services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

求人広告の基本的な書き方!魅力的にするための4つのコツも紹介

会社を経営したり、人事部を担当したりすると求人採用の業務にも携わる機会があります。その際に作成しなければならないものが求人広告です。作成時には、自社に欲しい人材からの応募を獲得するために気をつけておきたいポイントがたくさんあります。

 

ここでは、求人広告の基本的な書き方と魅力的にするコツを紹介します。この記事を参考にしつつ、求めている人物を採用できるような求人広告を作成しましょう。

 

求人広告の基本的な書き方・5つの鉄則を解説


求人広告の書き方には、5つの鉄則があります。

・魅力的で分かりやすいタイトル
・会社の強みのアピール
・写真の掲載
・法律的に必須な情報の記載
・求める人物像の明確性

 

それぞれを解説しましょう。

 

鉄則①魅力的で分かりやすいタイトルをつける

まず、求人広告を書く際には魅力的で分かりやすいタイトルを考えなければなりません。一目で興味を引かないと、求職者に無視される可能性もあるためです。

 

タイトルの文字数は、一般的に30〜40文字とされています。ただし、掲載先によっては表示できる文字数が決められている場合もあるため、各レギュレーションを先に確認してください。

 

競合企業との差別化を意識しつつ、タイトルの終わりには「募集中」などのテキストを付け加えましょう。

 

鉄則②会社の強みを魅力的に紹介する

求人広告は、会社の強みをアピールできる方法の1つです。事業内容と仕事内容を魅力的に紹介しましょう。求職者からすれば、どのような企業かを詳しく知りたいはずです。着手している事業や提供しているサービスをアピールするといいでしょう。

 

他にも、社風や従事している社員も紹介しておいた方が賢明です。働く先の環境が把握できなければ、求職者も応募することに不安を感じてしまいます。お互いのためにも、会社の情報は明確にしておかなければなりません。

 

鉄則③社内の雰囲気が伝わる写真を掲載する

会社の良さを伝えるためには、社内の雰囲気が伝わる写真を掲載することもコツの1つです。社内の雰囲気が伝わる写真があれば求職者も職場環境をイメージしやすいでしょう。また活字だけではなく、画像という視覚からの情報があると、本文も見やすくなります。

 

写真を撮影するときは、見た目の美しさにこだわる必要はありません。普段どおりの社内の様子を写し、社員がどのように働いているかを伝えましょう。サイトごとでデザインが異なるため、あらかじめ調べておいた方が得策です。

 

鉄則④法律的に必須な情報を記載する

求人広告は、全てが自由に情報を記載できるわけではありません。法律的に必須な情報をまとめておく必要があります。特に、具体的な内容の提示が求められる項目は以下のとおりです。

 

・給料
・労働時間
・休暇

 

これらの記載は職業安定法によって定められています。給料は労働者が確実にもらえる金額を記載しなければなりません。労働時間も労働基準法にあるとおり、原則1日8時間と1週間40時間の範囲で明記しましょう。加えて「週休2日制」など、休暇の日数も忘れずに表記してください。

 

鉄則⑤応募資格・欲している人材を明らかにする

求人広告では、企業側から応募資格や欲している人材を明らかにすることも大切です。企業も求職者と同様に選ぶ権利があります。場合によっては、専門的な仕事を任せるケースもあるでしょう。ターゲットを絞れば、今後の運営にも良い影響を与えます。

 

ただし、募集する際には高望みをしすぎてはいけません。あまりにもターゲットを絞りすぎると、求職者が見つからない場合もあります。資格などの条件は、なるべく最低限に留めてください。

 

応募したくなる求人広告の書き方・魅力的になる4つのコツ


求職者が思わず応募したくなる求人広告の書き方は、主に4つあります。

 

・現場の声の採用
・シンプルな表現
・企業の強みへの理解
・シナリオ化

 

細かく説明しましょう。

 

コツ①社員に聞き取りを行い現場の声を取り入れる

企業には、業務を分担するために担当部署がいくつかあるはずです。人事部や関係部署へ訪問し、現場の声を聞いてみるといいでしょう。企業全体をアピールするためには、それぞれの実態をしっかりと調査しなければなりません。

 

特に理由がなければ、20代〜60代と幅広い社員にアンケートを取ってみてください。求人広告に記載できる内容が増えるだけではなく、今後の組織づくりにも活かせます。

 

コツ②誰にでもわかるシンプルな表現で書く

求人広告は、表現方法も重要なポイントです。誰が見てもわかるようにシンプルな言葉を選びましょう。基準は、小学生でも理解できるような書き方です。大学生も頻繁に求人サイトを調べるため、専門用語の使用はなるべく避けてください。

 

また、あまりにも堅苦しい表現は使わない方が望ましいでしょう。真面目すぎる印象を与えてしまい、堅苦しい雰囲気が苦手という人には、働きにくいと思われる可能性が高まるからです。程よいユーモアも取り入れつつ、読みやすい文章をつくりましょう。

 

コツ③強みが生まれた理由を把握して求人に盛り込む

企業をアピールする上では、求人広告の作成者が企業の強みを理解しなければなりません。強みを書くときは、理由を具体的に記載しましょう。例えば「コミニュケーション能力が鍛えられます!」と結果だけ書かれていても、読者からの信用は得られません。

 

具体的な理由がなければ、因果関係を見出だせないからです。
例えば「地域密着型で、住民と接する機会が多いためユーザーのリアルな声を聞きやすい」などと理由もしっかりと記載しましょう。広告に共感する求職者が増えれば、欲している人材と巡り会うチャンスも生まれやすくなります。

 

コツ④シナリオ化して読み手に伝える

求人広告の内容を充実させるには、シナリオ化も意識してみましょう。企業のストーリーを記載すれば、どのような強みを持っているのかがわかりやすくなります。

 

これまでの歴史の中で、企業を成長させるために社員一同多くの努力をしてきたはずです。シナリオをつくり、これらの内容をアピールすると求職者の関心も高まるでしょう。

 

注意すべきポイントは、読んでいてワクワクするようなストーリーにすることです。シナリオをつくるときは、上司や部下などからも話を聞いてみてもいいでしょう。

 

求人広告の必須項目(テンプレート)


求人広告には、必ず記載しなければならない項目があります。上述したとおり、このルールを定めているものが職業安定法です。求人広告の必須項目を箇条書きで説明します。

 

・会社の情報…会社名や住所、電話番号
・業務内容…「一般事務」などの担当してもらう業務
・試用期間の有無…具体的な期間も記載する
・時間…就業時間や休憩時間、時間外労働の有無
・休日…週休2日制など
・賃金…基本給とボーナスを分けて記載する
・加入保険…雇用保険や労災保険など適用している保険を書く

 

これらの項目に加え、自社をアピールするための情報を追記しましょう。

 

・プロフィール…自社の歴史を簡潔に表記する
・キャッチコピー…一言で自社の魅力を伝える
・福利厚生…退職金や育児休暇制度の内容を説明
・募集に至った理由…なぜ募集が必要になったのかを説明
・写真…社員や社内の雰囲気が分かるものを選ぶ

 

プロフィールやキャッチコピーは、各会社のオリジナリティが求められます。意識したいポイントは求職者に「ここで働きたい!」と思わせることです。

 

そのためには、自社の優れている部分のみならず、働きやすさが伝わる求人広告が望ましいでしょう。社内の職員たちと共有し、多くの意見を取り入れて作成してください。

 

応募が集まりにくい求人広告の3つの特徴


求人広告は、書き方に気をつけないと応募が集まりにくくなってしまいます。注意したいポイント3点を押さえ、自社で作成したものが当てはまっていないかどうか確認しましょう。

 

①“誰に”伝えたいのかが不明確

ターゲットがしっかりと定まっていない求人広告は、応募が集まりにくくなってしまいます。そもそも、求人広告は企業と求職者をマッチングさせる媒体です。お互いのニーズを満たすものでなければなりません。

 

特に転職者の場合は、前職に不満を持っているケースもあるでしょう。そうすれば、おのずと転職先に求める条件を明確に絞っているはずです。求める人物像を明確にしない求人広告は、内容もチェックされずに無視されてしまいます。ターゲット層の選定には力を入れましょう。

 

「何を」伝えたいのかが分かりづらい広告も、求職者が集まりにくくなります。特に気を付けたい部分が情報量です。求職者は、企業でしっかりと働けるか否かを不安に感じているかもしれません。

 

これらの不安を解消すべく、自社がどのような環境かを具体的に明記しましょう。あまりにも情報が少なすぎると「ブラック企業なのでは」と警戒される恐れもあります。求人広告では、お互いに信頼関係を構築することが大切ですので、可能な限り情報を開示していきましょう。

 

③情報が多い割に内容が薄い

情報量を充実させる重要さを説明しましたが、ただ文字数を増やせばいいわけではありません。内容をよく考え、自社の魅力を伝える工夫も必要です。求人広告をつくる上では、競合企業との差別化を図らなければなりません。

 

例えば「福利厚生が充実しています」を1番のアピールポイントとしたところで、似たり寄ったりの内容になってしまうでしょう。もちろん明記自体が不要なわけではありませんが、他にはない強みを主張する必要があります。「相手の不安を解消する」目線に立って考えてみましょう。

 

魅力的な求人広告を作る際の3つの注意点


求人広告をつくる際には、いくつかの注意点を押さえなければなりません。担当者でルールを共有し合い、配信後も常に確認しましょう。

 

注意点①掲載後も常に改善を心がける

求人広告は、掲載するだけで作業が終わるわけではありません。定期的に修正すべき箇所を見つけ、改善する必要があります。特に、一度掲載した求人広告を再利用するケースはあるでしょう。ただし、そのまま使い回すことは良くありません。

 

なぜなら、異なる人が求職者となればニーズもまた変化するからです。数年経過すれば、世間の価値観も変わってくるでしょう。企業側が時代に合わせ、求人広告の内容を改めていかなければなりません。

 

注意点②情報の詰め込み過ぎに注意

求人広告は内容が薄くならないようにするのと同時に、情報の詰め込み過ぎにも注意しましょう。慣れないうちは、どうしても自社の魅力を全て伝えようとしてしまいます。まずは、最も伝えたいことを整理しなければなりません。この作業を怠ると、かえってアピールポイントが分からなくなります。

 

内容を整理するには、ターゲット選定に力を入れることが大切です。どのような人材に応募してほしいかを明確にすれば、アピールしたいポイントも上手く合わせられるでしょう。

 

注意点③強みだけでなく弱みも記載する

求人広告でよく起こるミスが、強みばかりを記載するケースです。しっかりと弱みも記載しておかなければ、応募者は広告とのギャップから悪いイメージを抱くでしょう。早期に退職されては意味がありません。

 

採用面接をする際に、企業側も求職者の短所を答えさせるはずです。長所と短所をお互いに理解することで、より深い信頼関係を構築できます。自社の記載した弱みを把握している人を採用した方が、今後長期的に働いてもらうことを考えると望ましいでしょう。

 

求人広告を書く際に遵守するべき法律3つを押さえよう


求人広告を書く際には、次の法律を遵守しなければなりません。

 

・職業安定法
・男女雇用機会均等法
・雇用対策法

 

それぞれの内容を解説します。

 

求人広告の明示義務を定義する“職業安定法”

先述のとおり、職業安定法は求人広告で明記すべき内容を定めています。具体的な項目を再度記載しましょう。

 

・会社の情報(氏名または名称)
・業務内容
・試用期間の有無
・時間(就業時間や休憩時間、時間外労働)
・休日
・賃金
・加入保険

 

法律に違反することのないよう、1つずつチェックしながら作業してください。求人広告に掲載するだけではなく、応募した人に対して書面の交付(相手が認めた場合は電子書面も可)が必要です。決して偽りの情報を書くことはせず、よく確認しながらまとめましょう。

 

性別の差別表現を制限する“男女雇用機会均等法”

男女が仕事で等しく評価されるため、1972年に男女雇用機会均等法が施行されました。求人広告でも、性別に関する表現には注意しなければなりません。採用条件で男女の一方を排除したり、どちらかを給与で優遇したりすることは避けましょう。

 

こうしたルールは求人広告の表現のみならず、実際の採用試験でも意識することが重要です。年々ジェンダーに対する見方が厳しくなっているため、担当者でしっかりと確認しましょう。

 

年齢制限を禁止する“雇用対策法”

求人広告では、年齢制限を設けることも原則として禁止されています。こちらのルールの根拠は、1966年に制定された雇用対策法です。ただし、例外もあるためひととおり覚えておくといいでしょう。

 

・定年60歳と明記する
・他の法律で禁止されている年齢層を除く
・期間の定めのない契約になる場合など

 

判断が難しい場合は、顧問弁護士や法務の担当者に確認した方が賢明です。法律に違反しないよう、念入りに調べておきましょう。

 

法律以外にも気をつけたい!求人広告のNG表現


求人広告は、法律にさえ違反していなければ何を書いてもいいわけではありません。特に注意すべきNG表現についてまとめます。

 

給与(最低賃金)に関する表現

求人広告では、最低賃金以下の給料の記載は認められていません。ただし、最低賃金は都道府県によって異なります。厚労省によると最も低い県では、金額が853円です。一方で、東京都の場合は1,072円となっています。

 

このように最低賃金は日本国内で統一されているわけではありません。都道府県別に支店がある場合は、記載内容に気を付けてください。さらに、時期によって金額は細かく変動します。最低賃金を下回る記載になっていないかを定期的に確認しましょう。

 

居住地に関する表現

求人広告を作成するときは、居住地で求職者を制限してはいけません。例えば、以下の書き方はNG表現とされています。

 

・〇〇分以内で通勤が可能な方
・特定の地域(都道府県や市町村など)にお住まいの方

 

もちろん、出身地で求職者を絞る方法も禁止事項です。先天性の条件で求職者を限定してしまうと、差別につながります。誤解を与えることのないよう、求人広告の記載内容をしっかりとチェックしてください。

 

求人広告を入稿する流れ


ここでは、求人広告を入稿する流れについて紹介します。手順は大きく分けて4通りです。

1.掲載を依頼する広告の選定…新卒採用か中途採用かで掲載広告を選ぶ
2.求人広告への申し込み…媒体に広告を掲載する旨を申し込む
3.広告の原稿の作成…文章の執筆や写真の準備をする
4.作成した原稿の入稿…入稿する際に修正なども同時に行う

 

まず、求人広告は新卒採用と中途採用によって掲載先が異なります。業種をあらかじめ限定しているサイトもあるため、選ぶ際には確認しなければなりません。掲載先が決まったら、申し込みを行いましょう。

 

原稿作成や修正作業に時間がかかる場合もあるため、早めに手続きをするのが賢明です。広告文の作成や写真の貼付方法も、掲載先でフォーマットが変わるでしょう。分からないことがあれば、事前に掲載先担当者に相談しながら取り組んでください。

 

まとめ


この記事では、求人広告の書き方について解説しました。最初に紹介した鉄則を押さえ、自社の強みを具体的にアピールしましょう。ただし、1番の目的は自社の戦力となってくれるであろう求職者を採用することです。ターゲティング選定と紹介文の執筆をしっかりと行ってください。

 

とはいえ、文章作成に慣れておらず「求職者に伝わる内容」が上手く書けないこともあるでしょう。そんな時は、記事作成のプロであるコンテンツファクトリーにご相談ください。コンテンツファクトリーでは様々なジャンルの記事を毎日生産しており、読みやすく伝わりやすい文章をつくるノウハウが蓄積しています。ぜひお安く高品質なコンテンツを一緒につくりましょう。

RELATED

RANKING