services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツの作成方法とは?便利なツール・サービスもチェック

はじめに 

WEB業界において集客サービスの一つである「コンテンツ」。低コストで始められると耳にすることが多いものの、作成方法がいまひとつわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はコンテンツを作成する方法や、コンテンツのメリットやデメリットについて詳しく紹介していきます。作成の際に役立つツールについても紹介しますので、自分に合ったツールを使って質のよいコンテンツを作成していきましょう。

WEBにおける「コンテンツ」とは?

WEBにおける「コンテンツ」とは、WEBサイト上で発信される情報やサービスのことを指していて、テキストや画像、動画などさまざまなもので構成されています

 

こうした情報により、顔を見合わせることはできないWEBの管理者とインターネットの利用者がコミュニケーションを取れるのです。

 

[関連]

WEBコンテンツとは?よく見かける例も確認しよう

 

コンテンツ制作が重要な理由

コンテンツ制作が重要な理由は、ユーザーの生活にインターネットが欠かせなくなっているためです。顧客は、気になった商品やサービスがあると、インターネットやSNSを使ってその情報を集めます。昨日まで無名だった商品やサービスが、インフルエンサーが使ったりテレビで紹介されたりすることで、一晩で有名になりサイトへのアクセスが止まらなくなることも。

 

こうした現状があるため、ユーザーの生活に根付いたインターネット上で公開されるWEBコンテンツをしっかり作り上げることが大切です。話題性のあるコンテンツを作成することで、見込み顧客の獲得につながります。

コンテンツの作成方法

ここでは、コンテンツの作成方法について紹介していきます。

 

[関連]

コンテンツの作成方法とは?便利なツール・サービスもチェック

目的やゴールを明確に設定する

まずは、目的やゴールを明確にすることが大切です。目的やゴールをしっかり決めることで、最後まで企画がぶれることなくコンテンツを作成できます。ユーザーの目線に立ち、このコンテンツを見ることで何を得られるのかを定めてから作成するようにしましょう。

ペルソナの設定

目的やゴールを明確にしたら、次はペルソナの設定をしましょう。ペルソナとは、そのサイトを利用する仮想の顧客像のことです。何歳でどのくらいの年収がある人なのか、どのような家族構成かなどを細かく想像することで、コンテンツ制作の際にまるで接客をしているかのようなリアルなものを作り上げられます

 

顔が見られないサービスであるからこそ、実際にお客様に商品を紹介することをイメージして考えることが大切です。

ペルソナのニーズを調査・設定する

続いて、ペルソナのニーズを考えましょう。顧客のイメージがついたら、その顧客がどのような悩みや要望を持っているのかを考えることが大切です。ここで、重要となるのが顕在的なニーズだけではなく、潜在的ニーズについても考えること

 

例えば「ダイエット おすすめ」と検索したユーザーがいたとします。この人の顕在的なニーズは「おすすめのダイエット方法を知りたい」ですが、潜在的なニーズは「子どもの入学式があるから、少しでも綺麗に引き締まりたい」や「10年ぶりに同窓会があるから、学生の頃片想いしていた彼にアプローチしたい。そのために痩せて可愛くなりたい」など、さまざまです。

 

この潜在ニーズを深く想像することでコンテンツに厚みが増し、ユーザーの心を掴めるため、最初は時間がかかるかもしれませんが、しっかり想像するようにしましょう。

競合がどんなコンテンツがあるか分析する

続いて、競合がどのようなコンテンツを作成しているかリサーチしましょう。コンテンツを制作したとしても、検索上位に来ないとユーザーとは出会えないため、競合サイトの中身をチェックすることが大切です。

 

やり方としては、メインキーワードで検索して、上位10サイトのタイトルや構成、見出しなどをよく見るようにしましょう。ここで大切なのが上位だけを見て学ぶのではなく、下位と上位サイトの比較を行うこと。

 

下位コンテンツが上位になれていない理由を分析することで、自身のコンテンツ制作に生かせます。よりユーザーに役立つコンテンツにするためにも、競合リサーチはしっかり行いましょう。

h3:テーマを決めて構成案をつくる

続いて、テーマを決めて構成案を作成していきましょう。ペルソナや競合サイトの分析が終わったら、中身を考えていくことが大切です。

 

同じことを紹介していたとしても、読者が知りたい順に内容が並んでいないと読んでいる途中でユーザーが離脱してしまう可能性があります。そのため、構成案を作る際は紹介する順番を意識することも重要といえるでしょう。

 

ここで生きてくるのが、事前に行った競合サイトの上位と下位の分析。上位と下位を比較して構成の順番に違いはないか、読みやすさはどう違うかを考えることで、顧客が読みやすい構成案を作成できるでしょう。

h3:構成案に沿って、執筆・図解・動画化する

最後に、構成案に沿って執筆したり画像を挿入したりなどして仕上げていきましょう。文章に関しては、実際に設定したペルソナに話しかけているような感覚で作成することが大切です。悩みを持ったユーザーが課題解決をして、次の行動につなげられるように寄り添う気持ちで作成しましょう。

 

また、文章だけでもコンテンツとして成り立ちますが、適宜画像や動画を入れることで、顧客の離脱防止につながります。文章のみで真っ黒な画面だとユーザーはどうしても別サイトに移動してしまいます

 

パッと見てわかりやすいと思えば、最後まで閲覧してくれる傾向にあるため、必要に応じて画像や動画を入れることも意識しましょう。

 

h2:Web上でコンテンツを制作するメリットとデメリット

ここでは、コンテンツ制作のメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット デメリット
低予算で集客できる 結果が出るまでに時間がかかる
半永久的に見られるため資産化できる 定期的に修正し情報を更新していく必要がある
良いコンテンツは拡散され、無料でPVが増える
チラシやCMよりも効果が持続しやすい

 

h2:WEB上でコンテンツを作成するメリット

h3:WEB上でのコンテンツ作成のメリット

続いて、WEB上でコンテンツ制作を行うメリットを4つ紹介します。

 

  • 低予算で集客できる
  • 半永久的に見られるため資産化できる
  • 良いコンテンツは拡散され、無料でPVが増える
  • チラシやCMよりも効果が持続しやすい

h43:低予算で集客できる

まずは、低予算で集客できるというメリットがあります。外注する場合は追加の費用がかかりますが、社内で作成するのであればかかるのは初期開発費のみなので、あまりコストをかけられない人でも始めやすい集客方法といえるでしょう。

h43:半永久的に見られるため資産化できる

2つ目のメリットは、半永久的に見られるため会社の資産になるということ。配信期間が決められているものとは異なり、自社で作成したコンテンツはインターネット上に永遠に残り続けます

 

質の高いコンテンツを作成できれば、半永久的に顧客を獲得できるコンテンツとなるのです。

h43:良いコンテンツは拡散され、無料でPVが増える

3つ目のメリットは、質のよいコンテンツの場合は無料でPVをもらえるということ。顧客分析をして、しっかり作成した資料の場合、SNSなどで拡散されさまざまなユーザーに商品やサービスの情報が広まっていきます

 

そうすることで、ウェブサイト内の閲覧数が伸び、さまざまな顧客と出会えます。一度しっかり企画を立ててコンテンツを作成することで、新たな顧客獲得にもつながるのは大きな魅力といえるでしょう。

h43:チラシやCMよりも効果が持続しやすい

4つ目のメリットは、チラシやCMよりも効果が持続しやすいということです。WEB上で公開されているコンテンツはチラシやCMと異なり、SNSなどを通じて広まることが多い傾向にあります。チラシやCMは意識しないと見られない一方で、WEBコンテンツは意識しなくても目に留まりやすいのです。

 

検索したり自分から見たりしなくても、閲覧してもらえることが多いため、集客効果が高いのが魅力といえます。また、チラシやCMはその情報が流れているときしか商品やサービスを知ってもらう機会はありませんが、WEBコンテンツはインターネット上に情報が残り続けるため、より長く顧客と出会えるサービスといえるでしょう。

h32:WEB上でのコンテンツ作成のデメリット

WEBコンテンツはメリットが多いものの、デメリットも2つあります。ここでは、そのデメリットについて詳しく紹介していきます。

 

  • 結果が出るまでに時間がかかる
  • 定期的に修正をして情報を更新する必要がある

h43:結果が出るまでに時間がかかる

1つ目は、結果が出るまでに時間がかかるということ。WEBコンテンツは制作するだけではなく、上位表示させることで効果を発揮するものですが、最低でも半年程度かかる点がややネックといえます。作成した後、Googleがそのコンテンツを認識し評価する必要があるため、基本的には1年程度かかってしまうと頭に入れておきましょう。

 

そのため、作成して集客が見込めないからとすぐに諦めるのではなく、中長期的な視点でコンテンツ制作に励むことが大切です。

h43:定期的に修正をして情報を更新する必要がある

2つ目のデメリットは、定期的に修正する必要があるということです。WEBコンテンツは、一度書いたらそこで終了ではなく情報を更新していく必要があります。一度質のよいコンテンツを作成したとしても、リライトせずにそのまま置いておくとGoogleからの評価は下がってしまいます

 

ユーザーも最新の情報を把握したいため、顧客のためになるコンテンツを制作していくためにも、定期的なコンテンツの見直しは必須といえるでしょう。

h2:コンテンツ作成に便利なツール・サービスを紹介

ここまで、WEBコンテンツについて紹介してきましたが、最後に作成の際に役立つツールについて紹介していきます。

 

【種類】 【コンテンツ制作に便利なツール】
SEOの場合 ウーバーサジェスト

ラッコキーワード

キーワードプランナー

資料の場合 Canvaの資料テンプレート
コンテンツ制作サービスの場合 コンテンツファクトリー

 

[関連]

コンテンツ制作におすすめの会社・サービス10選!外注のメリットは?

h3:SEOの場合

SEOコンテンツを作成する場合は、作成したいコンテンツのメインKWに関する知識をつけることが大切です。その際に役に立つのがキーワードプランナーメインキーワードの検索ボリュームだけではなく、一緒に検索されているキーワードもわかるため、コンテンツを作成する際にとても役立ちます。コンテンツを作成する際、目次やタイトルなどにそのキーワードを自然に入れることで、集客につながりやすくなるでしょう。

 

また、ウーバーサジェストもそのキーワードに関する情報をゲットできる便利なツールです。キーワードだけではなく、競合サイトも一覧で見られるため、ライバルサイトの分析にも便利といえます。

 

また、ラッコキーワードはサジェストキーワードを知りたいとき特におすすめです。メインキーワードとセットで検索されているキーワードを知れるツールなので、ユーザーのニーズを分析するときに役立つツールといえるでしょう。

h3:資料の場合

資料作成の場合は、一からテンプレートを作成するのは大変なので、資料テンプレートを使えるサイトがおすすめ。Canvaでは、ポップなデザインからシックなものまで幅広いテンプレートを用意しているため、シチュエーションに合わせてさまざまな資料を簡単に作成できます

 

コンテンツ制作以外にも業務があり、そこまで時間が取れないという人でもおしゃれなデザインの資料を作れるツールといえるでしょう。

h3:コンテンツ制作サービス

コンテンツ制作を始めたいけど、何からすればよいかわからないという人は、一度プロにコンテンツ制作を依頼するのも一つの手です。記事制作やホワイトペーパーなど、自分の望んだものをプロに作成してもらうことで、しっかり集客できる良質なコンテンツを作成してもらえます

 

以下のサイトでは、資料請求やオンライン相談も無料で行っているため、気になる人は一度相談してみてはいかがでしょうか。

https://contentsfactory.jp/

h2:WEB集客には良質なコンテンツ作成が重要!

コンテンツ制作は低コストで始めやすい集客方法ですが、しっかり顧客をイメージしてニーズや悩みを分析することが大切です。難しいことばかりで初心者には難しいのではないかと思うかもしれませんが、キーワードプランナーや資料テンプレートを使うなどステップを踏んでいけば作成できるでしょう。

 

まずは、一度プロに良質なコンテンツを作成してもらいたいという人は、コンテンツ制作サービスを利用するのも一つの手です。時間とかけられるコストを考えて自分に適したサービスを利用し、ユーザーに役立つコンテンツを作成していきましょう.

 

RELATED

関連記事はありません

RANKING