services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

WEBコンテンツの制作のポイント・流れを紹介!

はじめに

自社の強みや新商品、サービスをPRしたいときに役立つ「コンテンツ」。制作方法やポイントを押さえることで、初心者でも良質なコンテンツを作成できます。

 

しかし、競合サイトよりも優れているコンテンツを作成するポイントや、そもそもコンテンツ制作の流れが分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、コンテンツを制作する上でのポイントや、各コンテンツを作成する上で把握しておくべきコツについて紹介していきます。最後には外注先へコンテンツ制作を依頼するメリットについても紹介しているため、自社で制作するか他社に依頼するかで迷っている人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

話題の「リッチコンテンツ」とは?WEBコンテンツについての解説

はじめに、WEBコンテンツや話題のリッチコンテンツについて紹介していきます。

 

そもそも「WEBコンテンツ」とは

WEBコンテンツとは、「WEB上に公開された情報全てのこと」です。今は、文章メインの記事タイプのものから動きや音で伝えるものまで、多くのコンテンツが掲載されています

 

また、注目を集めているのが、動画と文章を組み合わせたり、画像に説明文を加えて情報を効果的に伝える「リッチコンテンツ」。この章の最後では、リッチコンテンツの魅力について詳しく紹介していきます。

 

WEBコンテンツの特徴

WEBコンテンツはチラシや広告と異なり、一度作成すると半永久的に集客効果を発揮する特徴を持ちます。また、新情報を掲載したいときや、誤字や脱字を簡単に修正できるのも紙媒体との違いです。

 

ユーザーの生活にインターネットが根付いてきた今、情報を効果的に伝える手段になってきているといえるでしょう。

 

WEBコンテンツの目的

WEBコンテンツの目的は、新規顧客の獲得や既存顧客をリピーターやファンに育成することです。悩みを抱いているユーザーがWEBコンテンツを閲覧した際に、自分の課題を解決できるものであると分かれば、新しい顧客に興味を持ってもらえます。また既存顧客に対しては、他社よりも専門性のある内容を詳しく掲載していくことで、ファンになってもらえるでしょう。

 

こうしたことから、自社の強みや新商品・サービスの情報を適切なタイミングで伝えるのに優れているツールといえます。

 

流行りは「リッチコンテンツ」?WEBコンテンツの動向

多くのWEBコンテンツがアップロードされている中、最近では「リッチコンテンツ」に注目が集まっています。リッチコンテンツとは、動画やテキスト入りの画像などを使ってユーザーに分かりやすく情報を伝えるコンテンツのことです。

 

仕事や家事などで忙しいユーザーにも直感的に情報を理解してもらえるため、多くの顧客に好まれています。また、リッチコンテンツはSNSでもシェアをされやすいため、自社のことを知らないユーザーにも情報を届けやすいメリットもあるでしょう。

 

【種類別】コンテンツ制作のポイント

ここでは、種類別にコンテンツ制作のポイントを紹介していきます。

【種類】 【ポイント】
記事コンテンツ 自社の強みや専門家へのインタビューなど他のコンテンツとの差別化を図る
ブログ 情報を知って行動できるまでのコンテンツが良質といえる
メールマガジン 目的やターゲットを明確にすることで、ユーザーの心をつかめる
ニュースレター 営業職を出さずにユーザーとの接点づくりを意識する
動画コンテンツ ユーザーの記憶に残したい情報を届けるときに好適

 

Webサイト(記事コンテンツ)

WEBサイト上に掲載する記事コンテンツを作成する場合は、競合サイトとの違いをしっかりと出すことが大切です。記事コンテンツは主流のタイプであるため、同じキーワードで多くのコンテンツがヒットしてしまいます。

 

そのため、キーワード・競合サイトの分析を行ったとしても同じようなコンテンツができ上がってしまうこともあるでしょう。こうした事態を防ぐためにも自社の強みをアピールしたり、専門家へインタビューをして、他のコンテンツよりも質の高い記事を作成することが重要です。場合によっては、動画やイラスト図解などを活用して、分かりやすさで勝負するのもよいでしょう。何か強みを作って独自性を出すことが大切といえます。

 

ブログ

ブログタイプのコンテンツは記事タイプのものよりも、そのキーワードに興味を持ったユーザーが訪れるのが特徴的。そのため、他のサイトでは知ることができないような豆知識やノウハウを伝えることがポイントといえるでしょう。また、料理や掃除などのコンテンツを扱う場合は、実際に真似をしやすいような内容を掲載するのも重要です。

 

お役立ち情報を掲載したコンテンツは多くの主婦に人気を集めているため、情報を知るだけではなく、実際に行動に移して感動体験を味わえるかがリピーターを獲得できるか否かにつながります。他のサイトよりも詳しく情報を届けたり、失敗談などを掲載しながら、分かりやすく行動しやすいコンテンツ制作を意識することが重要でしょう。

 

メールマガジン

メールマガジンは新商品やサービスのPR、臨時休業やメンテナンスなどの情報を届けることに使われます。メールマガジンを作成する上でポイントとなるのが、目的やターゲットを明確にすることです。購買意欲や自社への興味の高さなど、どういったユーザーに向けて作成するかで扱うコンテンツの内容が変わってきます。

 

新商品を定期的に購入しているユーザーをターゲットにする場合、シンプルに新商品の魅力を伝えるだけで十分かもしれませんが、一度しか購入経験のないような顧客に対してはそのアプローチでは足りません。

 

新しい洋服を紹介する場合は、着回しや手触りなど、他の商品との違いや、メリットを詳しく伝えることが大切でしょう。また店頭で購入した際の特典などを合わせて掲載することで「お店に行ってみようかな」とユーザーの行動換起にまでつながります。このように目的やターゲットによってコンテンツの中身が大きく異なるため、企画の段階でしっかりと詰めておくことが重要といえるでしょう。

 

ニュースレター

ニュースレターは、ユーザーとの接点作りとして役立つコンテンツであるため、営業色を出さないようにすることが大切です。商品やサービスを購入したユーザーの悩みを解決できるような旬のコンテンツを届けることで、次に何かを購入する際に自社の商品やサービスを気にかけてもらえるでしょう。

 

新商品をPRするというよりは、ファンやリピーターを育成する役割を持つため、ユーザーに寄り添ったコンテンツを制作することがポイントといえます。

 

動画コンテンツ

動画コンテンツを作成する場合は、動画を使う必要性についてしっかりと考えることが重要です。動画タイプは記事タイプよりも記憶に残りやすいため、ユーザーに効果的に情報を届けられるというメリットがあります。一方で、しっかりと目標を決めずに作成してしまうと、動画コンテンツを有効に使えないことも。なぜ動画コンテンツで情報を届けたいのかを考えて制作を行うことで、より質の高いコンテンツに仕上がります。

 

あれこれと伝えたいことが出てくるかもしれませんが、何を伝えたいのかをしっかりとまとめることで動画コンテンツの魅力を大いに発揮できるでしょう。

 

コンテンツ制作の流れを紹介

ここでは、コンテンツ制作の流れを解説していきます。

 

ペルソナ・ゴールを設定する

まずはペルソナやゴールを設定しましょう。ペルソナとはサイトを訪れる仮想顧客のことで、ユーザーと直接コミュニケーションを取れないコンテンツの場合は、このペルソナ設定が重要といえます。年齢層や性別だけではなく、性格や商品を買うときの決め手などをしっかりと決めることで、親しい友人に商品やサービスを紹介しているような感覚でコンテンツを作成できるでしょう。作成していく内にターゲットのことを忘れてしまいがちですが、最初にしっかりと設定することで常に頭の片隅にペルソナの存在を置いておけます。

 

また、コンテンツのゴールを設定することも大切です。コンテンツを読んでユーザーがどのような情報を得て、どういった行動をするのかをしっかりと見据えることがポイントとなります。最初にゴールを設定しないと、誰の心にも刺さらないぼやけたコンテンツになってしまうでしょう。しっかりとユーザーの悩みを捉え、その後の行動にまでアプローチできるようなコンテンツ制作を意識することで、芯が通った説得力のあるコンテンツ制作ができます。

 

ユーザーの行動を整理する

ターゲットを設定したら、そのユーザーがどのような行動を経て検索に至ったかを考えることが大切です。例えば「イエローメイク 簡単」と調べたユーザーがいたとします。このユーザーは「夏が近づいてきたから、カラーメイクに挑戦したい。→雑誌を見ると緑やピンク、イエローなどたくさんのカラーメイクがある。→自分が好きなアイドルのイメージカラーが黄色で、今度コンサートに行くからイエローメイクに挑戦したい。→「イエローメイク 簡単」で検索した」という経緯があったとします。

 

こうした経緯があった場合は、イエローメイクの可愛さや方法を伝えるだけではなく、イエローメイクに合うヘアアレンジなどもプラスで紹介することで、ユーザーの心を掴めるでしょう。ターゲットの年齢層により検索に至った経緯は大きく異なるため、たくさん考えた上で、ピンとくるものを見つけることがポイントといえます。

 

キーワードを決める

顧客分析が終わった後は、キーワードを決めていきましょう。キーワードを決める際には、キーワードツールやSNSを使って分析をするのがおすすめです。特にキーワードツールは検索ボリュームだけではなく、サジェストキーワードを知ることができるため、ユーザーがどのような内容に興味を持っているのかを整理しやすい傾向にあります。

 

また、SNSの利用が活発になってきたため、ターゲットに合わせたSNSを使ってリサーチするのもおすすめです。SNSは利用者の生の声が聞けたり、最近の流行りを簡単に知ることができるため、動向をキャッチするのに便利なツールといえます。

 

競合を調査

キーワードの選定が終わった後は、競合サイトを調査しましょう。メインキーワードを検索エンジン上で検索して、上位10サイトほどを比較するのが大切です。ここでポイントとなるのが、10サイトのよいところのみをチェックするのではなく、プラスであると役立つ情報についても考えること

 

10サイトを分析する際に魅力だけをピックアップしてしまうと、上位サイトを寄せ集めた独自性のないコンテンツが完成してしまいます。そうなると他のサイトとの違いがない面白味にかけるコンテンツになってしまうため、ファンを獲得するのは難しいでしょう。

 

他のサイトとの違いを出すためにも、ユーザー目線をもって競合サイトをチェックし、ユーザーに役立つ情報を積極的に入れ込んでいくことが大切です。また、分析の段階でどういった情報を入れるかをリストアップしておくことで、アクセス数が思うように伸びないときにスムーズに情報を更新することができます。この段階でしっかりと考えておくようにしましょう。

 

構成案の作成

構成案を作成する際は、顧客分析や競合サイトをリサーチして分かったユーザーの潜在的ニーズを入れ込むことが大切です。ユーザーは自覚していなかった潜在的な悩みを解決できるコンテンツに出会った場合、大きな感動を覚えます。そのため潜在的な悩みを解決できる文面をどこに入れるかを構成の段階で考えておきましょう。そうすることで、本文を執筆するときにナチュラルに情報を入れ込めます。

 

また、執筆をしていく内に多少修正することもあるかもしれませんが、この段階でタイトルや見出しをある程度固めておくのがおすすめです。タイトルや見出しの文言を決めるときは、ユーザーが直感的にコンテンツの内容を把握できるようなものにすることが大切。多くのコンテンツがWEB上にあふれている中、本文までしっかりと読んでいる人は少ない傾向にあります。そうしたユーザーにも興味を持ってもらうためにも、タイトルと見出しだけで内容を理解できるように工夫をすることが大切でしょう。

 

執筆・画像の選定

コンテンツ制作の準備が整った後は、執筆をスタートしたり、画像を選んでいきましょう。執筆する際に注意したいのが、同じキーワードや語尾が連続していないかどうか。特にメインキーワードが連発するとユーザーはしつこさを感じてしまい、コンテンツから途中離脱してしまいます。最後まで読者にコンテンツを閲覧してもらうためにも、違う言葉で言い換えたりあえてワードを省略してメリハリをつけるようにしましょう。

 

画像を決めるときは、必要に応じてリッチ画像にするのがポイント。シンプルな画像だけではデザイン性に優れているだけでユーザーに情報は伝わりません。タイトルと見出し、画像で情報を理解できるコンテンツであれば、多くのユーザーに興味を持ってもらえる上に、SNSでシェアがされやすいメリットがあります。全てのコンテンツでリッチ画像を使うのは難しいですが、数枚使うだけでも視認性の高いコンテンツになるため、工夫してみるのもよいでしょう。

 

公開

執筆や画像の選定が完了したら、公開していきましょう。公開の際に注意したいのが、誤字や脱字がないかと、コピーコンテンツになっていないかどうかです。誤字や脱字に関しては、執筆してすぐにチェックしても見つからない傾向にあるため、1日置いてから確認するか、他の人にチェックしてもらうのがおすすめです。誤字や脱字が多いコンテンツの場合、いくら専門性の高い内容を紹介しても、ユーザーからの信頼が下がってしまいます。良質なコンテンツであるとユーザーに認識してもらうためにも、しっかりとチェックをするのが大切といえるでしょう。

 

また、全てオリジナルの文章で作成したとしても、Googleからコピーコンテンツと判断された場合は、価値のないコンテンツになってしまいます。そのため、公開前にコピペチェックをするのが大切です。ユーザーからもGoogleからも評価されるコンテンツを作成するためにも、最後にツールを使ってチェックをしてみましょう

 

分析・改善

WEBコンテンツは公開したら終わりではなく、定期的に分析して改善していくことが大切です。コンテンツを更新していくことで、Googleからの評価も上がるため、SEO対策の観点からも更新は重要といえます。

 

また、どのようなキーワードでコンテンツに流入しているのか、アクセス数が伸びているのかをチェックしていくことで、どういったコンテンツがユーザーに刺さるかが分かってくるでしょう。質の高いコンテンツをユーザーに届けていくためにも、定期的に情報収集しコンテンツを更新していくことが大切といえます。

 

コンテンツ制作で押さえておくべきポイントとは

ここでは、コンテンツ制作で押さえておくべきポイントを紹介していきます。

 

コンテンツのゴールは明確に設定

まずは、コンテンツのゴールを明確に設定することが大切です。ここでポイントとなるのが、情報を提供するだけではなく行動喚起できるようなコンテンツにすること。多くのWEBコンテンツがインターネット上にあふれているため、情報を入手できるコンテンツはたくさんあります。

 

一方で、そのコンテンツを読んで実際に行動しようと思えるコンテンツは少ない傾向です。例えば、商品を紹介するコンテンツの場合、オンラインストアのリンクを貼る工夫をすることでユーザーの行動にまでアプローチできるでしょう。

 

このようにコンテンツを読んだ後どのような情報を入手できて、どういった行動をするのかをしっかりと考えることで、他とは違うオリジナルのものを制作できるでしょう。

 

ターゲットやペルソナも明確に決める

ターゲットやペルソナをしっかりと決めることも大切です。WEBコンテンツの場合、実際に店頭でお客様とコミュニケーションが取れないため、しっかりとペルソナを設定することで、ターゲットを見失わずにコンテンツを制作できます

 

年齢層や性別だけではなく、性格や家族構成、どのようなことに価値を感じるかなどを細かく設定することで、親しい友人に商品やサービスを紹介している感覚でコンテンツを作成できるでしょう。また、コンテンツ制作に熱中してくると、ユーザー目線を忘れて企業目線になってしまいがちです。常にユーザーファーストを意識するためにも、しっかりとペルソナを設定して誰に向けて書くのかを決めることが大切といえます。

 

分析と改善を繰り返す

最後にWEBコンテンツの大きな魅力である、分析と改善を繰り返すことについて解説していきます。

 

「改善」ができるのはWEBコンテンツならでは!

WEBコンテンツと紙媒体のコンテンツの大きな違いは、改善ができるかどうか。チラシなどの紙媒体のコンテンツの場合、ミスがあったときや新しい情報が更新された際は、情報を修正するために大きな労力やコストを必要とします。

 

一方でWEBコンテンツの場合、すぐに編集ができる上にSNSなどで情報を更新したことを伝えられるのが大きなメリット。ユーザーのためになるコンテンツになるよういつでも改善できるため、常に最新の情報を届けられるのが魅力といえるでしょう。

 

コンテンツの企画は外注するという手も

プロにコンテンツ制作を依頼したいという場合、コンテンツ制作サービスを使うのも一つの手です。ここでは、コンテンツ制作サービスについて詳しく紹介していきます。

 

コンテンツ制作サービスとは?

コンテンツ制作サービスとは、知識やノウハウがあるプロにコンテンツ制作全般を依頼できるものです。記事タイプのものから動画や漫画、ホワイトペーパーなど多くのコンテンツを制作してもらえます。

 

他社との違いをアピールするためにもユーザーの心を掴む良質なコンテンツを作ってほしいという人は、コンテンツ制作サービスを利用してみるのがおすすめといえるでしょう。

 

コンテンツ制作サービスを利用するメリット

ここでは、コンテンツ制作サービスを利用するメリットを紹介していきます。

 

社内のリソースを使わずにコンテンツを企画できる

まずは、社内のリソースを使わずにコンテンツを制作できるということが挙げられます。コンテンツ制作に初めて取り掛かる会社の場合は、通常の業務にプラスしてコンテンツ制作の業務が振られるでしょう。そうなると残業する必要が出てきたり、通常業務が疎かになったりと社員にとっても会社にとっても多くのデメリットが出てきます。

 

このように一人ひとりに任せている業務が多く、社内でコンテンツを制作する余裕がないという場合、コンテンツ制作サービスを利用するのがおすすめです。通常業務を行いつつ、数回打ち合わせをすることでコンテンツを制作してもらえるため、大きな負担を抱えずにすむメリットがあります

 

スピードが速い

コンテンツ制作のプロに作成を頼めるため、スピードがあるというのもメリットの1つです。コンテンツ制作はコツさえ掴めば誰でもできるものですが、顧客分析や競合サイトの比較は初心者の場合多くの時間を要します。

 

一方でコンテンツ制作サービスに依頼する場合は、多くの経験からスムーズにリサーチや分析を行えるため、スピーディーに作成してもらえるでしょう。そのため、コンテンツ制作サービスは、旬の情報を多くのユーザーに届けたい人や、競合サイトに勝てるコンテンツをなるべく早く手に入れたい人におすすめといえます。

 

様々な知見を持っているため、適切な企画ができる

さらに、様々な知見を持っている人に作成してもらえるため、適切なコンテンツを作成してもらえるというメリットもあります。

 

例えば教育に関するコンテンツを作成してもらいたい場合、教員免許を持っている人や実際に教鞭を執っていた人が在籍している会社に依頼することで、専門性を持った記事を制作してもらえるでしょう。このようにSEO対策の実績だけではなく、特定のジャンルに詳しいライターを抱えている会社に依頼する場合は、権威性が高い価値のあるコンテンツを作成してもらえます

 

また、クオリティの高い良質なコンテンツの作成経験がある会社に依頼する場合は、動画や加工した画像を活用したリッチコンテンツの依頼もできるでしょう。多くの知見からユーザーに伝わるようなコンテンツを作成してもらえるため、競合サイトに勝るコンテンツを作ることができずに困っている人は一度相談してみるのがおすすめです。

 

おすすめのコンテンツ制作サービス

どこのコンテンツ制作サービスを利用するか迷っているという人のために、ここではおすすめのコンテンツ制作サービスを2つ紹介していきます。

 

1つ目はコンテンツファクトリーです。この会社は記事タイプのコンテンツだけではなく、動画や4コマ漫画などの作成にも対応しているため、リッチコンテンツを作成したい場合に特におすすめといえます。アクセス数が伸びずコンテンツ制作に苦戦している人は、資料請求やオンライン相談も行っているため一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

http://contentsfactory.jp/

 

 

2社目は、株式会社リファイドです。2019年の調査によるとGoogleニュース記事提供メディア数日本一を誇る会社で、コンスタントに納品してもらえるのが利点といえます。また二次利用可能な画像の納品も行ってくれるため、一定数記事制作を依頼した後は自社でコンテンツを制作していきたいという人におすすめの会社といえるでしょう。

 

まとめ

コンテンツを制作する上で一番大切なのは、ユーザーのためになるコンテンツになっているかを常に考えることです。執筆や画像の作成に夢中になってくると、コンテンツを制作することがゴールになってしまい、ユーザーのことを忘れてしまいがちです。コンテンツ制作のゴールはユーザーの悩みを解決するということを常に頭に置きながら作成に励むことで、価値のあるものが完成するでしょう。

 

とはいってもコンテンツ制作をしたことがない人が、良質なコンテンツを量産するのは難しいといえます。コンテンツ作成に挑戦してみたものの思うようなものができず、難航しているという人は一度コンテンツ制作サービスに依頼してみるのもおすすめです。見積もりやオンライン相談に対応している会社も多いため、困っている人は一度相談してみてはいかがでしょうか。

RELATED

RANKING