services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

記事LPの費用はどれくらい?相場や内訳、制作の流れを解説

記事LPとは、Web広告を介し流入したユーザーに対し、商品やサービスをアピールして、購入を促す為のページ(ランディングページ)を指します。自社で商品やサービスを企画・開発をしていても、LPの制作まで手が回らず、外注をお考えの企業も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「記事LPの料金相場や内訳、制作の流れ」を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

 

記事LPの料金相場と特徴

記事LPを外注する場合、基本的に30~50万円程が一般的です。ただ「どんなLPを作成したいのか?」という自社の目的によって、価格は大きく変わります。あわせて、外注先の作業範囲や作成期間も大幅に異なることが多いです。

以下で、上記図に基づき料金相場とともにそれぞれの特徴を解説します。あくまで目安となるため、参考までにご確認ください。

 

10万円以下の記事LPは最短1週間で完成!

まずAの場合、作成期間は最短1週間ほどで、最低限の記事LPを作成してくれるというイメージです。

基本的に発注側が「記事LPの戦略設計、原稿・挿入素材の準備、公開後の修正」を担い、外注先にコーディングやデザイン部分のみを依頼します。またデザインの自由度も低く、機能のカスタマイズなどにも対応してもらえない場合が多いでしょう。

そのため、発注側でコーディングやデザイン設計以外を担える際や、最低限のLPを速く・安く作りたいときなどにおすすめです。

 

10~30万円以下の記事LPは最も一般的な価格

Bの場合は、記事LPの中でも一般的な料金です。作成期間は2週間~1か月半ほどで、デザインに凝ったオリジナル記事LPの作成ができます。

10万円以下の場合と同じく「記事LPの戦略設計、原稿・挿入素材の用意、公開後の修正」は発注側で担うことになるか、依頼する場合は別途料金が必要になる場合が多いです。ただ、コーディングやデザインに関しては柔軟に対応してもらえるため、発注側のイメージに沿った記事LPにしてもらえるでしょう。

そのため、できるだけ費用は抑えつつ、デザインに凝ったオリジナル記事LPの作成をしたいという場合におすすめです。

 

30~50万円以下の記事LPは競合調査から依頼できる

Cの相場は、一般的な料金よりも少し高単価であるため、記事LPの戦略設計や競合調査まで担ってくれます。そのため、作成期間は1ヶ月~2か月と少々長くなります。

原稿・挿入素材なども外注先が担当してくれ、もちろんコーディングやデザインも任せられるので、発注側は打ち合わせの参加のみになり、リソースはほとんどかからないでしょう。

ほぼお任せで、戦略設計からコーディングまで依頼できるため、少し高くてもいいから高品質な記事LPを作成したい、とお考えの場合におすすめです。

 

50万円以上の記事LPはコンサルもお願いしたい人向け

最後に、記事LP作成の中で最も高額なDの相場は、LP作成はもちろん、コンサルティングまで行ってくれるというイメージです。具体的には、戦略設計や原稿、挿入素材はもちろん、コーディングやデザイン、記事LP公開後の改善やABテストまで任せられます。

作成期間は3ヶ月程度と少々長いですが、成果に繋がる記事LP作成を行ってくれるため、妥当と言えるでしょう。発注側は打ち合わせ参加のみで、戦略設計や記事LP作成、さらにコンサルティングも受けられるので、リソースを割かずに記事LPの本格的なWebマーケティングを実行できます。

そのため、確実に成果へ繋げられる記事LP作成を依頼したい、高額でも本格的なWebマーケティングの相談をしたい、とお考えの場合におすすめです。

 

記事LP制作会社規模別に見た料金の傾向

依頼内容による料金相場の違いと、それぞれの特徴はご理解いただけたと思いますので、次に、記事LP制作会社別の料金事例と、どんな場合に活用すべきか解説します。

基本的に依頼先の規模によって異なるため、今回は「フリーランス」「小〜中規模の企業」「大手企業」に分けて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

部分的な依頼ならフリーランスがオススメ

会社などに所属していないフリーランスに依頼する際は、部分的な外注をする際におすすめです。一般的に~10万円で依頼が可能なので、コストパフォーマンスはいいでしょう。

ただ、個人で行っている場合が多く、作業範囲に限界があるため「コーディングのみ・デザインのみ」など、部分的な依頼の方が向いていると言えます。

もちろん、実績や経験により違いますが、個人の場合だと企業よりも時間はかかってしまう可能性があります。

 

小~中規模の企業は一貫して依頼できる

小〜中規模の企業に依頼すると、競合調査や戦略設計、記事LP制作まで一貫して請け負っている企業が多いです。そのため「一貫して依頼したい・自社でリソースを割けない」という場合は、小〜中規模の企業に依頼するのがおすすめと言えます。

ただ、料金が〜30万円の企業もあれば、〜50万円の企業もあり、対応している作業範囲やクオリティに幅があります。自社の予算と目的、どこまで外注するのかを明確にし、求める記事LPや依頼したい作業によって検討する必要があります。

 

大手企業は規模の大きいLPにも対応している

規模の大きいLPや、成果に繋がるLPを作成したい場合は、大手企業がおすすめです。大手企業であれば、50万円~でコンサルティングも込みで記事LP作成を行っている場合が多いでしょう。

料金は他と比べてかなり上がりますが、戦略設計や

記事LP作成全般はもちろん、アフターケアである、公開後の修正やABテストまで対応してくれます。記事LPを一貫で制作してもらいながら、記事LPを通した本格的なWebマーケティングを実施したい場合には、大手企業に依頼するのがおすすめです。

 

記事LP制作費用の内訳と作業内容

ここまでで、料金相場の幅が大きいと感じた方も多いのではないでしょうか。それは依頼する内容の具体的な作業量や、割かれるリソースが影響するためです。では次に、記事LPの制作費用の内訳と作業内容に関して解説していきます。

 

調査・分析・ターゲット選定

1つ目は「調査・分析・ターゲット設定」です。記事LP作成を行う上で、1番重要と言っても過言ではないでしょう。競合や市場の調査と分析、あわせて自社の商品やサービスにとってのターゲット設定など、様々な観点から行います。

この「調査・分析・ターゲット設定」をしっかり行わないと、記事LPの内容はもちろん、構成やデザインまでも統一性がなくなり、最大限に効果を発揮できません。そのため、記事LPを作成する際に1番初めに行う作業であり、重要な工程と言えます。

この部分から外注するとなると、作業量としても多くなるため、金額は高くなるでしょう。

 

構成案作成・ライティング

調査・分析・ターゲット設定が完了したら、次に「構成案作成・ライティング」の段階です。調査や分析の結果をもとに、実際どのように記事にしていくか決定します。

具体的には、どのようなコンテンツを、どのように組み合わせて、ユーザーを成果に誘導するかを考えるのが構成案作成です。そして、その中身である、テキストまたは原稿と呼ばれる部分を作成するのが、ライティングにあたり、挿入する画像や素材なども用意します。

構成案作成とライティングに関して、発注側で担うか・依頼先に頼むかによって値段が変わります。自社で担える場合は、費用を抑えることができますが、プロに依頼し、より多くのユーザーを成果まで導きたい、という場合は依頼先に任せるのがおすすめです。

 

デザイン

構成案作成・ライティングが完了したら、次に「デザイン」に移ります。
具体的には、色味やレイアウト、文字のフォントはもちろん、UI/UX(ユーザーインターフェース./ユーザーエクスペリエンス:ユーザーが滞りなく情報や成果にたどり着けるか)にも気を配り、図や表を用いてデザインを確定していきます、

色味やフォントは発注側である程度イメージがある場合が多いですが、UI/UXまでに気を配るには、専門的な知識や経験が必要でしょう。そのため、この部分は記事LP作成の中でも、外注側にお任せするのがベターです。

 

コーディング

次は「コーディング」という作業で、構成案・ライティング・デザインをもとに、記事LPとして機能するよう形にしていく工程です。HTMLやCSSはもちろん、記事LPに追加したい機能によっては、JavaScriptを用いて作成していきます。

基本的に外注先が対応してくれますが、高度なコーディング技術が必要な機能を追加したい場合は、別途料金がかかる可能性があります。一般的には小〜中規模の企業以上であれば、対応してくれますが、プランなどによっても変わるため、確認が必要です。

 

校正・校閲・動作確認

コーディングまで完了したら、公開前の最後の工程である「校正・校閲・動作確認」に移ります。具体的には、校正・校閲によって、誤字脱字がないか、内容に誤りがないかを確認し、問題無ければテスト環境で動作確認を行うというイメージです。

動作確認では、表示にズレや乱れがないかはもちろん、エラーが起きないかなどを細かくチェックします。どこに外注しても、基本的に外注先が行いますが、発注先にも確認の連絡が来ることが多いです。複数人で何度か行い、見落としがないかしっかりチェックしましょう。

 

公開・修正・運用改善

最後は「公開・修正・運用改善」です。完成した記事LPを公開し、すぐに良い結果がでることはまずないでしょう。まず記事LPの効果測定を行い、得た情報を分析、そして改善策の立案・実施を繰り返す必要があります。

適切な効果測定と分析、運用改善を実施することで、記事LPの効果が最大化されます。ただ、専門的知識や経験を持ち合わせてないと難しい部分であり、時間やリソースもかかります。そのため、運用改善も行っている企業やプランは、料金が上がる傾向にあります。

 

記事LPの制作会社の選び方

では実際に、記事LPの制作を外注する際の「制作会社の選び方」に関して解説していきます。大きく分けて3つのポイントがあり、それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

記事LPの制作実績やノウハウはあるか?

まず1つ目は「記事LPの制作実績やノウハウはあるか?」です。自社がアピールしたい商品やサービスに関連する業界、または業種の実績があるといいでしょう。記事LPの制作実績はもちろん必要ですが、全く関係のない業界や業種の実績をもつ制作会社だと、なかなかスムーズに進まず、作成期間はもちろんですが、当初のイメージと異なる記事LPになりかねません

自社と近しい業界や業種の実績があれば、コミュニケーションや作業もスムーズに進めやすいです。あわせて、成功事例なども盛り込んで対応してくれる場合が多く、効果を期待できます。

 

見積もりやプランは適正か?

次に「見積もりやプランは適正か?」です。依頼する際、必ず見積もりとプランを照らしあわせ、自社との認識がずれていないか確認しましょう。

自社が希望していた見積もりやプラン内容を、伝えきれていない場合もありますし、依頼先が間違えて認識している場合もあります。また料金ばかりに気をとられてしまうと、自社の目的を果たせないプラン内容になってしまう場合もあります。

そのため、実際の作業に移る前に、必ず「見積もり金額がプランに見合うか?」「自社の目的を果たせる内容になっているか?」をしっかり確認しましょう。

 

コミュニケーションは充分か?

最後に「コミュニケーションは充分か?」を確認することも大切です。記事LPを外注する目的は、自社の商品やサービスを、よりうまくアピールすることにある筈です。そのため、自社のイメージや目的をしっかりと汲み取り、形にしてもらえないと、意味がありません。

打ち合わせやヒアリングはもちろん、条件のすり合わせや、連絡の頻度など、問題なくコミュニケーションがとれるかもしっかり確認することが大切です。

 

記事LPの制作ならコンテンツファクトリーにおまかせ!

記事LPの制作にお困りでしたら、ぜひコンテンツファクトリーにお問い合わせください。編集プロダクションの経験が豊富な責任者とライターによる、貴社専属のチームが対応させて頂きます。

さらに、独自システムで制作ラインを構築しているため、高品質かつスピーディーな対応が可能です。発注頂ければ、マーケティング戦略のコンサルティングも承っていますので、ぜひご興味のある方はお問い合わせください。

 

まとめ

本記事では「記事LPの料金相場や内訳、制作の流れ」に関して解説しました。記事LPの外注をしたいけど、予算との兼ね合いにお悩みの方も多いと思います。目的や依頼したい内容によっても相場は変わります

ぜひ、本記事を参考に、自社に見合う外注先を探してください。

RELATED

RANKING