複数回チェック!

続いて、誤字や脱字のチェックをしっかり行うことも大切です。いくら魅力的なコンテンツを作成したとしても、誤字や脱字が多いと読者からの信頼は得られません。

1人で何度も読んだとしても、ミスを見つけられないことが多いため、複数の目でチェックすることが重要です。注力して作り上げたコンテンツをユーザーに読んでもらうためにも、誤字や脱字がないか隅々まで意識しましょう。

 

文字色や罫線を使いこなそう

最後に、文字色や罫線を使うこともポイントです。文字ばかりが羅列されたコンテンツだと、ユーザーは途中で離脱してしまいます

そうした事態を防ぐためにも重要な箇所に色をつけたり、罫線などで見やすいように工夫したりすることが大切です。パッと見て真っ黒なコンテンツより、ところどころ色や隙間があるものの方が、視認性も高いため、少し距離を置いたところから自分のコンテンツを見てみるのもよいでしょう。

 

強いコンテンツ制作のために気をつけたいポイント

ここまで、ユーザーにとって高い評価となるコンテンツについて説明してきましたが、ここからは強いコンテンツ制作のために必要となることを紹介していきます。

 

記事は定期的にリライトしよう

まずは、記事を定期的にリライトすることが大切です。ユーザーは最新の情報がほしいため、記事の内容が古いとわかると他サイトへ移動してしまいます。また定期的に更新しないと、間違った内容を載せたままになることもあり、顧客からの信頼をなくしてしまうといった事態になりかねません。

一度作ったら終わりではなく、情報収集やリライトを定期的に行い、ユーザーの役に立つコンテンツ制作を意識しましょう。

 

記事本数が多ければいいというわけではない

次に、記事本数が多ければよいというわけではないことをおさえておきましょう。ユーザーの役に立つ記事を作成することは大切ですが、質の低い記事をたくさん作るのはおすすめできません

時間はかかっても、一つひとつの記事に思いを込めて読者と会話しているような感覚でコンテンツを制作することで、読者からもGoogleからも評価されるものを作り上げられるでしょう。

 

強いコンテンツを制作のための役立ちツールを紹介

最後に、強いコンテンツを制作するために役立つツールを紹介します。

 

検索ボリューム調査

まずは、検索ボリューム調査です。代表的なツールにキーワードプランナーが挙げられます。作成したいコンテンツのメインキーワードの検索ボリュームを知ることで、どのくらいの人が流入するコンテンツになるかを把握できます

サブキーワードのボリュームをチェックするとさらなる顧客の流入も見込めるため、関連キーワードのボリューム数を知ることもプラスアルファで大切といえるでしょう。

 

サジェストキーワード

サジェストキーワードを検索するツールの使用も大切です。サジェストキーワードとは、メインキーワードと一緒に検索される言葉のことで、顧客の悩みを把握するのに役立ちます。代表的なツールにラッコキーワードが挙げられます。

ユーザーのニーズを把握することで、納得感のある良質なコンテンツを制作できるため、サジェストキーワードの検索は行ったほうがよいでしょう。

 

キーワード出現率チェック

キーワード出現率のチェックも大切です。以前は、同じキーワードがたくさん入っているコンテンツが評価される傾向にありましたが、現在は異なります。

同じキーワードが必要以上に出てくるコンテンツの場合、ユーザーが読みにくいと感じてしまいます。キーワードの出現率をチェックは、自身のコンテンツ内でどの程度同じワードが繰り返されているか把握するのに役立ちます

言い換えが思いつかないときに、他サイトではどのように言い換えているかを知るのにも役立つため、語彙が少なくて困っている場合にも使えるツールといえるでしょう。

 

コピーコンテンツチェック

最後に、コピーコンテンツチェックも使うようにしましょう。どれだけユーザーの悩みを解決できるようなコンテンツを作成したとしても、それがコピーコンテンツと認識された場合、Googleから評価してもらえません

そのため、記事を公開する前にコピペチェックをすることが大切です。質の高い記事をユーザーに届けるためにも、しっかりコピペチェックをし、オリジナリティーあふれる記事を提供していきましょう。

 

強いコンテンツを制作して集客アップを目指そう

Googleからの評価基準は日に日に変わっていきますが、いつまでも変わらないのはユーザーにとって役に立つコンテンツであるかということです。

重要視されている権威性や専門性。それらは網羅することで納得感のあるコンテンツにつながる基準です。自分がユーザーだった場合、そのコンテンツは高評価になるのかを意識することで、質を担保したものを作成できるでしょう。

良質なコンテンツを作成する自信がないという人は、以下のようなコンテンツ制作サービスを利用してみるのもおすすめです。ユーザーに役立つものを作り上げ、質の高いコンテンツを届けていきましょう。

コンテンツ制作サービス:コンテンツファクトリー

RELATED

RANKING