services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツ制作のSEO対策とは?手順やポイントを解説!

はじめに

サイト内への自然流入を増やすためにかかせない「SEO対策」。新規顧客獲得や既存顧客の育成に役立つコンテンツ制作においても、SEO対策は重要といえます。

 

しかし「SEO対策が必要な理由」や「SEO対策のメリットやデメリット」がよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、SEO対策を行う上で得られる効果や利点、難点について詳しく解説をしていきます。最後にはSEO対策がされたコンテンツ制作を依頼できる外部会社を利用するメリットや、おすすめの会社について紹介していくため、気になる人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツ制作のSEO対策とは?

まずは、コンテンツ制作におけるSEO対策について説明していきます。

 

そもそもコンテンツ制作とは

情報や中身といった意味を持つコンテンツの中で、WEB上に掲載されているものがWEBコンテンツです。そして、WEBコンテンツを制作していくことを、コンテンツ制作と呼びます。

 

オフィシャルな情報をしっかりと伝えたいときは文章メインに、商品やサービスなどをユーザーにPRしたいときは動画や画像を使うなど、目的に応じて様々なコンテンツを使い分けることが重要といえるでしょう。また、インターネットやSNSの利用が活発になってきたからこそ、競合会社との違いをいかにユーザーにアピールできるかがポイントといえます。

 

コンテンツ制作のSEO対策とは

SEO(エス・イー・オー)とは、検索エンジン最適化のことです。コンテンツ制作においては、Googleに良質なコンテンツであると認識・評価してもらうことで、検索順位を上げることができます。ここでなぜSEO対策が必要かというと、検索順位が上がることでサイト内への自然流入が増えるからです。

 

多くの情報があふれている中、知りたいことを検索エンジン上で調べたときは、上位のサイトから見ていくことが多いでしょう。自社のことを知らないユーザーだとしても、検索エンジンで上に出てきた=知りたい情報をゲットできるサイトだと認識してもらえるのです。こうして自然流入が増え、さらに良質なコンテンツを多く掲載しているとユーザーからの信頼を獲得できます。

 

多くの人がサイト内へ流入してくれると、SNSでコンテンツがシェアされることも増え、さらにたくさんの顧客に情報を提供できるでしょう。そのため、コンテンツを制作する上でSEO対策をすることは、多くのユーザーとの接点を持てるため重要といえるのです。

 

コンテンツ制作でSEO対策を行うメリット

ここでは、コンテンツ制作でSEO対策を行うメリットを詳しく紹介していきます。

 

低予算で集客やブランディングができる

1つ目は、低予算で集客やブランディングができることです。コンテンツ制作はサイトの開発費や維持費に決まったコストが発生しますが、他の広告費などと比べて安価に製作できるのが利点といえます。

 

また、低コストで作成できる上にユーザーのためになるコンテンツを制作してGoogleで高評価を獲得できれば、多くのユーザーをサイト内へ集客できるのです。さらに、ユーザーの悩みを解決できるコンテンツを継続的に発信し続けることで「〇〇のことを知りたいときはこのサイトを見よう」とユーザーからの厚い信頼も得られます。そのため、SEO対策を行いコンテンツを制作することは、集客やブランディングに役立つといえるのです。

 

長期的・継続的に効果がある

SEO対策を行ってコンテンツを制作すると、継続的に検索上位に表示されます。定期的に情報を更新して改善していく必要がありますが、検索順位が大きく変動することはあまりないので、長期的に集客・ブランディング効果を発揮するのです。

 

特にストック型のコンテンツの場合は、継続的に必要とされる情報を掲載しているため、一定のアクセス数を得られるでしょう。

 

コンテンツが資産になる

SEO対策をしてコンテンツを制作すると、コンテンツが資産になるというメリットがあります。チラシなどの紙媒体のコンテンツと異なり、WEBコンテンツは一度公開すると24時間365日ユーザーに情報を提供可能です。

 

そのため、しっかりと顧客・競合分析をしたコンテンツであれば半永久的に集客効果を発揮する資産となるでしょう。

 

SNSと組み合わせることで拡散力が期待できる

SEO対策を行い、検索上位に表示されるコンテンツを作ることができると、SNSでシェアされる可能性も上がります。また、Googleにユーザーのためになるコンテンツと認識されているため、一度SNSでシェアされると、爆発的に拡散されることも多いのです。

 

多くのユーザーが活用しているSNS上で注目されるコンテンツになると、今まで自社へ興味を持っていなかったユーザーにも商品やサービスを知ってもらえるのが利点といえます。

 

コンテンツ制作でSEO対策を行うデメリット

ここでは、コンテンツ制作でSEO対策を行うデメリットについて解説していきます。

 

今すぐの効果は期待できない

1つ目のデメリットは、今すぐの効果は期待できないということです。どれだけ良質なコンテンツを制作したとしても、Googleに認識・評価されないと検索順位は上がらないため、最低でも半年〜1年ほどは効果を発揮するのに時間がかかることを押さえておきましょう。

 

そのため、すぐに結果を求めるのではなく、アクセス数は伸びているか、コンテンツ内のどこの部分にユーザーは長く滞在しているのかなどの分析をしっかりと行い、コンテンツの改善に努めることが重要です。中長期的な視点を持って、結果が出るのを待つのが大切といえます。

 

定期的に見直す必要がある

2つ目のデメリットは、コンテンツは一度公開したら終わりではなく、定期的に見直す必要があることです。一度Googleから高評価を獲得したとしても、何年も同じ情報を掲載している場合、評価が下がってきてしまいます。情報の鮮度が落ちてしまうと、Googleからだけではなく、ユーザーからも興味を持たれないコンテンツとなってしまうでしょう。

 

そのため、定期的に情報を集めながらコンテンツの改善に励むことが大切です。特に法律に関する情報を掲載している場合は、企業の存続にも関わってくるため、週に一度や月に一度などは情報を更新する習慣をつけることが重要といえるでしょう。

 

必ずしもプラスに働くわけではない

3つ目のデメリットは、SEO対策を行ってコンテンツ制作をしたとしても、必ずプラスに働くわけではないことです。ユーザーのニーズを分析してコンテンツを作成したのに、検索順位が思うように伸びないこともあるでしょう。

 

Googleから認識・評価されるまではある程度時間を必要としますが、様子を見たとしても思うように順位が上がらない場合は、コンテンツの見直しを行うことが大切です。特に上位サイトとの違いを徹底的に分析することで、自社コンテンツに足りないものが分かるでしょう。

 

SEO対策には検索エンジンとユーザーの両方に認められる内容が重要

SEO対策には検索エンジンからもユーザーからも、良質なコンテンツであると認識されることが大切です。ここでは、両者にとって良質なコンテンツとは何かを解説していきます。

 

検索エンジンからみた良質なコンテンツとは

検索エンジンからみた良質なコンテンツの定義は様々ですが「ユーザーがためになる・面白いと思うコンテンツ」「独自性があるコンテンツ」「正しい情報を掲載しているコンテンツ」などが挙げられます。これらを満たしているコンテンツであるかということを知るのは難しいですが、一般的に「アクセス数が多い」「サイトの滞在時間が長い」コンテンツが高評価を得ている傾向にあります

 

これらに関してはツールを使うことで把握できるものばかりであるため、検索エンジンからの評価が気になる人は、アクセス数などを毎週追っていくことから始めるのがおすすめといえるでしょう。

 

ユーザーからみた良質なコンテンツとは

ユーザーから見た良質なコンテンツとは、知りたい情報をゲットできるコンテンツです。ユーザーがWEB上で検索する理由は、単純に分からない問題を解決したいからです。そのため、知りたいことをしっかりと掲載しているコンテンツが良質なコンテンツといえます。

 

プラスでいえば、ユーザー自身も自覚していないような「潜在ニーズ」について記載されているコンテンツがよいでしょう。顕在ニーズだけではなく潜在的な悩みも解決できるコンテンツであれば、ユーザーの心を掴めるのです。しっかりと顧客分析をすることで質の高いコンテンツは作成できるため、SNSや競合サイトのリサーチ、ときにはアンケートなども利用するとよいでしょう。

 

コンテンツ制作におけるSEO対策の手順

ここでは、SEO対策をしたコンテンツを制作する手順について解説していきます。

 

1.自社商品についてしっかりと理解を深める

まずは、自社商品についてしっかりと理解することが大切です。コンテンツを作る上で重要なことは、ユーザーに適切な情報を伝えること。そのため、紹介したい商品やサービスについて知識を身につけることは重要といえます。

 

また、誰にも負けないといえるくらい知識を身につけることで、多くの人が分かりやすいと感じるコンテンツを作成できるでしょう。商品の特徴だけではなく、どのようなプロセスでその商品が作成されているかなども把握することで、自信を持って商品やサービスのPRができます。その商品やサービスの魅力は何かを知ることで、商品やサービスのよさを効果的にユーザーへ届けられるでしょう。

 

2.ペルソナの行動を分析し、ニーズを洗い出す

次に、ペルソナがどういった行動をしているかを分析し、ニーズを洗い出していきましょう。そのためにも、コンテンツのメインとなるキーワードを検索エンジンやSNSを使ってリサーチすることが大切です。特にサジェストキーワードをチェックすることで、ユーザーのニーズを把握しやすい傾向にあります

 

例えば「ダイエット」に関するコンテンツを作成する場合「ダイエット 短期」「ダイエット 1カ月」などのワードの検索ボリュームが多かったとします。こういったキーワードを見ると、短期間で綺麗になりたいというニーズがあることが分かるでしょう。また、綺麗になりたいということは痩せるだけではなく、肌荒れなどを起こさないことが大切です。こうした流れから、肌荒れや体調を崩さずに、短期間で効果が出るダイエット方法を紹介する必要があるということが分かるでしょう。

 

このようにメインキーワードを調査することで、ユーザーのニーズを分析できます。そのユーザーの悩みをもとにコンテンツを作成していくことで、顧客のためになるコンテンツを作成できるでしょう

 

3.対策するキーワードを選定する

ユーザーの行動分析で、ある程度コンテンツの方向性が見えてきた後は、キーワードを決定していきましょう。キーワードを決める際にポイントとなるのが、旬を逃さないことです。例えば、冷感敷パッドを紹介するコンテンツを作成したい場合、ユーザーが暑さを感じ始めるタイミングで公開をするのがいいといえます。

 

しかし、コンテンツはすぐには作成できないため、例えば5月に公開したいと考えた場合は、遅くとも3月の中旬〜下旬には着手する必要があるでしょう。このようにコンテンツは公開するタイミングが重要といえます。SEO対策をする上でも、季節商材は時期によってアクセス数が大幅に変わってくるため、旬を狙って公開することがポイントとなるでしょう。

 

4.構成案を作成する

キーワードを決めた後は、構成案を作成していきましょう。構成案を作成する上で大切なのが、タイトルと見出しからコンテンツの内容をある程度把握できるようなものにすること。多くの情報があふれている中、隅々までコンテンツを読んでくれるユーザーは少ない傾向にあります。

 

そのため、構成案を見るだけで顧客が興味を持つものを作成することが重要です。具体的な数値を出したり、本文で詳しく情報を知りたいと思えるような見出しにすることで、他のコンテンツとの差別化を図ることができるしょう。本文を執筆していく内に構成案を修正することもありますが、この段階で固めておくことでスムーズに執筆に取り組めます。

 

5.執筆、公開

構成案が完成した後は、執筆し、公開していきましょう。執筆をする際は、同じワード・語尾が連続していないか注意する必要があります。キーワードを意識するあまり、同じワードを多く使ってしまうこともありますが、読みにくい文章になってしまうため、言い換えたりワードを省いたりすることが大切です。また、語尾が連続してしまうと稚拙な文章構成になってしまうため、体言止めなどを利用してリズムをつけていきましょう。

 

公開する際には、公開前の誤字脱字のチェックが大切です。誤字脱字が多いコンテンツだと、いくら良質なものを作成したとしてもユーザーから高評価を獲得できません。詰めが甘いコンテンツだと思われて、再度訪問してもらえないこともあるでしょう。そのため、コンテンツが完成してすぐに公開するのではなく一晩経ってから再チェックをしてみたり、他の人に見てもらったりすることが大切です。

 

また、誤情報を載せてしまうと企業の信頼を落としてしまうため、ファクトチェックも重要といえます。嘘の情報を載せてしまい、SNSで拡散されてしまうと、多くのユーザーから非難されてしまうでしょう。真の情報をしっかりと提供していくためにも、事実に基づいたコンテンツであるかを念入りにチェックするのが重要といえます。

 

6.分析して改善を繰り返す

コンテンツは公開して終わりではなく、分析し、改善していくことが大切です。一度公開してそのままにしておくと、Googleからも評価されないだけではなく、ユーザーからも最新の情報を掲載してくれないコンテンツだと認識されてしまい、飽きられてしまいます。

 

そのため、しっかりと分析してコンテンツを改善していくことが大切です。情報の更新だけではなく、アクセス数や滞在時間などをチェックしてコンテンツの構成を改善していくことも重要といえます。どうしたらユーザーのためになるコンテンツになるかをツールを使って調査し、修正・改善していくようにしましょう。

 

コンテンツ制作におけるSEO対策のポイント

SEO対策をしたコンテンツを作成する上で、押さえておきたい3つのポイントを紹介していきます。

【SEO対策のポイント】 【内容】
リライトを繰り返す ユーザーニーズを満たすように情報を更新していく
オリジナルの内容を入れ込む 独自性を出すことでファンを獲得できる
競合サイトを分析する 上位コンテンツを分析し、ユーザーの悩みをリサーチする

 

リライトを繰り返すことが重要

1つ目のポイントは、リライトを繰り返すことです。最新の動向をSNSなどでチェックして、ユーザーが求めることは何なのかを考え、情報を更新していくことが重要といえます。ときには見出しの順番を入れ替えることで、アクセス数が上がることもあるでしょう。

 

ユーザーの悩みを解決できるコンテンツを極めるためにも、定期的に改善していくことで、検索エンジンからの評価を上げることが大切です。

 

オリジナルの内容を盛り込む

2つ目のポイントは、コンテンツ制作をする上で、オリジナルの内容を盛り込むことです。競合サイトを分析してコンテンツを制作すると、上位サイトを寄せ集めたようなコンテンツになるおそれがあります。上位サイトのよいところを真似したコンテンツは一時的には検索順位が上がるかもしれませんが、面白さにかけるコンテンツになってしまうでしょう。

 

そのため専門家へインタビューをしたり、動画や画像などを工夫するなどの取り組みで、独自性を発揮することが大切です。他とは違うコンテンツであるとユーザーから認識してもらい、多くのファンの獲得に成功するとサイトへのアクセス数も伸びていくでしょう。たくさんの人がサイトに訪問してくれることで、検索エンジンからもよい評価をもらえるため、独自性のあるコンテンツにしていくことは重要といえます。

 

競合サイトを分析して内容を決める

3つ目のポイントは、SEO対策の知見やノウハウがない場合に、競合サイトをしっかりと分析することです。他社がどのような内容を掲載しているかをチェックすることで、ユーザーの悩みを把握できるでしょう。また、競合サイトは上位10サイト程を調査することがポイントです。

 

上位と下位サイトの違いは何かをしっかりと分析することで、ユーザーの課題を解決できるコンテンツを作成できます。真似をするのではなく、ユーザーの悩みを把握するために利用することで、独自性を持つコンテンツを制作できるでしょう。

 

コンテンツ制作のSEO対策は外注するという手も

自社でコンテンツ制作をする余裕がないという場合は、コンテンツ制作サービスに依頼するのも1つの手です。ここでは、コンテンツ制作サービスの特徴やメリットなどについて紹介していきます。

 

コンテンツ制作サービスとは?

コンテンツ制作サービスとは、知識やノウハウ、実績があるプロにコンテンツ制作全般を依頼できるサービスです。文章メインの記事タイプだけではなく、動画や工夫を凝らした画像の作成も依頼できるため、競合会社との違いをアピールしたいときに特におすすめといえるでしょう。

 

コンテンツ制作サービスを利用するメリット

ここでは、コンテンツ制作サービスを利用する3つのメリットを紹介していきます。

 

社内のリソースを使わなくてよい

1つ目は、社内のリソースを使わなくてよいことです。コンテンツ制作に初めて取り組む会社の場合、キーワード設定や顧客・競合分析に多くの時間を必要とします。特に個人が多くのタスクを抱えている場合は、プラスで業務を抱えるのは大きな負担といえるでしょう

 

そのため、通常業務で手一杯という場合は、コンテンツ制作サービスに依頼をするのがおすすめです。数回の打ち合わせで良質なコンテンツを作成してもらえるため、余裕を持って仕事をすることができるでしょう。

 

スピードが速い

2つ目のメリットは、スピードがあるということです。ノウハウを把握した実績のあるプロが作成してくれるため、スピーディーに作成をしてもらえます。また、会社によっては企画や執筆、画像作成などその分野に強い人に仕事を割り振っていることもあり、より速くコンテンツを作成してもらえる場合もあるでしょう。

 

そのため、旬を逃さずにコンテンツを作成したい場合や、競合サイトがコンテンツ制作に力を入れてきたからなるべく早く良質なコンテンツを作成してほしいという場合に役立つサービスといえます。

 

様々な知見を持っているため、適切な施策ができる

3つ目のメリットは、様々な知見を持っているプロに作成を頼めることです。例えば、薬機法を遵守しなければならない化粧品の記事を作成したいとします。その場合は、薬機法の知識を持つ人に頼める会社に依頼をすることで、法を守った安全なコンテンツを作成できるでしょう。コンテンツは誰でも作成できるものの、法を犯してしまうと企業の存続が難しくなります。知識を持っているプロに依頼することで、専門性がある良質なコンテンツの作成に期待ができるでしょう

 

様々な知見があるプロにより効果的なコンテンツを制作してもらえるため、ユーザーニーズを満たしたものを提供してもらえるのは大きな利点といえるでしょう。

 

SEO対策なら「コンテンツファクトリー」がおすすめ!

SEO対策にも力を入れたコンテンツ制作を依頼したい場合は、コンテンツファクトリーがおすすめです。実際にSEO効果が高い記事を納品してもらえたという声も集まっているため、様々な知識を使って対策をしてもらえるでしょう

 

また、動画や漫画などのコンテンツ作成にも対応しているため、SNSで拡散されやすいリッチコンテンツの依頼にもおすすめです。資料請求やオンライン相談も行っているため、興味のある人は一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

SEO対策がされたコンテンツを作成するためには、検索エンジンからもユーザーからも良質なコンテンツと認識されることが大切です。どちらからも質の高いコンテンツだと認識されるためには、顧客・競合サイトの分析がかかせません。ユーザーの顕在的な悩みだけではなく、潜在的な悩みも解決できるコンテンツにすることで、多くのユーザーの心を掴むことができます。たくさんの顧客を虜にできるコンテンツとなればアクセス数や滞在時間も自ずと上がるため、Googleからの評価も上がるでしょう。

 

SEO対策をすることは、新規顧客との接点を増やすためにかかせません。多くの人に自社の強みや、新商品・サービスの情報を届けたい場合は、力を入れて取り組んでみるとよいでしょう。

RELATED

RANKING