services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツ制作の成功事例10選!目的別に紹介

はじめに

商品やサービスの認知度を上げたいときや、自社のファンを増やしたいときに役立つ「コンテンツ」。実際にWEBサイトやSNSを通してコンテンツを発信していくことで、多くのファンを獲得した企業が多数あります。

 

しかし、どうすればユーザーが興味を持つ良質なコンテンツを制作できるのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、実際に成功した事例をもとに、コンテンツ制作のポイントを紹介していきます。成功しているコンテンツには共通点があるため、自身のコンテンツ制作に生かしていきましょう。

 

コンテンツマーケティングとは?

まず、コンテンツマーケティングとは何かを解説していきます。

 

そもそもコンテンツとは?

コンテンツとは、情報や中身といった意味を持ちますが、WEB業界で使われるコンテンツとは「WEB上に公開された情報すべて」のことを指しますWEBサイト上にアップされている記事タイプのものだけではなく、画像や写真、音声を使ったものも該当します。

 

インターネットが生活する上で欠かせない存在になってきた中、WEBコンテンツを使うことで新規顧客の獲得や既存顧客をファンやリピーターに育成することも可能です。顧客の悩みを解決できるような質の高いものを作成することが、意味のあるコンテンツを作る上で重要といえるでしょう。

 

 

コンテンツマーケティングの特徴は?目的も理解しよう

 

コンテンツマーケティングとは、その名の通りコンテンツを使ったマーケティング方法のことです。WEB上に公開されたコンテンツを通して企業への信頼を高めさせ、将来的に商品やサービスを購買してくれるようなファンを獲得する手法といえます。

 

また、顧客に役立つコンテンツを配信することで、商品やサービスに満足しているような顧客との接点を途切れさせないといった目的もあるでしょう。1回のみの関わりというよりは、長く付き合い続けられるようなリピーターを獲得するためのマーケティング手法といえます。

 

最近の動向は?コンテンツにはいろいろな種類がある

さまざまな企業がコンテンツ制作に取り組んでいる中、昨今はリッチコンテンツが普及しています。従来はテキストメインの記事タイプのコンテンツが主流化していましたが、動画や音声などさまざまな形で情報を伝えるようになってきました

 

リッチコンテンツのメリットは、視認性が高くわかりやすいということです。画像1つにしても文字で細かく説明が加えられたリッチ画像であれば、文章すべてを読まなくてもその見出しの内容を簡単に理解できます。

 

また、動画などで企業の新商品の説明を行うことで、サイト上への滞在時間を増やすことも可能です。サイト内への滞在時間の増加は間接的にSEO対策にも生きてくるため、新規顧客を獲得したい企業にとっては大きなメリットといえるでしょう。

 

コンテンツマーケティングは、相手や目的によって異なる!

コンテンツマーケティングは、ユーザーに自社の情報を知ってもらうためにとても役立つものですが、伝えたい相手によって目的やポイントが異なります。ここではBtoCとBtoBとの違いなどを紹介していきます。

 

toC・toBのコンテンツマーケティングの違い

まず、BtoCにおけるコンテンツは商品やサービスを検討する際、自分もしくは家族で行えるため、リードタイムが短いのが特徴的。顧客が満足するようなコンテンツが配信できていた場合、即購入につながる可能性が高い傾向にあります。また、オンラインストアで購入までがすぐに行える商材の場合、よりスムーズに購買してもらえるでしょう。即購入につながる可能性があるため、視認性の高い良質なコンテンツを作成することが重要といえます。

 

一方でBtoBマーケティングは、扱う商材やサービスによって異なりますが、購入に数ヶ月〜1年と長い期間を要することが多いでしょう。そのため、購入を検討している競合会社との違いをしっかりアピールできるようなコンテンツを配信し続けることが大切といえます。また、ターゲットを絞りやすいというメリットもあるため、顧客分析のプロセスに力を入れるのもポイント。ユーザーファーストの視点を忘れずにコンテンツを配信し続けることで、顧客に興味を持ってもらえるようなものが作れるでしょう。

 

メディアの趣旨によるコンテンツマーケティングの違い

メディアの趣旨によっても、コンテンツの内容は異なってきます。例えば、商品やサービスの購入を促したいサイトを運営する場合は、他社アイテムとの違いや実際に使ってみた様子などをアピールすることが大切でしょう。

 

一方で中途採用と会社とのミスマッチを減らしたい場合は、社内研修の様子や実際に中途採用で入社した社員のインタビューを伝えることで、入社を検討している人が求める情報を届けられます。

 

しかし、一見全然異なる内容を紹介しているコンテンツでも、目的はユーザーに役立つものを作成するということです。顧客は何を求めているのかという部分をしっかり詰めることで、質の高いコンテンツを制作できるでしょう。

 

メディア別に見るコンテンツマーケティングの成功事例

 

ここでは、メディア別に見るコンテンツ制作の成功事例を紹介していきます。

 

【toC】コンテンツマーケティングの成功事例

まずは、BtoCビジネスのコンテンツでの成功事例は「トヨタ」と「ライオン」です。トヨタが運営しているトヨタイムズでは、社長自ら企業の想いを伝えていく動画を公開しているのが特徴的。トヨタは、商品を売り込んでいくのではなく熱い想いを伝えるコンテンツを配信していくことで、Twitterのフォロワーは約15万人、YouTubeのフォロワーは約22万人と多くのファンを獲得しています。自動車は一度購入したら新商品を買うまで長い期間が空いてしまうため、熱いコンテンツを定期的に配信していくことで、顧客との接点をしっかり作っている会社といえるでしょう。

 

ライオンが運営しているLidea(リディア)では、生活情報を配信しています。人気保育士のてぃ先生による子育てあるあるから、スプレー食器用洗剤の魅力などさまざまな内容を掲載しているのが特徴的。掲載しているコンテンツには漫画形式のストーリー仕立てになっているものもあり、読みやすいのが大きな魅力といえます。また、サイトページ上部には注目キーワードの記載があり、紫外線や夏の暑さ対策など季節性のあるコンテンツをすぐに探せるのもポイントといえるでしょう。

 

【toB】コンテンツマーケティングの成功事例

BtoBビジネスのコンテンツにおける成功事例は「freee(フリー)」と「サイボウズ」です。freeeは、独立を考えている人や個人事業主向けのコンテンツを多く配信しているのが特徴的。開業届の書き方や青色申告書の手続きなど、今まで会社員だった人が知らない開業事情を多く配信しています。一部有料会員しか見られないコンテンツやホワイトペーパーの掲載を行うことで、関係性の強い顧客獲得にも力を入れています

 

サイボウズは、自社の紹介というよりも働き方や生き方に関するコンテンツを多く発信しています。特に多様性に関するコンテンツは誰もが経験したことがある悩みを扱っていて、興味を引くものになっています。サイボウズのことを全く知らない人にサイボウズを好きになってもらう」というテーマで作られたコンテンツは、新規顧客を獲得できるような興味深い内容が多いといえるでしょう。

 

【採用メディア】コンテンツマーケティングの成功事例

採用メディアにおけるコンテンツマーケティングの成功事例は「LINE」と「メルカリ」が挙げられます。LINEは、新卒・新入社員が入社したという記事やLINEで働く理由など、実際に会社の中のことを知れるコンテンツが豊富なのが特徴的です。インタビュー形式で記事が構成されているため、より生の声を聞けるコンテンツになっています。

 

2社目は、株式会社メルカリが運営しているmercan(メルカン)です。mercanもLINEと同様社内の様子を知れるコンテンツを配信していますが、ハッシュタグを付けてコンテンツを管理しているのが特徴的。特に「メルカリな日々」というハッシュタグは、実際にメルカリが外部で行った取り組みや社内インタビューなどを複数の写真とともに紹介し、メルカリが行なっている事業のことを詳しく知ることができます。他社との違いをしっかり把握してからエントリーしたい、という人に役立つコンテンツになっているでしょう

 

【ECサイト】コンテンツマーケティングの成功事例

ECサイトによるコンテンツマーケティングの成功事例は「北欧、暮らしの道具店」と「石鹸百科」が挙げられます。北欧、暮らしの道具店は自社の商品紹介ページで、 セーターの洗い方など営業色の薄いコンテンツを配信しているのが特徴的。商品の購買メインではなくあくまでユーザーに共感してもらえるような情報を届けていくことで、長い付き合いとなるリピーター獲得に成功している会社といえます。

 

2つ目の石鹸百科では、ターゲットは狭いものの石鹸に関する悩みを持った人が興味を持つ奥深いコンテンツを配信しているのが特徴的です。化学薬品にアレルギーがあるため、天然由来の石鹸成分の洗剤を使いたいという層に役立つものを発信しています。ユーザーの悩みにも答える寄り添い型のコンテンツを届けることで、顧客の心を掴んでいるといえるでしょう

 

【SNS】コンテンツマーケティングの成功事例

SNSによるコンテンツマーケティングに成功した事例としては「ハーゲンダッツ」と「ローソン」が挙げられます。ハーゲンダッツはFacebookやLINE、Twitter、Instagramと4つのSNSを使ってマーケティングをしているのが特徴的。すべてのSNSで同じ配信をするのではなく、SNSを使っているターゲットに合わせてオフィシャルな情報や新商品の速報など伝える内容を変えています。その場の顧客に適したコンテンツを制作し、新規顧客獲得や既存顧客をリピーターにする試みをしている会社といえます。

 

一方で、ローソンはTwitterを使ったマーケティングが特徴的です。ついつい口ずさみたくなる「バスチー」というネーミングをアピールしたのもTwitterが始まり。キャッチーな名前を世でバズらせるためには、SNS上でシェアされるような商品企画やキャンペーンを絡めた告知をするなどさまざまな取り組みが行われてきました。こうした取り組みが報われ、SNS受けしやすい武器を手に入れたのが今のローソンといえます。

 

事例から見る!成功しているコンテンツの特徴

ここでは、事例からわかる成功しているコンテンツの特徴を紹介していきます。

【特徴】 【詳細】
目的やゴールを明確にする ゴールを明確にすることで、芯のあるコンテンツになる
ペルソナの設定 ターゲットを決めることで、ユーザー目線を忘れずにコンテンツ制作ができる
ペルソナの行動整理 なぜそのコンテンツに辿り着いたか分析することで、ユーザーがほしい情報を把握できる
キーワード調査 潜在的な悩みを分析するのに役立ち、より深いコンテンツを作れる
競合分析 上位コンテンツの特徴をつかむことで、検索エンジンから高評価をもらえるものを作成できる
効果測定→改善 アクセス数や滞在時間をチェックすることで、より良質なコンテンツへと改善していくことが重要

 

目的やゴールを明確に設定する

1つ目は、目的やゴールを明確にしているということ。求職者と企業のミスマッチを防ぐことや、商品やサービスの購買などコンテンツの目的はさまざまですが、成功している事例を見ると、どの会社もしっかりターゲットや目的を定めている印象を受けました

 

特にSNSで成功したハーゲンダッツは、InstagramやTwitterなど使うSNSによって発信する内容を変えることで、ユーザーが求めている情報を届けられています。ユーザーが求める情報をタイムリーに伝えるためにも、ターゲットや目的、ゴールをしっかり定めることが重要といえるでしょう。

 

ペルソナの設定

続いて、ペルソナの設定です。実際に目的やゴールを明確に定めたら、そのコンテンツを見る仮想顧客であるペルソナを決めましょう。実際にバスクチーズケーキの宣伝で成功したローソンの場合は、SNSでスイーツ情報をキャッチする人をターゲットに定めることで多くの注目を集めています。

 

このようにコンテンツを作成する際には、ペルソナをしっかり定めることが大切です。ここでポイントとなるのが、年代や性別だけではなく、性格や家族構成、住んでいる場所なども考えること。WEBコンテンツは簡単に情報を届けられる便利なツールであるものの、顧客と直接コミュニケーションを取れませんそのため、ペルソナを詳しく決めることで、まるで接客しているような感覚でコンテンツを作る必要があります。よりユーザーの悩みを解決できるようなものを発信するためにも、ペルソナ設定には力を入れていきましょう。

 

ペルソナの行動を整理する

続いて、ペルソナの行動を整理していきましょう。そのキーワードを検索するに至った経緯を考えていくことが大切です。例えば石鹸百科の場合、他のコンテンツよりも狭い層をターゲットにしていますが、この行動分析ができているからこそユーザーファーストのコンテンツをたくさん作成できています

 

過去にどういった悩みがあって、どのような行動を経て検索に至ったかを細かく考えることで、ユーザーの潜在ニーズを把握することも可能です。潜在ニーズをコンテンツ内に盛り込むことで、中身の濃いものを作成できるため、細かく考えてコンテンツ制作に励むようにしましょう。

 

キーワードを調査・設定する

次に、キーワードを調査しましょう。そのキーワードの検索ボリューム数や、一緒に検索されているサジェストキーワードを調査することが大切です。サジェストキーワードはユーザーがメインキーワードとセットで検索しているワードなので、キーワードを分析することで潜在的な悩みを知ることができます。

 

顧客も自分自身把握していないような潜在的な悩みを、見出しや本文に入れ込むことでユーザーは自社に対して信頼を寄せます。一度自分の悩みを解決してくれるコンテンツであるという認識を持ってもらえれば、ファンやリピーターになってくれる可能性が高いため、満足感の高いコンテンツを作成するためにもキーワードをしっかり分析するようにしましょう。

 

しっかりと競合を分析する

コンテンツ制作を行う上で、競合サイトの分析も重要になります。検索エンジンを使って、メインキーワードの上位10サイトほどをチェックするようにしましょう。ここで重要となるのが上位と下位の違いを分析することです。実際にコンテンツを制作して上位表示されなければ、自然流入による顧客を獲得できないため、どうすれば上位になれるかを考えることが重要といえます。

 

また、分析をしていくと上位コンテンツの寄せ集めのようなものができてしまう傾向にあります。こうした事態を防ぐためにも、ユーザー目線でのコンテンツを制作するということを忘れてはいけません。悩みを抱えたユーザーにとってどのような内容がプラスで書かれていると助かるかを考えることで、独自性のあるものを作成できるでしょう。

 

効果を測定して改善案を考える

コンテンツは一度制作したら終わりではなく、効果測定をしていくことが大切です。作成した後アクセス数は伸びたのか、どのようなキーワードで流入しているのかをチェックすることで、よりユーザーに役立つコンテンツに改変していけます

 

一度作ってそのままにしておくと、Googleからの評価も伸びず、顧客の役にも立たない古いコンテンツになってしまうため、可能な限り修正し続け常に最新の情報を届けるようにしましょう。

 

コンテンツ制作にはコンテンツ制作サービスもおすすめ

コンテンツ制作を行うことで、多くのメリットがあるとわかったものの何から始めたらよいかわからないという人には、コンテンツ制作サービスもおすすめです。以下では、コンテンツ制作サービスについて詳しく紹介していきます。

 

コンテンツ制作サービスとは?

まず、コンテンツ制作サービスとは、SEOの知識があるプロにコンテンツ制作全般を任せられるサービスです。ホワイトペーパーや記事、動画などさまざまなコンテンツを作成してもらえます。すべてを依頼するのではなく、できないことのみ依頼することでコストを抑えてコンテンツを制作してもらえるでしょう

 

コンテンツ制作サービスを利用するメリット

コンテンツ制作サービスを利用するメリットは、プロに制作を依頼できるため、質の高いコンテンツを手に入れられるということです。コンテンツは広告と異なり、一度作成してサイト上にアップすれば、半永久的に集客効果を発揮するものなので、自社の資産になるのです。定期的なリライトや修正は必要ですが、集客システムを手に入れられるのが大きな魅力といえます。

 

また、社内リソースに影響を与えないというのも利点の1つ自身の業務と並行しながらコンテンツ制作を行うのは大きな負担になるため、外部に依頼することで他の業務をしっかり進めながらコンテンツを得られます。

おすすめのコンテンツ制作サービス

最後におすすめのコンテンツ制作サービスを2つ紹介します。1つ目は、ホワイトペーパーや記事作成を依頼できるコンテンツファクトリーです。4コマ漫画や動画の作成も依頼できるため、リッチコンテンツを作成したい人にもおすすめといえるでしょう。また、工程をマニュアル化して工場のような仕組みでコンテンツを制作してもらえるため、安価に依頼できるのもメリットといえます。

 

 

2つ目は、制作記事がテレビに取り上げられたこともあるCROCO(クロコ)です。集客や販促など、多くの目的で成功した事例があるのが大きな魅力。さまざまな職種のプロが累計30万人以上在籍しているため、要望に合わせたコンテンツを作成してもらえるでしょう

 

まとめ

コンテンツ制作で成功した事例を見てみると、どこの会社もユーザーファーストを意識しているということがわかります。ユーザーの悩みは何か、自社が他社と比較して提供できる情報は何かとしっかり考えて作成されたコンテンツが多いといえるでしょう。

 

コンテンツ制作はユーザーへ熱い想いを持って作成することで、多くの人の心に刺さるものになります。ステップを踏んでいけば誰でも作成できるため、成功事例をもとに顧客の悩みを解決できるような価値あるコンテンツを作成していきましょう。

RELATED

RANKING