services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツマーケティングに強い企業10選!外注先選定のポイントも紹介

 強いコンテンツマーケティングとは?

昨今、注目されている「コンテンツマーケティング」。コンテンツを介し、顧客の獲得を狙うための手法や流れを指します。ただ、いざ自社のサービスや商品をアピールできる「強いコンテンツマーケティング」を目指そうと思っても、知識やリソースが足りず、顧客獲得まで至らないという場合も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「コンテンツマーケティングに強い企業10選!外注先選定のポイント」をご紹介していきます。まずは強いコンテンツマーケティングについてご説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

今あるものよりも更に価値あるコンテンツを目指すこと

まず、競合他社が発信している情報やコンテンツよりも、更に価値のあるコンテンツを目指しましょう。コンテンツマーケティングとは「有益なコンテンツを制作・提供することで、ユーザー自ら商品や事業に興味を持ち、一般ユーザーを顧客に引き上げるという手法」を指します。

そのため、競合他社よりも秀でたコンテンツを提供し、自社を知らなかったり、関心を持っていないユーザーを惹き込み、自社商品やサービスに興味を持たせることがコンテンツマーケティングの第一歩です。

 

出発点は関心を持ちやすいよう顧客に関係のある話題から

ユーザーは、自身の悩みや不安点を払拭するために、商品やサービスを導入したり、検討をします。そのため、自身に関係のある話題でないと、関心を持ちません。例えば「家事の時間を短縮させたいから、全自動の洗濯機がほしい」と考えているユーザーに対し「業界でナンバーワンです」とセールストークをしても、ユーザーは関心を持たずに離れてしまうでしょう。ユーザーの関心は「家事の時間を短縮させたい」という部分であるためです。

このように、ユーザーが関心を持つ部分を捻出することが、強いコンテンツマーケティングにつながりますそのためコンテンツの出発点は、顧客が関心を持ちやすいような関係のある話題にし、興味関心を持たせることが大切です。

 

顧客に学びを提供する内容であること

ユーザーが自社コンテンツに触れた際に、悩みや不安点を払拭でき、なおかつ予備知識(学び)を手に入れられるような内容を目指しましょうユーザーは関心のある物事に対し、知りたい・学びたいと考えています。自社コンテンツを介し、ユーザーにとって有益な存在になれるのかを考え、コンテンツに学びを盛り込むことが有効です。

 

ソートリーダーシップを発揮すること

ソートリーダーシップとは、特定の分野において、先駆けたアイディアや解決策を見つけ出し、発信することを指します。自社業界の先駆者になることで、影響力も強くなり、顧客の大幅獲得につながるでしょう。コンテンツマーケティングで目指すソートリーダーシップとは「あのサイトを見れば分かる」とユーザーが考え、繰り返し活用されることです。コンテンツに触れたユーザーを逃さないためにも、まずは繰り返し活用されるコンテンツやサイト構築を目指しましょう。

 

 モチベーションアップにつながる内容であること

コンテンツマーケティングの最終的な目的は「新規ユーザーを顧客に引き上げる」ことです。ンテンツに触れたユーザーが、自社商品やサービスを導入することで、モチベーションアップにつながるかどうかを意識しましょう。ユーザーの悩みや不安点を払拭しつつ、導入したいと感じてもらえるコンテンツの製作が大切です。

 

コンテンツマーケティングに強い会社10選

強いコンテンツマーケティングについてご紹介しましたが「自社でまかなうのはやはり難しい…」と感じた方も多いのではないでしょうか。ここからは、コンテンツマーケティングに強い会社をご紹介します。外注をお考えの場合、ぜひ参考にしてください。

 

株式会社イノーバ|信頼性の高いトータルサポート

1つ目は「株式会社イノーバ」です。コンテンツマーケティングの実施から、顧客育成、商談の交渉までのトータルサポートを行っています。BtoBに精通しており、実績では、SBIビジネスソリューションズ株式会社など、大手企業を手がけている企業として有名です。

 

株式会社インフォバーン|手厚いWebコミュニケーション支援

2つ目は「株式会社インフォバーン」です。全体戦略からコンテンツ作成、運用を行っています。オウンドメディアの強みである「コンテンツを介した、企業と人のコミュニケーション」に軸を置いたコンテンツマーケティングが特徴です。株式会社ニチレイフーズや、花王株式会社などを手がけた実績があります。

 

株式会社ウィルゲート|多数のライターネットワークを駆使したコンテンツ作成支援

3つ目は「株式会社ウィルゲート」です。14年以上SEOに精通し蓄えた知識で、戦略立案からコンテンツ作成、内製化支援まで行っています。幅広い業種のライターネットワークを駆使したコンテンツ作成が特徴です。株式会社KADOKAWAなど大手企業を手がけた実績があります。

 

株式会社ウェブライダー|「沈黙のWebマーケティング」編集元

4つ目は「株式会社ウェブライダー」です。人気書籍「沈黙のWebマーケティング」の編集元であり、代表が執筆をしているためご存じの方も多いのではないでしょうか。数多くの自社メディアを成功させており、SEOに強いコンサルティングが特徴です。住宅メーカーや転職エージェントなどの多岐にわたる実績があります。

 

株式会社エコンテ|グラフィック制作を強みに

5つ目は「株式会社エコンテ」です。コンテンツはもちろん、分かりやすく見やすいグラフィック制作を行っています。Webページのデザインも手がけているため、1からコンテンツマーケティングを任せられるのが特徴です。実績では、株式会社大塚商会や株式会社マネーフォワードがあります。

 

株式会社才流|BtoBのマーケティングにおけるデジタル支援が得意

6つ目は「株式会社才流」です。BtoBに特化したコンサルティング会社で、コンテンツマーケティングの初歩的な部分から支援をしています。専門誌などに執筆を行う、経験豊富なコンサルタントが多数在籍しており、手厚いサポートが特徴です。実績では、株式会社エヌ・ティ・ティ・データなどがあります。

 

テクロ株式会社|「伴走型」オウンドメディアの運用が強み

7つ目は「テクロ株式会社」です。Webマーケティングやメディア運用を行う会社で、企業とともに手を動かす「伴走型」でプロジェクト進行を行います。また、Webマーケティングの認定資格を保有しているのも特徴です。実績では、株式会社サムシングファンなどがあります。

 

ナイル株式会社|デジタルマーケティングの大手企業

8つ目は「ナイル株式会社」です。デジタルマーケティングの大手企業で、コンテンツマーケティングに関するブログ運用も行っているため、ご存じの方も多いのではないでしょうか。マーケティングを細分化した専門家が在籍しており、成果を追求したサービスが特徴です。実績では、エレコム株式会社やライオン株式会社など大手企業があります。

 

株式会社PLAN-B|SEOの分析に定評あり

9つ目は「株式会社PLAN-B(プランビー)」です。5,200社を超えるマーケティング支援実績があり、SEO分析に定評があります。数の実績から、売上増加につながるSEO施策立案が特徴です。実績では、株式会社プラスワンインターナショナルなどがあります。

 

株式会社MOLTS|目標達成にこだわる姿勢を重視

最後は「株式会社MOLTS(モルツ)」です。Webマーケティングに関する、あらゆるプロが集まり戦略設計はもちろん、施策代行まで行っています。専門家による、成果にこだわったコンテンツマーケティング実施が特徴です。実績では、帝人株式会社やUCC上島珈琲株式会社などがあります。

 

コンテンツマーケティングを外注するメリット

次に、コンテンツマーケティングを外注するメリットをご説明します。自社で担うこととどう違うのか、ぜひご確認ください。

 

プロの知識に基づいた制作・運用ができる

専門家が集結しているコンテンツマーケティング会社は、プロの知識に基づいた制作・運用ができます。専門的な知識やテクニックで、自社のサービスや商品紹介をより分かりやすく表現し、見込み客獲得につながる施策を行ってくれるでしょう。

 

最小限の社内リソースを割くだけで量産化できる

コンテンツマーケティングには、多大なるリソースが必要となります。理由として、企画や構成、コンテンツ作成などの工程はもちろん、効果測定にも中長期的な期間が必要不可欠なためです。注することで、社内リソースを最小限に抑えることができます

 

社内のスキルや知識の向上につながる

外注先によっては、コンテンツマーケティングの内製化のための教育を行っている企業もあります。コンテンツマーケティングを自社でまかなえる人材がいれば、施策のハンドリングもとりやすく、今後のマーケティング全般に活かせると言っても過言ではないでしょう。

 

 コンテンツマーケティングを外注するデメリット

次に、コンテンツマーケティングを外注するデメリットをご紹介します。メリットとあわせてご確認ください。

 

外注のコストが別途必要になる

外注する分、別途コストがかかることがデメリットの1つに上げられるでしょう。企画、構成、コンテンツ作成、運用…とコンテンツマーケティングには工程も多いです。外注先によって金額も変わりますが、社内でまかなえない分、まとまったコストは必要になります。

 

外注先の選定が難しい

先述したように、コンテンツマーケティングを行う企業は多数存在し、それぞれ特徴やコストも違います。そのため、外注先の選定は難しいです自社にあった外注先はどこなのか、しっかりと検討することが大切です。

 

外注するコンテンツマーケティング会社を選定する際に意識すること


次に、外注するコンテンツマーケティング会社を選定する際に、意識することをご紹介していきます。コンテンツマーケティングは、コストはもちろん、時間もかかるため、慎重に選びましょう。

 

【外注先を選定する際のポイント】 【理由】
①得意分野やマーケティング方法は何か より詳しい会社のほうがスムーズに施策を進めることができるため
②過去の実績はどうか 実績がない場合、信頼できないだけではなく、コンテンツの質が不十分な可能性
③迅速なレスポンスが行えるか 施策実行のスピードにも影響があるため
④ わかりやすい説明が受けられるか 効果の把握や、継続判断を正しく行う為
⑤具体的な提案内容をきちんとチェックする 効果の把握や、継続判断を正しく行う為

 

外注先の得意分野やマーケティング方法は何か


まず、得意分野やマーケティング方法を確認することです。会社によって、特化している分野や業界、マーケティング方法が違います。当然、業界に詳しい会社や、コンテンツマーケティングにより詳しい会社のほうがスムーズに施策を進めることができるでしょう。

逆に業界についての知識がなかったり、コンテンツマーケティングの実績がない会社に依頼すると、効果的なコンテンツマーケティングはほぼ望めません。さらに、企業のイメージダウンにつながる可能性もあるため、しっかりと確認してください。

 

外注先の過去の実績はどうか

これまでにどのようなコンテンツマーケティングを実施し、どのような実績を残しているのか確認しましょう。PV数や売上増加の幅など、数値的な指標を交えて共有してもらうのがおすすめです。
十分な実績がない場合、信頼できないだけではなく、コンテンツの質が不十分といった結果となる可能性があります。自社と近い業界で、実績があることを確認してください。

 

迅速なレスポンスが行えるか

迅速なレスポンスがもらえない場合、施策実行のスピードにも影響を受けます。他社に施策を任せる上で、レスポンスの早さは大切です。担当者と滞りなく連絡をとれるかも確認してください。もし、レスポンスに不安がある場合は、担当者変更を打診することも視野にいれましょう

 

わかりやすい説明が受けられるか

発注先である自社が理解していないまま、施策を進められてしまうと、効果の把握や、継続判断もできなくなってしまいます。施策の意図、見込まれる効果等、しっかり説明を受けられるかを確認しましょう。

 

外注先から提示された具体的な提案内容をきちんとチェックする

外注先から見積もりや提案内容が提示された場合、しっかりと内容をチェックしましょう。その際に、分からないことや確認したいことを連絡し、説明をしてもらう機会を設けることが大切です。

先述したように、理解があやふやなままだと、効果の把握や、継続判断もできなくなってしまうため注意してください。

 

コンテンツマーケティングを外注する際に注意すること

次に、実際にコンテンツマーケティングを外注する際に、注意するべきポイントを紹介していきます。コンテンツマーケティングを成功させるためにも大切な部分であるため、しっかりと確認してください。

 

目的とゴールの認識を十分に共有する

自社がコンテンツマーケティングを行う目的、そしてコンテンツマーケティングで得られる効果であるゴールを十分に共有しましょう。どんなマーケティングにも通じますが、目的やゴールがしっかりと共有できていないと、進むべき道が逸れてしまいますまずはしっかりと社内で方針を固め、外注先にも伝えましょう。

 

プロジェクトの流れと進行状況を明確にする

外注するということは、少なくとも自社でハンドリングを取りづらくなります。そのため、外注前にプロジェクトの流れと期間を把握し、進行状況は都度報告をもらうなど、スケジュールを明確にしましょう。

 

外注前に社内の体制を整えておく

外注先との情報共有やスケジュールリングなど、連携を行う体制を社内で整えておきましょう。外注先との連絡が滞ってしまうと、プロジェクト全体が遅れてしまうだけではなく、外注先に不信感を抱かれる可能性もあります。そのため、外注先と連携をスムーズに取れる体制を社内に用意することも大切です。

 

社内でもコンテンツマーケティングの最低限の知識を得ておく

コンテンツマーケティングの外注が決まったとしても、知識が一切必要ないという訳ではありません。最低限知識を得ておくことで、プロジェクトの効果把握はもちろん、効果に対しても自社の意見を発信できるでしょう。外注先との円滑なコミュニケーションのためにも、最低限の知識は得ておくことが大切です。

 

コンテンツマーケティングを外注するときは注意すべきポイントや各社の強みを理解するようにしよう


今回は「コンテンツマーケティングに強い企業10選!外注先選定のポイント」に関してご紹介しました。コンテンツマーケティングに強い会社は多数あります。ただ自社の商品やサービスを、コンテンツマーケティングでしっかりと発信できる会社に外注することが大切です。ぜひ本記事を参考に、ポイントや各社の強みを確認し、外注先を検討してみてください。

RELATED

RANKING