services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツ制作とは何か?目的や成果の上がる制作手段を徹底解説!

はじめに

新規顧客の獲得や既存顧客をリピーターにするために役立つ「コンテンツ」。ユーザーの悩みを解決する質のよいものを作成することで、ファンを獲得できます。

しかし、コンテンツ制作の手順や作成する上でおさえておいた方がよいことなどがいまひとつ分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はコンテンツ制作の方法やポイントを詳しく紹介していきます。外部へ委託する際のメリットやデメリットも紹介しているため、自社で行うかの判断基準にしてみてください。

 

コンテンツ制作とは何か

まずは、コンテンツ制作とは何か詳しく解説していきます。

 

コンテンツ制作とは

一般的にコンテンツ制作とは、WEB上にアップされているコンテンツを制作することを指します。コンテンツとは、内部や情報などの意味を持ちますが、WEB業界ではWEB上に公開されている情報全てを意味することが多い傾向にあります。

文章メインで構成されている記事タイプのもののみがWEBコンテンツと認識されがちですが、ブログやメールマガジン、動画なども含まれることをおさえておきましょう。

 

コンテンツの種類

ここでは、コンテンツの種類について紹介していきます。

【コンテンツの種類】 【特徴】
記事コンテンツ 最もメジャーなコンテンツ
ブログ 記事タイプより専門性が高い
メールマガジン 商品やサービスに興味を持った人に配信される
ニュースレター ファンを得るために届けられるコンテンツ
動画コンテンツ ユーザーの記憶に定着しやすいコンテンツ

 

Webサイト(記事コンテンツ)

1つ目は、最も代表的な記事が掲載されたWEBサイトです。文章や画像などで構成されたもので、企業の強みや顧客が興味を引きそうな情報などを掲載できます。ユーザーが興味のある情報をアップロードすることで、TwitterやInstagramなどのSNSで情報が拡散されていくこともあります。

WEBコンテンツの基本といえるので、何からはじめたらよいか分からないという人は、まずはWEBサイトへコンテンツを掲載してみるとよいでしょう。

 

ブログ

2つ目は、ブログタイプのコンテンツです。WEBサイト上に大きく掲載するコンテンツよりも、やや狭いターゲットに向けたものとなります。料理情報や100円ショップグッズに関する豆知識など、ユーザーが興味を持つジャンルに関する内容を掲載していくタイプです。

顧客分析をしっかり行い、ユーザーが抱える旬の悩みを特集することで、SNSでの拡散などにつながりリピーターを獲得できるでしょう。

 

メールマガジン

3つ目は、メールマガジンタイプのコンテンツです。メルマガは、実際に企業の商品やサービスに興味を持った人に配信されるのが特徴的といえます。そのため他のタイプと比較して、より詳しく情報を伝えることが大切といえるでしょう。

メールマガジンは、タイムリーにお客様に情報を届けられるため、以前販売していたアイテムと新商品との違いや、最新グッズのおすすめの使い方など、ユーザーが商品やサービスにより興味を持つような情報を届けていくことが重要です。

 

ニュースレター

4つ目は、ニュースレターです。ダイレクトメールと同じように捉えられがちですが、ニュースレターはファンを得るために届けられるメールのことを指します。

営業色の強いダイレクトメールとは異なり、企業に親しみを持ってもらえるような内容にすることが大切です。商品やサービスに興味を持っているユーザーがいたとしても、接点がなくなってしまえば自社のことを忘れてしまうかもしれません。そのようなユーザーとの接点になるのがニュースレターです。

ユーザーが知りたい情報を定期的に配信していくことで、獲得した顧客が自社から離れていくことを防げます

 

動画コンテンツ

5つ目は、動画コンテンツです。画像や文章よりもユーザーが理解しやすく、記憶に定着しやすいといったメリットがあります。新商品・サービスを実際に使っている様子を動画で伝えるといった活用方法もよいでしょう。

さらにSNSで拡散してもらいやすいといった利点もあるため、新規顧客獲得にも効果的なコンテンツといえます。

 

コンテンツ制作における目的

次に、コンテンツ制作の目的について説明していきます。

 

なぜコンテンツが重要視されるのか

WEBコンテンツが重要視されるようになってきたのは、インターネットがユーザーの生活に根付いてきたためです。今までは、企業が伝えたいことを一方的に不特定多数の人々に伝える形で情報発信されていましたが、インターネットやSNSが普及したことによりそのあり方が変わってきました。

ユーザーは、自分が知りたい情報を自分自身で検索して知ることができます。そのため、自分が知りたい情報とのズレが生じている企業に対しては、関心を示さなくなってきました。

こうした経緯から、知りたい情報を適切にユーザーへ伝えられるコンテンツが重要視されるようになってきたのです。

 

求められるコンテンツとは

次に、求められるコンテンツについて紹介していきます。

 

集客を目的とするコンテンツ

1つ目は、集客を目的とするコンテンツです。このタイプは、新規顧客の獲得や既存顧客をリピーターにするために活用されます。顧客が抱える悩みや興味を持っている事柄を自社の強みと一緒にアピールすることで、他社との違いを認識してもらえるでしょう。

また、ある1テーマに関して詳しくコンテンツを作成するのも1つの手です。専門性の高いコンテンツを定期的に発信していくことで、SNSで拡散されることが増えるため、新たな顧客やリピーター獲得にもつながります。

 

教育を目的とするコンテンツ

2つ目は、教育を目的とするコンテンツです。このタイプは、新規顧客というよりも既存顧客に向けたもので、自社のイメージをさらに上げるために使われます

ユーザーの悩みに刺さるものや、他社との違いを明確にアピールできるものを掲載することで、ユーザーからの信頼を獲得できるでしょう。定期的にユーザーから興味を持ってもらえるようなコンテンツを配信していくことで、顧客が持つ企業のイメージをよい方向へ更新していけます

 

セールスを目的とするコンテンツ

3つ目は、セールスを目的とするコンテンツです。新商品やサービスが始まった際に顧客にアピールすることで、購買意欲を高める効果を持ちます。この際大切になるのが、企業目線ではなく顧客目線でコンテンツを制作することです。セールス目的となると、どうしても商品やサービスを押し付けてしまいがちですが、そのアイテムを購入することでどのようなメリットがあるのかを紹介することが大切といえます。

押し付けるのではなく、ユーザーが知りたい情報とセットで商品やサービスを紹介することで、自社に興味を持ってもらえることもあります。1回だけ購入してもらえればよいという気持ちではなく「この企業の商品やサービスが好きだ」と思ってもらえるようなアプローチをしていくことが重要です。

 

ユーザーはコンテンツを求めて訪問する

ユーザーはサイトのデザインに引かれてではなく、コンテンツの中身を求めてサイトを訪問しています。ここでは、コンテンツを制作する上でおさえておきたいポイントを紹介していきます。

 

一定数のコンテンツ制作は必須

まずは、一定数のコンテンツ制作は大切ということです。どれだけユーザーの役に立つコンテンツであったとしても、サイト上に2〜3個と掲載数が少なければ継続的にサイトを訪れてもらえません。そのため、一定数の良質なコンテンツをサイト上にアップすることが重要といえます。

一方で、コンテンツの量がたくさんあればよいというわけではありません。質の低いコンテンツが掲載されていると、自社のイメージが下がってしまうため、ユーザーの興味や悩みを解決できるような質の高いコンテンツを一定数用意することを意識しましょう

 

制作後も情報の更新は適宜に行う

コンテンツは一度制作したら終わりではなく、定期的に更新していくことが大切。例えば、質の高い記事コンテンツを制作したとしても、リライトせずにそのまま放置しておくとGoogleからの評価は下がってしまいます。Googleからの評価が下がると検索順位も下がり、結果的にユーザーとの出会いが減ってしまうのです。

最新の情報をユーザーに届けるためにも、定期的に情報収集し更新していくことが大切といえます。特に、法律にまつわる情報を記載している場合は、誤った情報を掲載していると企業の信頼を落としかねないので、より慎重に掲載内容をチェックしていきましょう。

 

デザインよりもクオリティを重視しよう

サイトやコンテンツのデザインばかりに気を取られて、コンテンツの中身が伴っていなければユーザーは離れてしまいます。ビジュアルやデザインはもちろん大切ですが、まずはコンテンツのクオリティを上げることを意識しましょう

そのためには、顧客分析をしっかり行うことが大切です。ユーザーの悩みは何か、使う媒体や伝え方はどのように工夫できるのかなど、実際に顔を見て接客できないからこそ、言葉と写真、動画でどのように伝えるかをよく考えましょう。ユーザーのためになるコンテンツを制作することを意識すれば、自ずとクオリティが高いものを作成できます。顧客目線で作成することを忘れずに、コンテンツ制作に励んでいくことが大切です。

 

コンテンツ制作の手段

ここからは、コンテンツ制作の流れを説明していきます。

 

目的の設定

はじめに、コンテンツを作成する目的を決めましょう。以下で詳しく紹介していきます。

 

ペルソナの設定

まずは、ペルソナを設定しましょう。ペルソナとは、WEBコンテンツを見る仮想顧客のことです。実際の接客とは異なり、WEBコンテンツはインターネットを介してしか顧客とコミュニケーションを取れないため、ペルソナをしっかり考えることがコンテンツの質を上げる大きなポイントといえます。

性別や職業だけではなく、このキーワードで検索した理由や潜在的な悩みなどもしっかり設定することで、実際に接客しているような感覚でコンテンツを作成できます。ペルソナを設定することは、顧客目線でコンテンツを制作するためにも重要なので、多少時間がかかってもしっかり考えるようにしましょう

 

キーワードの設定

次に、キーワードの設定です。このサイトを訪れた顧客はどのような悩みを抱いているのかを分析し、キーワードを決定していきましょう

最初から1つのキーワードに絞ってコンテンツを制作するよりは、何個かリストアップして調査しながらキーワードを確定させていくのがおすすめです。まずは、ユーザーがどのようなキーワードでサイトに流入しているのかを把握することが重要といえます。

 

十分なリサーチ

ペルソナとキーワードの設定が終わったら、リサーチに移りましょう。以下ではコンテンツ制作に重要なリサーチについて詳しく紹介していきます。

 

キーワードリサーチ

まずは、キーワードリサーチです。実際に作成するコンテンツの検索ボリューム数や、サジェストキーワードを調査しましょう。特にサジェストキーワードは、潜在ニーズを把握するのに役立ちます。潜在ニーズは顧客自身も気づいていないような内なる願望のことで、このニーズを把握し見出しや本文などで紹介することで、顧客の悩みや興味を刺激するようなコンテンツを作成できます。

キーワード調査はタイトルや見出し作成においても生きてくるものなので、しっかりツールを使って行うことが大切です。

 

競合サイトリサーチ

メインキーワードが決まったら、競合サイトをリサーチしましょう。上位10サイトをチェックし、タイトルや見出し、本文ではどのような情報が紹介されているのかを調査することが大切です。特に重要なのが、1位と10位をしっかり比較すること。実際にコンテンツを制作したとしても、検索順位が上がらないと意味がありません。そのため、1位のサイトと10位のサイトを徹底的に比較することで、どうすれば上位コンテンツになれるのかを知ることができます

また、1位のコンテンツを真似するだけではなく、上位サイトをチェックして分かったユーザーニーズを入れ込むことで、独自性のあるコンテンツを作成できます。ただ真似するのではなく、ユーザーの役に立つためのコンテンツを作成するという目的を忘れずに、競合の分析をすることが重要といえるでしょう。

 

Twitterサーチ

競合サイトやキーワードの分析だけではなく、Twitterでの調査も大切です。Twitterは実際にユーザーの生の声を簡単に知れる便利なツール。匿名でつぶやけるため、リアルな意見や要望をチェックできます。

特に不満や悩みなどを知りたいときに、Twitterは便利といえます。その悩みを解決するためには、どのようなアプローチをすればよいのかを考えることで、ユーザーの課題を解決できるコンテンツを制作できるでしょう。

 

インスタサーチ

Twitter以外にもInstagramのリサーチも大切です。写真がメインで投稿されているため、商品を実際に使った人の声を簡単にチェックできます。例えば、洋服を販売しているサイトの場合「着回しが難しい」という声があったら、サイト内に着回し特集を掲載することで、ユーザーの悩みを解決できるでしょう。

写真がメインで投稿されている点がTwitterとの違いなので、商品を実際に利用した人の声を聞きたい場合はInstagramを使うのがおすすめです。

 

コンテンツ制作

リサーチが終わったら、実際にコンテンツを制作していきましょう。主なコンテンツ制作のステップを2つに分けて紹介していきます。

 

構成の作成

まずは、構成を作成しましょう。構成はタイトルや見出しなどコンテンツの枠組みとなる部分で、ここがしっかりしていないと中身のないコンテンツになってしまいます。タイトルは、ユーザーが自分の悩みを解決できるものかを判断する部分なので、目を引くようなものにすることが大切です。

また見出しについては、本文を読まなくてもコンテンツの中身が大まかに分かるような内容に仕上げることがポイント。忙しい人でも、このコンテンツは自分にとって役に立つものだと分かれば、時間があるときに本文までしっかり読んでもらえます

このように、構成はコンテンツを見てもらうためにとても大切な部分なので、ペルソナをしっかりイメージしながら作成することを意識しましょう。

 

本文執筆

構成が完成したら、本文を執筆していきましょう。本文を執筆するにあたって注意したいのが、同じキーワードや同じ語尾が登場しすぎていないかです。

メインキーワードを意識するばかりに、何度も同じワードが出てくるとユーザーはしつこさを感じ、コンテンツから離脱してしまいます。適宜言い換えて表現することで、リズムのよい読みやすい文章を作成できるでしょう。

また、同じ語尾が連続してしまうと稚拙な文章になってしまいます。メリハリをつけることで顧客にストレスを与えない有意義なコンテンツを制作できるので、執筆の際に意識してみましょう。

 

編集・校閲・校正

本文の執筆が終わったら、第3者の視点でコンテンツをチェックしてもらうことが大切です。他の人に見てもらうことで、自分では気づけなかった誤字や脱字を見つけてもらえます

また、成分などの薬機法に関する文言を記載している場合は、資格を持っているプロに見てもらうことが重要です。法に反する表現があった場合は、企業の存続に関わる可能性があるため、信頼を落とさないためにも表現に関しては細心の注意を払うようにしましょう。

 

公開・効果測定

記事の執筆や校正が終わったら、コンテンツを公開しましょう。ここで大切なのが、効果測定です。公開したら終了ではなく、公開後にどのくらいアクセス数が伸びたか、SNSでの反響はどうかをチェックしましょう

既存のサイトにコンテンツをアップしたものの、アクセス数が伸びていなかった場合は顧客分析が不足していた可能性があります。適宜情報を更新しながら、よりユーザーの役に立つコンテンツになるようにブラッシュアップしていくことが大切です。

 

コンテンツ制作は戦略的に行おう

コンテンツ制作は、戦略的に行なっていくことが大切です。以下では戦略的に行うコツを紹介していきます。

 

マーケティング戦略としてのコンテンツ制作

ここでは、マーケティング戦略としてのコンテンツ制作について紹介していきます。

 

コンテンツ制作におけるSEO対策

まずは、SEO対策に力を入れましょう。SEOとは検索エンジン最適化のことで、検索エンジンを使ったマーケティング戦略のことを指します。サイト上にコンテンツをアップしたとしても、SEO対策ができていなければ、顧客の流入を見込めません。

どのような検索ワードで、コンテンツへのアクセスを見込めるかをしっかり分析することが大切です。

 

コンテンツSEOのポイント

SEO対策する上で重要となるのが、顧客分析です。上記のコンテンツ制作の流れでペルソナの設定やキーワード分析などを詳しく紹介しましたが、そのステップにどれだけ力を入れて行うかがポイントとなります。

ペルソナ設定やキーワード分析を適当に行うと、ユーザーの顕在的な悩みだけを解決するコンテンツとなってしまい、印象に残りません。自分でも把握してない潜在的な悩みに気付かせ、その課題を解決できるようなコンテンツこそユーザーに役立つものであり、SEO対策もできたコンテンツといえます。

企業目線で作るのではなく、自分が同じ悩みを抱いていたとしてこのコンテンツを見たら解決できるのか、と顧客目線を常に忘れずに作成することでSEO対策ができたものを作り上げられるでしょう。

 

コンテンツ制作による効果

コンテンツ制作は行うことでさまざまな効果を発揮します。ここでは、得られる効果について詳しく紹介していきます。

 

一度作成すれば持続的に集客が見込める

まずは、一度作成すれば持続的に集客が見込めるということです。チラシやメールなどと異なり、WEBコンテンツは一度WEB上に公開するとサイト上に永遠に掲載できます。そのため、24時間365日顧客を集めることが可能です。

情報収集をして定期的に修正していく必要はありますが、一度作成してしまえば大きな変更をせずに顧客を獲得できるというのは大きなメリットといえるでしょう。

 

自社のブランディングとしてのコンテンツ

コンテンツは新規顧客を獲得できるだけではなく、自社のイメージアップとしても使えます。力を入れていることや他社との違いをユーザーにアピールすることができれば、ユーザーからの信頼を得られるでしょう。

よいイメージを普及させられれば、自社への愛着があるファンを獲得できます。どれだけ素敵なことを行っている会社でも、ユーザーに認知されなければ意味がありません。自社がどのような会社かをしっかり認識してもらうためにも、ユーザーが満足するようなコンテンツを発信していくことは大切といえるでしょう。

 

情報発信のコストを抑えられる

コンテンツで情報を発信していくことは、コストカットにもつながります。バナー広告やリスティング広告などで、自社の情報を発信していくとユーザーに知ってもらえる機会は多くなるものの、膨大な費用が必要です。

一方で初期の開発費はかかるものの、WEBサイト上で情報を発信していくことは、広告費と比較して安価に行えます。また、サイト上にアップしたコンテンツをSNSに引用して紹介することもできるため、さまざまな場でユーザーとの接点を持てるのも大きな魅力といえるでしょう。

コストを抑えて、クオリティの高いコンテンツを作成する方にお金を回せるため、よりユーザーにとって有意義なものを作成できます。

 

優良なコンテンツはそれ自体で会社の財産になる

質のよいコンテンツは、会社の資産になるといったメリットもあります。チラシや広告と異なり、コンテンツは一度公開してしまえば永遠にWEB上で情報を発信できます。そのため、大きな費用をかけなくても質のよいコンテンツであれば半永久的に顧客を獲得できるツールとなります。

一方で、質の低いコンテンツの場合は、会社の資産にならないだけではなく会社のイメージダウンにもつながるでしょう。そのため、コンテンツは顧客獲得に役立つものだと思って適当にたくさん作成するのではなく、顧客分析をしっかり行いユーザーの役に立つ良質なコンテンツを制作することが大切です。

 

コンテンツ制作を外部に委託するという手段も

コンテンツ制作のメリットについて紹介してきましたが、何からはじめたらよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。そのような人におすすめなのが外部委託です。ここでは、外部委託のメリットやデメリット、おすすめの代行サービスについて紹介していきます。

 

コンテンツ制作を外部委託する場合とは

まずは、外部委託する場合のメリットやデメリットを紹介していきます。

 

コンテンツ制作を外部委託する場合のメリット

まず、大きなメリットがコンテンツ制作の経験があるプロに頼めるということ。SEO対策ができる人や顧客分析が得意な人など、自社のサービスを作成する上で必要となるスキルを持っている人に依頼できるのは利点といえます。

また外部に依頼することで、他の仕事へ影響を及ぼさずにコンテンツを制作できるいった利点もあるでしょう。初めてコンテンツ制作を行う場合、やることが多く膨大な時間がかかってしまうため、一度プロに依頼をして方法やコツを掴むのがおすすめです。

 

コンテンツ制作を外部委託する場合のデメリット

デメリットは、情報をしっかり伝達しないと望むものが作れないということです。そのため、社内で当たり前になっていることも、しっかり伝える必要があります。認識の不一致を防ぐためにも、ペルソナやキーワード、カスタマージャーニーなどを目に見える形で情報伝達することが大切です。

ターゲットやコンテンツ制作を行う目的などをしっかり伝えることで、お互い満足のいくものを作成できるでしょう。

また、経費がかかるのもややネックといえます。外部へ委託することで時間は取られないものの、実績がある会社や人に一から全てを頼むと膨大な費用がかかります。社内で対応可能なことと委託先へお願いしたいことをしっかり分別してから依頼することで、出費をおさえられるでしょう。

 

おすすめの代行サービスを紹介!

ここでは、コンテンツ制作を代行してくれるサービスを4つ紹介していきます。

 

Lancers Outsourcing – ランサーズ株式会社

1つ目は、Lancers Outsourcing – ランサーズ株式会社です。Lancers Outsourcing は、ディレクターによりフリーランスが管理されているため、ディレクターとのやり取りのみで依頼や納品が完結します。多くの人がプロジェクトに関わっていたとしても、ディレクターのみとやり取りすればよいため、コミュニケーションコストがかからないのが利点といえるでしょう。

専任のディレクターに一括で依頼できるため、自分の業務に集中しながらコンテンツ制作をしてもらえるサービスといえます。

 

サグーワークス

2つ目は、記事代行サービスを行なっているサグーワークスです。総ライター数は29万人以上で、3,800社と取引を行ってきた実績のある会社です。用途や目的に応じて1記事から依頼できるため、記事制作に苦手意識がある人は一度依頼してみるのもよいでしょう

 

クラウドワークス

3つ目は、クラウドワークスです。クラウドワークスは、実際に案件を立てて記事代行やサイト設計を頼めるサービス。案件に応募した人だけではなく、こちらからのスカウトもできるため、自分が望むスキルを持った人に仕事を依頼できます。

今までのクラウドワークス上での仕事の実績もチェックできるため、期日意識の高い人やコミュニケーションをこまめにとれる人かを把握してから仕事の依頼ができます

 

シュフティ

4つ目は、主婦向けの在宅ワーク求人サービスであるシュフティです。他のサイトに登録している人はスキルを持っている人や実績がある人が多いため、コンテンツ制作全般を頼むのにはやや不向きですが、リサーチや集計など、業務を効率化するための作業を依頼するのには好適といえます。

 

目的設定やリサーチを意識して優良なコンテンツ制作をしよう

コンテンツ制作を行う上で、一番大切なのが顧客目線を忘れないことです。新商品のPRや企業の強みをアピールしようとすると、どうしても企業目線になりがち。目線がずれてしまうと、ユーザーの興味や悩みを解決するようなコンテンツにならず、ファンやリピーターを獲得できません。

このサイトを訪れるユーザーはどのような悩みを抱えているか、タイムリーに知りたいことは何かなどをしっかり調べることでまるでユーザーと対話しているかのようなコンテンツを作り上げられます。顔を見合わせて会話ができないからこそ、しっかりペルソナを設定してコンテンツをユーザーへ届けるつもりで作成していくことが大切です。

コンテンツ制作の経験がなく、何から始めたらよいか分からないという人は、外部委託するのもおすすめ。以下のサイトではホワイトペーパーや記事などさまざまなコンテンツを制作してもらえるので、一度相談してみるのもよいでしょう。

 

コンテンツ制作サービス:コンテンツファクトリー

RELATED

関連記事はありません

RANKING