services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

オウンドメディアのPV数|平均の目安は?上げるためのコツを解説!

オウンドメディア pv数目安_アイキャッチ

PV数をKPIとしてオウンドメディアを運用しているという方は多いのではないでしょうか。どのくらいのPV数を目指していくのか、目安を把握して目標を設定し、PV数を上げる施策を行うことが重要です。

 

本記事では、PV数の目安の算出方法について解説し、PV数を上げるための効果的な方法をご紹介します。PV数を上げるためのノウハウを知り、自社のオウンドメディアの成果につなげるための参考にしてください。

 

オウンドメディアのPV数とは?

オウンドメディアのPV数とは?

まずは、オウンドメディアのPV数に関する基礎知識を確認しましょう。一般的なPV数の目安や、自社のオウンドメディアでの目標値の設定方法についても詳しく解説します。

 

そもそもPV(ページビュー)数とは?

PV数は、オウンドメディアの集客効果を測るための重要な指標で、ユーザーがサイトのページにアクセスした数のことを指します。

 

例えば、あるコンテンツが1,000回表示された場合、そのコンテンツのPV数は1,000PVとなります。1,000回ユーザーが訪れてそのページを表示したということになります。

 

なお、PV数のことをアクセス数と表現する場合もありますが、この場合はユーザーの訪問数やセッション数を指すこともあるため注意が必要です。

 

以上のように、PV数はオウンドメディアの集客効果を把握するために重要な指標であり、正確に理解したうえで、計測し分析することが必要です。

 

PV数のカウント方法をわかりやすく解説

PV数は、特定のページが閲覧された回数を表す指標です。

PV数のカウント方法をわかりやすく解説

ページA、ページB、ページCの3ページで構成されたwebサイトを例にして考えてみましょう。

佐藤さん、田中さんがサイトを訪れたとします。

 

佐藤さん(1回目):A→B→Cの順に1回ずつ閲覧。 →3PV

田中さん     :A→Bの順に1回ずつ閲覧   →2PV

佐藤さん(2回目):B→C→Aの順に1回ずつ閲覧  →3PV

 

上記のような閲覧行動が起こった場合、合計8PVとなります。

上記のPV数は、GA4などのウェブ解析ツールを使用して計測することが一般的です。ここではPV数のカウント方法の概念だけ覚えておきましょう。

 

オウンドメディアの平均的なPV数の目安

オウンドメディアの平均的なPV数の目安については、多くの条件が影響するため一概には言えません。

 

まず、業界やテーマによって平均的なPV数は異なります。また、ウェブサイトの立ち上げ期や成長段階によってもPV数は変動します。サイトを公開した初期段階では、まだサイトの存在が認知されていないためPV数は少ないかもしれません。

 

このように、PV数の目安を一概に言うことはできませんが、BtoB向けのオウンドメディアは1万PV/月以上、BtoC向けのオウンドメディアは10万PV/月以上を目安にすると良いとされています。

 

PV数の目安を設定するには、他のウェブサイトや業界の平均値、競合他社の実績と比較することが重要です。自社のPV数が業界平均よりも高い場合、良好な成果を上げていると言えます。

 

無闇やたらに高すぎる目標、もしくは低すぎる目標はモチベーションを下げてしまうため、目安となる基準値を把握し、目標を立てるようにしましょう。

 

オウンドメディアの評価指標(PV数以外)

オウンドメディアの評価指標(PV数以外)

オウンドメディアの運営においては、コンテンツを作りっぱなしにせず、その効果を評価して改善することが重要です。

 

そのためには、適切な評価指標を設定し、定期的に分析する必要があります。ここでは、PV数以外のオウンドメディアの評価指標について解説します。

 

セッション数とは?

セッション数とは?

セッション数とは特定の期間内にユーザーがサイトに訪問した回数を指します。ユーザーがウェブサイトにアクセスした時に計測が開始し、何の操作も行わずに30分経つ、もしくは日付が変わるタイミングで終了となり、カウントが一回されます。

 

アクセス中の特定期間内に何ページ閲覧したとしても、「1セッション」とカウントされる点に注意が必要です。

 

セッション数は、Webサイトにアクセスしてから離脱するまでの間、途中に何ページ閲覧しても1セッションと数えます。

 

そのため、PV数をセッション数で割った「ページ/セッション」を分析することで、ユーザーがどれだけそのWebサイトに関心をもっているか知ることができます。

 

「ページ/セッション」は、ユーザーがそのWebサイトに流入してから離脱するまでの間に、何ページ閲覧しているかを示す数値です。そのため、Webサイトがユーザーにとって有益であれば、「ページ/セッション」の数値は高くなります。

 

他にも、セッション数と他の指標を組み合わせることで、ユーザーの行動やコンバージョン率などの詳細な情報を得ることも可能です。

 

UU(ユニークユーザー)数とは?

UU数は、ウェブサイトやアプリを訪れたユーザーの数を表す指標です。UU数は、同じユーザーが複数回アクセスしても、そのユーザーを一人としてカウントします。

 

UU数は、ウェブサイトやアプリの利用者数を把握するために利用されます。UU数の分析により、ウェブサイトやアプリの人気度、利用者の増減、新規ユーザーの獲得状況などを把握することができます。

 

UU数は、ユーザーIDやクライアントIDを使用してユーザーを識別することで算出されます。これにより、ユーザーが複数のデバイスやブラウザを使用していても、同じユーザーとして正確にカウントすることが可能です。

 

先ほど紹介したSS数との違いを説明すると、同じユーザーが再度自社サイトに訪れた際に、一定の時間が経過したかどうかが違いとなります。

 

同じユーザーが再度訪れた際に一定の期間が経過した場合は、セッション数は複数カウントされますが、UU数は「1」とカウントされます。UU数は、サイトを利用しているユーザーの純粋な数を計測可能です。

 

コンバージョン数とは?

コンバージョン数は、商品の購入、フォームの送信、登録、ダウンロードなど、成果として設定した特定のアクション数を表します。

 

コンバージョン数は、ビジネスの成果やマーケティングキャンペーンの効果を評価する上で重要な指標です。

 

例えばWEB広告であれば、どのキャンペーンがより多くの成果につながっているのかを把握できます。また、コンバージョン率の変化をユーザーの行動と紐づけて追跡することで、ウェブサイトやアプリの改善、プロモーション計画などに役立ちます。

 

クリック率とは?

クリック率とは、広告や検索結果などのコンテンツが表示された回数に対して、実際にユーザーがクリックした回数を表します。

 

クリック率は、広告やコンテンツの効果を評価する上で重要な指標です。クリック率が高いということは、広告やコンテンツがユーザーの関心を引き、クリックされやすいことを意味します

 

逆にクリック率が低い場合は、ユーザーの心を動かすことができていないため、コンテンツそのものの見直しが必要となります。

 

算出方法は、「クリック数/表示回数×100」となっているため、先ほど記載したユーザーの関心を引くコンテンツを考えることも重要ですが、どのユーザーにコンテンツを表示させるのか、といったことも考える必要があります。

 

クリック率を上げるには、誰にどのように訴求するのかを考えるようにしましょう。

 

平均ページ滞在時間とは?

平均ページ滞在時間は、ユーザーが任意のページにアクセスしてから、次のページに移動するまでの時間の平均値を表します。

 

平均ページ滞在時間は、ユーザーがウェブサイトのコンテンツに関心を持っているかどうか判断したり、ウェブサイトのパフォーマンスを評価したりするために使用されます

 

長い滞在時間は、ユーザーのコンテンツへの関心度が高いことを示しています。一方、短い滞在時間は、ユーザーがコンテンツに興味を持たずにすぐに離脱していることを示しています。

 

平均ページ滞在時間は、ウェブサイトの改善やコンテンツ戦略の評価に役立ちます。たとえば、滞在時間が短いページはコンテンツの質を見直す必要があるかもしれません。一方、滞在時間が長いページは、ユーザーの関心が高いコンテンツと判断できます。

 

オウンドメディアの評価指標についての詳細はこちらを参考にしてみてください。

 

ツールを用いたPV数の確認方法

ツールを用いたPV数の確認方法

ウェブサイトのPV数を確認するためには、ツールの導入が必須です。また、自社サイトだけではなく競合サイトのPV数も、戦略を立てる上で参考になります。本章では、PV数を確認するための各ツールについてご紹介します。

 

自社のPV数を調べるにはGoogleアナリティクスが便利

Googleアナリティクスは、自社サイトに入ってきたユーザーの行動を詳細に分析するためのツールです。

 

Googleアナリティクスを導入すると、WebサイトのPV数の推移や特定のページのPV数、ユーザーの滞在時間などの情報を詳細に分析することが可能です。

 

これらの指標により、自社オウンドメディア内のコンテンツを評価することができます。また、各指標の変動や特定のページの指標の低下などを把握することで、改善すべき点や問題点を特定可能です。

 

Googleアナリティクスは使いやすく、直感的なインターフェースでデータを可視化することができます。自社のPV数を正確に把握し、ウェブサイトの改善やマーケティング戦略の立案に役立てましょう。

 

競合他社のPV数を調べるツール

競合分析ツールを使用することで、競合他社のウェブサイトのPV数やトラフィック情報を詳細に分析し、オウンドメディア戦略に活用することができます。本章では、競合他社の分析に優れたツールをご紹介します。

 

ただし、自社オウンドメディアと競合オウンドメディアを比較する場合には、同じツールからデータを取得するようにしましょう。PV数などは、ツールによって数字が異なるため、比較が難しくなるためとなります。

 

①ahrefs(エイチレフス)

ahrefsは世界で60万人が導入しているSEO分析ツールです。自社サイトだけでなく競合サイトの被リンク分析や検索エンジンの上位表示コンテンツ、想定流入キーワード、ソーシャルメディアの反応を把握することが可能です。

 

ahrefsでは、オーガニックトラフィックの推定値を知ることができますオーガニックトラフィックとは、自然検索から流入したユーザーがページを閲覧した回数を指します。

 

オーガニック検索結果で上位100位以上のすべてのキーワードを対象として、検索順位や月間検索ボリューム、推定されたクリック数をもとにトラフィックが推定されます。

 

すべてのキーワードの推定トラフィックを合計したものが、ツール上でオーガニックトラフィックとして表示されます。

 

ahrefsではPV数自体を知ることはできませんが、オーガニックトラフィックの推定値を用いてPV数と同様に競合ページを調べることが可能です。

 

競合ページのオーガニックトラフィックを知り、自社のオウンドメディアのPV数の目安や戦略を考えましょう。

 

ahrefsは世界最大級の被リンクデータ量を保有し、データの更新頻度も非常に高いことが強みです

 

また、スパムの疑いのある悪質な被リンクにリアルタイムで気づけるため、迅速にリスク回避ができます。さらにソーシャルメディアの反響から拡散されやすいコンテンツを見つけることも可能です。

 

ahrefsはサイトエクスプローラーなどの機能も提供しており、SEOの調査や対策に役立ちます。

 

②Similar Web(シミラーウェブ)

Similar Webは、ウェブトラフィック分析を行うためのオンラインツールです。ウェブサイトのアクセス数やユーザーの行動、競合他社の情報などを分析できます。

 

Similar Webでは、セッション数と1セッション当たりのPV数を調べることができます。そのため、以下の式を用いて計算することで、PV数を導くことができます。

 

PV数=セッション数 × 1セッションあたりのPV数

 

サイトにアクセスして検索ボックスに調べたいサイトのURLを入れ、検索をかけるだけで分析ができます。PV数の他にも、滞在時間や直帰率、流入元などを知ることができます。

 

Similar Webを活用することで、大量のデータを元にした信頼性の高い情報をもとにマーケット分析や競合分析ができます

 

例えば、ウェブサイトのトラフィック推移やアクセス元の情報、人気のあるキーワードのランキングなどを表示する機能を搭載しています。これにより、自社サイトのパフォーマンスを把握し、改善策を立てることが可能です。

 

さらに、競合他社のウェブサイトのトラフィックやキーワードの情報を比較することで、マーケット動向を把握し、競争力を高めることができます。

 

③Semurush(セムラッシュ)

Semrushは、オールインワン型の競合分析ツールであり、世界中で1,000万以上のユーザーに利用されています。SEO、広告、SNS、コンテンツマーケティングなど、オンラインのさまざまな領域で競合サイトの調査・分析を行うことができます。

 

Semrushでは、セッション数と1セッション当たりのPV数を調べることができます。そのため、以下の式を用いて計算することで、PV数を導くことができます。

 

PV数=セッション数 × 1セッションあたりのPV数

 

Semrushでも、分析したいサイトのURLを検索するだけで分析することができます。また、最大5サイトのデータを一覧表示できるため、簡単に比較することができます。

 

Semrushの強みは、圧倒的なコストパフォーマンス、デジタルマーケティングに必要なツールが一つのツールで提供されていること、そして世界中のユーザーに利用されるグローバルスタンダードであることです。

 

また、Semrushはビッグデータを所持しており、キーワード、ドメイン、バックリンクなどのデータを常に収集・分析しているため、ユーザーはこれらのデータからインサイトを抽出することができます。

 

オウンドメディアのPV数のKPI(目標)設定方法とは?

オウンドメディアのPV数のKPI(目標)設定方法とは?

運用を成功させるためには、オウンドメディアを立ち上げた後、KPIを設定することが重要です。KPIの指標は企業によって様々ですが、本章では、PV数をKPIとして設定する方法をご紹介します。

 

コンバージョン率を考えて設定する

コンバージョン率を設定することで、目標を達成するために必要な訪問者数を計算できます。コンバージョン率の計算方法は「コンバージョン数÷サイトの訪問者数(セッション数)」です。

 

例えば、平均的に1,000セッション取れているサイトに対し、コンバージョンが10件だった場合、

 

コンバージョン率=10/1,000×100=1%

 

となります。

 

KPIの設定方法は、目標とするコンバージョン数から逆算する方法や、前年のコンバージョン率を考慮して計算する方法があります。例えば、目標コンバージョン数を前年比の1.2倍とすると、目標セッション数=1,200となります。

 

1セッションあたりの平均PV数が10PVだった場合、目標PV数は

 

目標PV数=1,200×10=12,000PV

 

と計算できます。

 

正確なコンバージョン率を把握し、目標達成のための具体的な施策を立てることが大切です。

 

競合サイトのPV数を参考にして設定する

競合調査ツールを使用して複数の競合サイトのPV数を調べ、その平均値を計算することでPV数のKPIを設定する方法もあります。

 

例えば、

 

A社のPV数は1万5,000PV

B社のPV数は3万5,000PV

C社のPV数は4万PV

 

とした場合、これらの総PV数は9万PVです。

 

そして、総PV数を競合他社の数で割ることで、平均PV数を計算できます。この場合、3社の平均PV数は3万PVです。この平均PV数を参考にして、オウンドメディアのPV数のKPIを設定しましょう。

 

競合他社サイトの選定は、業界やキーワード、フレーズなどの表示ランキングなどを参考にするのも良いでしょう。これにより、自社の立ち位置を把握してKPI設定を行い、戦略を練ることができます。

 

オウンドメディアのPV数を上げ、効果的に運用するために意識すべきこと

オウンドメディアのPV数を上げ、効果的に運用するために意識すべきこと

本章では、オウンドメディアのPV数を上げ、効果的に運用するための方法を11個ご紹介します。オウンドメディアを成功させるための重要なポイントとして、参考にしてください。

 

現実的な目標を設定する

目標は、自社がオウンドメディアを運用する目的に応じて、段階的に設定することが重要です。

 

例えば、社内のリソースに限界があるにも関わらず、初めから過度に高い目標を設定すると、達成困難な状況になり失望感や挫折感が生じてしまい、社員がモチベーションを落とす可能性があります。

 

そのため、自社のリソースや現状を考慮し、達成可能な現実的な目標を設定することが大切です。

 

また、その時々の自社の目的に応じたコンテンツを作成し、目標を設定することが重要です。例えば、オウンドメディア立ち上げ時に認知度を上げることを目的として、コンテンツを量産している例を考えてみましょう。

 

その後、オウンドメディアの目的を認知度向上からコンバージョン獲得に変更した場合でも、コンテンツの作り方を変えず、コンバージョン獲得という目的を無視したコンテンツを作成し続けるのは、目的に沿ったコンテンツ施策とは言い難く、成果の達成も遠のいてしまいます。

 

社内でオウンドメディアを運用する目的のすり合わせを行い、段階に応じて適切な目標を設定しましょう。

 

中長期的な目線で戦略を立てる

オウンドメディアの成果を最大限に引き出すためには、短期的な目標だけでなく、中長期的な目標も設定する必要があります。

 

中長期的な目標を達成するためには、マーケティング戦略・オウンドメディアの運用方針を立てることが必要です。

 

これには、ターゲットのニーズや傾向を分析し、それに合わせたコンテンツを提供することがポイントとなります。また、SEO対策やSNSプロモーションなど、オウンドメディアを広めるための戦略も重要です。

 

さらに、中長期的な戦略を継続的に評価し、必要に応じて改善を行うことも大切です。オウンドメディアの成果を分析し、戦略が効果的であったのかを把握しましょう。また、競合他社や業界のトレンドも意識しながら、戦略を調整することも必要です。

 

このように、短期的な成果だけにこだわらず、段階を踏んで成果を出せるようにしましょう。

 

SEO対策を意識してキーワードを選定し、コンテンツに盛り込む

キーワードリサーチツールを活用し、ターゲットが検索するキーワードを選定しましょう。このときポイントになるのが、特定のトピックに絞ってキーワードを選定することです。

 

Googleからより高い評価を受けるためには、サイトの専門性が高いことをアピールする必要があります。

 

例えば、「業務効率化」に悩んでいる方をターゲットとしている場合であれば、「業務効率化」を含む、もしくは業務効率化に関連度が高いキーワードを選定するようにしましょう。

 

次に、選定したキーワードをコンテンツに盛り込むことが重要です。ただし、キーワードを強引に繰り返すのではなく、自然な形で組み込むことがポイントです。

 

タイトルや見出し、本文中にキーワードを適切に配置しましょう。また、キーワードの密度にも注意し、適度なバランスを保つようにしましょう。

 

さらに、キーワードだけでなく、関連キーワードや同義語も活用しましょう。これにより、より多くの検索クエリに対応することができます。

 

SEO対策を意識してキーワードを選定し、コンテンツに盛り込むことで、オウンドメディアのPV数を上げることができます。適切なSEO対策を行いながら、オウンドメディアの成功につなげましょう。

 

月間検索数の多いキーワードを対策をする

月間検索数の多いキーワードは、多くの人が検索している人気のあるキーワードのことです。これらのキーワード対策を行うことで、より多くの検索トラフィックを獲得することができます。

 

まず、月間検索数の多いキーワードを特定することが必要です。Googleのキーワードプランナーなどを活用して、人気のあるキーワードや関連キーワードを調査しましょう。

 

次に、選定したキーワードをタイトルや見出しに盛り込み内容を充実させることで、検索結果上での順位を上げ、より多くの人にコンテンツが表示させられるようになります。

 

また、月間検索数の多いキーワードは競争が激しいため、他社と差別化することが重要です。独自の視点や情報、付加価値を掲載することで、PV数が上がる可能性があります。

 

コンテンツのタイトルをきちんと練る

コンテンツのタイトルは、ユーザーの関心を惹きつけるための工夫が重要です。

 

例えば、具体的なキーワードや数字を用いることで、ユーザーの関心を惹きつけることが可能です。ユニークな視点や驚きの表現、問いかけるような言葉を盛り込むことで、さらに興味を引くことができます。

 

また、SEO対策として、タイトルの先頭に上位表示を狙っているキーワードを配置することも有効です。

 

ユーザーに対して、自社コンテンツがユーザーの悩みを解決する記事だということをアピールすることはもちろんですが、検索エンジンに対しても、そのコンテンツがどのような内容のコンテンツなのか、どのキーワードを調べている人に向けられたコンテンツなのかを伝えられます。

 

また、サジェストキーワードや関連キーワードでよく使われる言葉やフレーズを組み合わせることもSEO対策につながります。

 

最終的には、タイトルが正確で誤解を招かない内容であることを確認し、ユーザーが内容やメリットをすぐに理解できるよう配慮することが、クリック率やユーザー満足度の向上に繋がります。

 

オリジナリティのあるコンテンツを作る

他のメディアと差別化し、ユーザーにとって魅力的でユニークなコンテンツを提供することはPV数増加に繋がります。

 

オリジナリティのあるコンテンツを作るためには、自社独自の視点や専門知識を活かすことが大切です。データや統計を活用して情報を裏付け、信頼性の高いコンテンツを提供しましょう。

 

また、オリジナリティを出すためには、文章や表現を工夫しましょう。ユーザーの興味を惹きつけるタイトルや見出しを使ったり、ストーリーとしての要素を取り入れたりすることで、ユーザーにとって魅力的なコンテンツになるでしょう。

 

さらに、グラフィックや画像、動画などにより視覚的な要素を取り入れ、ユーザーの興味を惹くことも有効です。

 

内部リンクを最適化して、オウンドメディア内の回遊を促す

内部リンクをPV数増加に最大限生かすためには、関連性の高いコンテンツ同士をリンクさせることが重要です。ユーザーが興味を持ちそうな関連コンテンツを相互にリンクさせることで、ユーザーがより多くのコンテンツを読むことに繋がります。

 

また、関連コンテンツやカテゴリーページへのリンクをアンカーテキストにより設置することで、ユーザーは興味のあるトピックやテーマに簡単にアクセスできるようになります。

 

SNSからの流入を狙う

オウンドメディアのPV数を上げるためには、SNSからの流入を狙うのも効果的です。SNSは多くの人々が利用するプラットフォームであり、SNSからの流入を増やすことでコンテンツを多くの人々に届けることができます。

 

それぞれのSNSに合った投稿形式やターゲット層を考慮したうえでSNS戦略を立て、どのSNSを活用するか、どのようなコンテンツを投稿するかを検討しましょう

 

また、シェアボタンやハッシュタグを活用して情報拡散を促し、SNS上のコミュニティに参加することも重要です。

 

さらに、短期間で効果を上げるには、ターゲット層に合わせたSNS広告を利用することも、非常に有効です。

 

既存のコンテンツをリライトする

新たなコンテンツを書き起こすだけでなく、既存のコンテンツをリライトし、新たな情報や視点を追加することで、ユーザーに新鮮なコンテンツを提供することができます。これにより、ユーザーが定期的にサイトを訪れることに繋がり、PV数の増加につながります。

 

また、リライトにより、コンテンツの内容やキーワードの最適化を行い、検索エンジンでの表示順位を上げていきましょう。新たな情報や改善されたコンテンツは、検索エンジンのアルゴリズムに評価され、より多くのユーザーに表示される可能性が高くなります。

 

効果測定と改善を繰り返す

先ほど、PV数はGoogleアナリティクスを使用することで、計測ができると説明しました。まずは、Googleアナリティクスなどの計測ツールを導入し、効果測定のための環境を整えるようにしましょう。

 

そして、日、週、月ごとにPV数を集計し、定点観測していくようにしてください。そうすることで、目標PV数に対して現状の進捗は問題ないか、課題はないのかを考えることができます。

 

課題を設定したら、その課題を解決するための施策を打つようにしましょう。例えば、そもそものコンテンツの量が足りていないのであれば、コンテンツを作るための体制を整えたり、コンテンツの質が低いのであればヒートマップツールなどを用いて内容をアップデートしましょう。

 

ノウハウのある制作会社に外注する

定期的にオウンドメディアのコンテンツを制作するには、社内のリソースが必要です。しかし、社内に十分なリソースがない場合には、オウンドメディアのコンテンツ制作を外注することで、この課題を解決できます。

 

これにより、制作に関する工数を削減でき、社内のリソースを節約できます。また、外注することでコンテンツの制作数を増やすことができ、サイトの規模を短期間で拡大することにも繋がります

 

さらに、外部の専門家に依頼することで、SEOのリテラシーを補えます。また、専門領域でないジャンルであっても、外注先に依頼することで高品質なコンテンツを制作することができるでしょう。

 

ただし、外注することによるデメリットもあることを理解しておきましょう。例えば、外注することで、「自社でコンテンツ制作のノウハウが蓄積できない」「外注に費用がかかる」「外注先を選定するのに時間がかかる」ということが挙げられます。

 

これらのメリットとデメリットを考慮して、外注を検討する必要があります。

 

外注する制作会社を比較したい方はこちらを参考にしてみてください。

 

まとめ:オウンドメディアのPV数を上げるために戦略を練ろう

まとめ:オウンドメディアのPV数を上げるために戦略を練ろう

オウンドメディアのPV数を上げるためには、様々な戦略を検討することが重要であることを解説しました。まずはユーザーの興味を引く魅力的なコンテンツの提供が重要です。

 

さらに、SEO対策やソーシャルメディアを活用しPV数を獲得していきます。その後、オウンドメディアの定期的な分析を行い、分析結果に基づいた改善を行いましょう。

 

戦略を練り、これらのPDCAサイクルを継続的に行うことで、オウンドメディアのPV数を上げることに繋がるでしょう。

RELATED

関連記事はありません

RANKING

業界最安値級コンテンツ制作BPOサービス