services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

instagram広告の費用相場は?課金方式や予算目安を徹底解説

Instagram広告に興味はあるけど、どのくらいの予算をかければ良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、Instagram広告にかける費用に着目し、課金方式や予算の目安を徹底解説します。

 

Instagram広告はInstagram上に配信される広告のこと

Instagram広告は、画像や動画をメインに投稿するSNSであるInstagram上に配信される広告のことです。

InstagramはFacebookと同様にMeta社が運営するSNSであり、Instagram広告もFacebook広告と同じ仕組みで配信します。

若者や女性向けの商材におすすめの媒体ですが、近年企業アカウントも増加しており様々な業界で活用されています。

 

Instagram広告の4つの課金方式と費用相場

Instagramには4つの課金方式があります。それぞれの仕組みと費用相場をご紹介します。

 

CPM:広告が表示されると費用が発生

CPMはCost Per Milleの略称であり、広告が1,000回表示されるごとに費用が発生する仕組みです。広告がユーザーに表示されることをインプレッションと呼ぶため、インプレッション課金とも呼ばれます。

一般的に1,000回表示されるごとに500円~1,000円の費用が発生するとされており、1インプレッションあたり0.5円~1円ほどが相場です。

 

CPC:広告がクリックされると費用が発生

CPCはCost per Clickです。広告がクリックされると費用が発生します。1クリックあたり40円~100円が相場となっています。

広告をクリックしてもらい、実際に商品購入や問い合わせをしてもらうことを目的とする場合におすすめです。

 

CPI:広告のアプリがインストールされると費用が発生

CPIはCost Per Installの略称で、広告で宣伝したアプリがインストールされると費用が発生します。Instagram広告ではアプリのインストールを目的とした広告形式を選択することができ、その場合にCPI課金が利用できます。

1インストールあたり100円~150円が相場となっており、アプリのインストール数と直接連動した費用になるため費用対効果が分かりやすいです。

 

CPV:広告の動画が再生されると費用が発生

Instagram広告では動画形式の広告を配信することも可能です。動画広告に適しているのがCPV(Cost per View)課金です。動画を10秒以上再生した場合、もしくは最後まで動画を視聴した場合に課金される仕組みで、1再生あたり4円~7円が相場です。

再生回数や視聴時間により、ユーザーの興味を喚起できているかを判断しやすい形式です。

 

Instagram広告の3つの特徴

ここで、Instagram広告の3つの特徴をご紹介します。

 

高精度なターゲティングができる

先ほど述べた通り、Instagram広告はFacebook広告と連携しています。Facebookは実名登録制であることからターゲティングの精度が高く、連携しているInstagram広告のターゲティングも高精度です。

また、ユーザーの閲覧履歴や行動データにより、興味関心や類似ユーザーのターゲティングもでき、より詳細にユーザーを絞り込むことが可能です。

 

広告フォーマットが幅広く用意されている

Instagram広告は、豊富なフォーマットも特徴のひとつです。タイムラインやストーリーズ、発見タブ欄など、表示できる場所も多く、かつ静止画や動画、複数枚を表示させるカルーセル広告、カタログのように配置するコレクション広告など、幅広い広告フォーマットが用意されています。

目的やターゲットに合わせて、より適切な広告フォーマットを選ぶことで効果の最大化につながります。

 

少ない予算で配信できる

Instagram広告の最低出稿金額は1日あたり1$で、日本円では100円前後です。少額から配信できるので、SNS広告を試しにやってみたい方にもおすすめの媒体です。

ただし、出稿額が少なすぎるとより効果の見込める配信を行うための機械学習がうまく回らず、成果が出るまでに時間がかかる場合もあるので、広告配信の目的を加味した上でよく検討しましょう。

 

Instagram広告の予算の設定目安について

Instagram広告の予算は、広告宣伝にかけられる予算と見込まれる成果から逆算して設定します。目安として、1か月10万円程度から始める企業が多いです。

ただし、広告は効果検証と改善を繰り返すことで成果を最大化していくものですので、長期間配信できるよう余裕を持った予算を設定しましょう。

また、広告代理店に運用を依頼する場合、手数料を広告配信額の20%上乗せすることが一般的です。

 

Instagram広告の課金方式の適切な選び方は?

Instagram広告の課金方式は、広告配信の目的に応じて選ぶことが重要です。

一般的には、認知度の向上が目的であればCPM課金、購入や問い合わせの獲得を目的とする場合はCPC課金、アプリのインストールが目的であればCPI課金、動画の閲覧が目的であればCPV課金となります。

Instagramは広告の設定時に、広告の目的を設定します。その際に選択した目的によって選べる課金方式が限られるので、課金方式を意識しながら実際に即した目的を設定するようにしましょう。

 

Instagram広告の支払い方法とタイミングは?

Instagram広告ではクレジットカード、デビットカード、PayPalにて支払いが可能です。支払い設定で事前に登録しておきましょう。

また、決済方法は手動決済と自動決済の2種類があり、決済方法に応じて支払いのタイミングが異なります。手動決済は、予め入金しておいた残高から24時間ごとに請求額が引き出されます。自動決済は、請求単位額を設定し、その額に達した時点で請求されます。

 

Instagram広告の費用対効果を最大化させるには?

Instagram広告を行う際に、費用対効果を最大化させるためのポイントをご紹介します。

 

広告のターゲットを明確にする

広告配信において、ターゲットを明確にしておくことは成果を最大化させるために重要です。Instagram広告では、年齢性別などの基本情報から、興味関心など細かい属性までターゲット設定ができるため、より効率的な広告配信が可能です。

ターゲットを決める際には、まずペルソナとなる人物像を具体的に1人思い描きましょう。基本情報からどんな時にInstagramを利用するのかといった細かい部分まで落とし込みます。そうすることで、適切なターゲット設定やクリエイティブの作成が可能です。

 

インスタ映えする広告を制作する

Instagramはインスタ映えという言葉があるように、ビジュアルが重要なSNSです。広告でも通常の投稿と同様に、インスタ映えを意識して広告クリエイティブを制作することが重要です。

クオリティの高いクリエイティブによって、他の投稿に埋もれることなくユーザーの目を引き、興味を持ってもらいやすくなります。

 

ハッシュタグを上手に活用する

ハッシュタグはInstagram広告の配信に必須ではありませんが、目的によってうまく活用することで効果の最大化を目指すことができます。

特に認知度を上げたい場合や広告を拡散してもらいたい時におすすめです。ターゲットとなるユーザーの興味関心に基づき、有効なハッシュタグをつけましょう。

 

迅速に対応できる運用体制を整備する

広告運用は、配信しながら効果を検証し、改善を重ねていくことが成果につながります。また、Instagram広告は媒体が随時アルゴリズムのアップデートを行っていたり、広告のトレンドの移り変わりが早かったりと、情報のキャッチアップが重要です。迅速にかつ柔軟に対応できる運用体制を整備しましょう。

 

Instagram広告の成功事例を紹介

最後に、Instagram広告の成功事例をご紹介します。

 

写真広告:モンスターストライク

スマホゲームアプリの「モンスターストライク」は、写真広告でキャラクターやキャンペーンを訴求することにより、セッション数は61%増加、CPAの38%低下を実現しました。

ビジュアルが重要視されるInstagramの写真広告と相性の良い商材であったことが成功に繋がったと考えられます。

 

ストーリーズ広告:日本航空(JAL)

日本航空(JAL)はラグビーの世界イベントの宣伝でInstagramのストーリーズ広告を活用しました。「ラグビー講座」というコンテンツをストーリーズでテンポよく配信することでユーザーの興味を引き、結果的に1,000万人以上への訴求を成功させました。

 

まとめ

本記事では、Instagram広告の費用や課金方式についてご紹介しました。

Instagram広告は少額から始められ、かつ大規模な広告宣伝も可能な媒体です。有効に活用することができれば、ビジネスの成功に大きく貢献できるでしょう。

とはいえ、Instagram広告には配信するためのコンテンツが重要です。

コンテンツファクトリーは、SNSの投稿に活用できるコンテンツの作成の依頼も可能です。コストを抑えて質の高いクリエイティブを作りたい場合には、是非一度問い合わせてみてください。

RELATED

RANKING