services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

ウェビナーとは何?メリットや成功のコツなどをご紹介

ウェビナーをご存じでしょうか?リモート環境が一般的になり、よく耳にするようになりましたよね。自社で実施を考えている企業も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「ウェビナーのメリットや成功のコツ」をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

ウェビナーの意味とは?

まず最初に、ウェビナーの意味から解説します。基本的な部分なので、しっかり確認してください。

 

意味|ウェビナーはウェブとセミナーを組み合わせた造語

ウェビナーとは造語であり「Web(ウェブ)」と「seminar(セミナー)」をあわせた言葉です。具体的には、Web上で受けられるセミナーのことを指します。オンラインセミナーとも呼ばれ、対面で行うセミナーをウェブ上で完結させるというイメージです。

 

Web ミーティングとの違い|ウェビナーはやや一方通行

ウェビナーはWebミーティングと混合される場合もありますが、両者は全く異なります。Webミーティングは複数人で1つの議題について話し合ったり、発表したりする場が多く、コミュニケーションの自由度が高いです。

一方でウェビナーの場合、講演者と参加者がはっきりと分かれており、基本的に発言するのは講演者のみです。そのため、参加者は講演内容を聞いたり、資料を参照して講演内容への理解を深めます。コミュニケーションの自由度は低く、参加者は質疑応答などの機会で発言するイメージです。

 

何ができる?ウェビナーの配信パターンと活用シーン

ウェビナーの配信にはリアルタイム配信」と「録画配信」の2つのパターンがあります。それぞれの特徴と、活用シーンを紹介しますので下記を確認してください。

 

リアルタイム配信

1つ目は「リアルタイム配信」です。その名の通り、決まった時間にリアルタイムでセミナーを配信する方法で、オフラインで行われる対面のセミナーに近い状況でウェビナーを開催できます。

セミナーの進行とあわせて、チャット等で参加者とコミュニケーションをとったり、参加者の反応をセミナー内容に反映したりすることもできるでしょう。

 

録画配信

2つ目は「録画配信」のパターンです。こちらもその名の通り、録画したセミナーを配信するという方法なので、参加者は自身の都合にあわせて参加日程を決められます。

また対面でないため、講演者が緊張を感じたり、時間制限によるストレスを感じることが少なく、より高パフォーマンスのセミナーを配信できるでしょう。

 

セミナーや説明会など様々!ウェビナーの活用シーン

では実際に、ウェビナーはどんな活用シーンがあるでしょうか。活用は様々ですが、一部をご紹介します。

 

・講演会やセミナー

・会社や展示会、商品の説明会

・社内研修や入社式

・講義や研修

・語学やヨガ教室の講習

 

上記のような活用シーンがあります。意図や目的によって色々な活用法がありますよ。

 

ウェビナー開催のメリット(主催者側)

では次に、ウェビナー開催によって主催者が得るメリットを解説します。大きく5つに分けて解説しますので、ぜひ確認してください。

 

準備にかかる時間的・人的コストをカットできる

まず1つ目は「準備にかかる時間的・人的コストをカットできる」という点です。

対面で行われるセミナーの場合、参加者が収容できる会場を用意しなければならないでしょう。会場をおさえるには、予約をしなければなりません。あわせて、希望会場がおさえられなければ類似の会場を探す必要がありますし、スケジュールの変更もあり得ます。さらに、開催時に会場の運営スタッフなども必要になります。

対面で行われるセミナーの場合、このように時間的・人的コストが発生します。ただウェビナーであれば、会場をおさえる必要はありませんし、運営スタッフも対面のセミナーと比較すると小人数で済みます。そのため、時間的・人的コストを削減することができるでしょう。

 

準備にかかる金銭的コストをカットできる

2つ目は「準備にかかる金銭的コストをカットできる」という点です。

先述したように、対面のセミナーには、会場や運営スタッフが必要になるため、会場費用や運営スタッフの人件費がかかります。それだけでなく、講演者や運営スタッフの交通費、場合によっては宿泊費などのコストもかかるでしょう。

ウェビナーであれば、会場費や運営スタッフの人件費はもちろん、移動なども発生しないため、交通費や宿泊費も必要ありません。そのため、コストを抑えることができます。

 

内容が伝わりやすい

3つ目は「内容が伝わりやすい」という点です。テキストや図だけの資料で伝えるよりも、動画を使用すれば、より内容が伝わりやすいでしょう。また先述したように、リアルタイム配信のウェビナーであれば、チャットツールなどで参加者とコミュニケーションをとることもできます。参加者の反応によって、説明を追加することも可能です。

 

参加者の警戒感が少ない

4つ目は「参加者の警戒感が少ない」という点です。なかには主催者の正体が不明だったり、怪しい団体が商品やサービスなどの販売を目的としているセミナーもあります。対面のセミナーであれば、しつこい勧誘を受ける可能性もあるでしょう。

ウェビナーは、対面のセミナーに比べると、勧誘をするには限界があります。そのため、参加者は警戒感を抱かず、安心して受講できると言えるでしょう。

 

気軽なので参加者が集まりやすい

最後は「気軽なので参加者が集まりやすい」という点です。先述したように、ウェビナーは対面のセミナーと違い、会場に足を運ぶ必要はありません。

インターネット環境があればどこでも参加できるため、スケジュールをおさえる手間もなく、参加者の負担は少ないでしょう。そのため、対面のセミナーと比べると気軽であり、参加者が集まりやすいです。

 

ウェビナー開催のデメリット(主催者側)

次に、ウェビナー開催によって主催者側に起こり得るデメリットを解説します。大きく4つに分けて解説しますので、ぜひ確認してください。

 

画質や音質など、参加者への配慮が必要になる

1つ目は「画質や音質など、参加者への配慮が必要になる」という点です。

ウェビナーはインターネットを経由し、PCなどの端末を介して行うため、画質や音質に不備があると、参加者が不快になりかねません。あわせて、講演者の声が小さすぎたり、滑舌が悪い場合も参加者へのストレスとなりますし、ウェビナーの内容がしっかりと届けられないでしょう。

スムーズかつ円滑にウェビナーの内容を届けるために、画質や音質はもちろん、参加者への配慮が必要となります。

 

騒音など、周囲への配慮が必要になる

2つ目は「騒音など、周囲への配慮が必要になる」という点です。

先述したように、ウェビナーはインターネットを経由し、PCなどの端末を介することが大前提です。画質や音質はもちろんですが、講演側の環境で、ウェビナーに影響する騒音などがないかも確認しましょう。

講演側の環境が騒がしい場合、ウェビナーに騒音が入ってしまい、参加者に内容をしっかりと届けられません。参加者がウェビナーに十分集中できるよう、周囲の環境状態にも配慮しましょう。

 

参加者が目の前にいないため、反応をつかみづらい

3つ目は「参加者が目の前にいないため、反応をつかみづらいという点です。リアルタイム配信のウェビナーであれば、チャット機能などで参加者とコミュニケーションもとれ、ある程度反応を確認することもできます。

ただ対面の場合のように、参加者全員の反応などを、実際に顔を見て確認することは不可能です。そのため、対面でのセミナーに比べると、反応を掴みづらいでしょう。

 

コンテンツの質が高くなければ集客できない

最後は「コンテンツの質が高くなければ集客できない」という点です。ウェビナーに限らず言えることですが、参加者はメリットを感じられないと、自身の時間を割いて参加しないでしょう。

ウェビナーは移動を省け、スケジュールをおさえ易いため、気軽に参加できるのがメリットです。ただ、ウェビナー自体の内容が悪ければ、参加者はもちろん、その後自社に興味を持ってもらうことも難しいでしょう。

 

ウェビナー開催のメリット(参加者側)

では次に、ウェビナーによる参加者側のメリットを解説していきます。大きく2つに分けて解説しますので、ぜひ確認してください。

 

場所を選ばず参加できる

まず1つ目は「場所を選ばず参加できる」という点です。主催者側のメリットでもお伝えしましたが、ウェビナーは会場に足を運ぶ必要がないため、自宅やオフィスはもちろん、カフェなどでも参加できます

移動時間込みのスケジュールをおさえる必要も無く、場所を選ばず参加できるのがメリットと言えるでしょう。

 

内容が理解しやすくなる

2つ目は「内容が理解しやすくなる」という点です。ウェビナーは、動画で実際に講演者が解説するため、より内容が理解しやすいでしょう。テキストや図だけの資料を渡されるよりも、理解度も高くなります

あわせて、リアルタイム配信のウェビナーであれば、チャットツールなどで質問をすることも可能です。遠隔の環境に居ながら、対面のようにコミュニケーションをとれるので、より内容理解に繋がるでしょう。

 

ウェビナー開催のデメリット(参加者側)

次に、ウェビナーの参加者側に起り得るデメリットを解説していきます。以下で確認してください。

 

パソコンやインターネット回線を準備しておく必要がある

1つ目は「パソコンやインターネット回線を準備しておく必要がある」という点です。対面であれば、そのような準備は必要ないですが、ウェビナーはオンラインで行われるため、ネット環境と、参加するために使用するPCが必須となります。

昨今インターネット環境が普及しているため、ほとんどの自宅や会社に装備されていると思いますが、もし接続にトラブルがあった場合、ウェビナーに参加できません。参加前に異常がないか、必ず確認しましょう。

 

集中できる環境を用意する必要がある

2つ目は「集中できる環境を用意する必要がある」という点です。

ウェビナーのメリットは「ネット環境であれば、どこでも参加できる」ことですが、自宅などから参加する際、同居している家族などが騒音をたてるため、集中できないということもあり得ます。

小さなお子さんがいるなど、自宅でのウェビナー参加が難しい場合は、コワーキングスペース(共用オフィス・作業用カフェ)の利用も検討しましょう。

 

ここに気をつけよう!ウェビナー成功のコツ4つ

ウェビナーによるメリットやデメリットはご理解頂けたと思います。次に「ウェビナー成功のコツ」を大きく4つに分けて解説します。ぜひ参考にしてください。

 

リハーサルを行い、完成度を高めたうえで本番に臨む

1つ目は「リハーサルを行い、完成度を高めたうえで本番に臨む」ことです。ウェビナーは対面のセミナーと違い、講演の準備にあわせて様々な機材の準備やテストも必要になります。

カメラやマイクは問題なく使用できるか、画質や音質に問題はないか…とにかく参加者が集中できるウェビナーにすることが大切です。そのため、本番を見据えたリハーサルを行い、完成度をより高めて本番に挑みましょう

 

配信場所として静かな会議室などを確保する

2つ目は「配信場所として静かな会議室などを確保する」ことです。デメリットでもお伝えしたように、講演側の環境が騒がしければ、ウェビナーに影響します。

ウェビナーを実施する際は、リアルタイム配信・録画配信問わず、静かな会議室を確保しましょう。できるだけ、外部の音を遮断できる場所を選ぶことが大切ですが、もし社内で場所を確保できない場合は、スタジオなども検討してください。

 

顧客層を考慮し、それに合わせた準備を検討する

3つ目は「顧客層を考慮し、それに合わせた準備を検討する」ことです。顧客層とは、具体的に参加者である自社に興味のあるユーザー層というイメージです。

例として、2~30代の参加者をイメージしている場合、インターネットやPCなどの機器に慣れている場合が多いので、問題ないでしょう。ただ、参加者が5~60代以上の場合、インターネットやPCなどの扱いに慣れていない方も多いです。

実施するウェビナーの顧客層が、5~60代向けの場合、録画配信のウェビナーが向いてると言えます。ツールなどの操作を要すると、難しいと感じられてしまう可能性がありますが、動画サービスなどで自由に再生できれば不憫を感じることも少ないでしょう。

 

アンケートで参加者の意見を集め、改善につなげる

最後は「アンケートで参加者の意見を集め、改善につなげる」ことです。ウェビナーは対面のセミナーと違い、参加者全員の顔を見て、反応を確認するのは難しいでしょう。そのため、ウェビナー後にアンケートを実施し、参加者の意見を集めましょう。

実際の参加者の意見を元に、改善を行いウェビナーの質向上を目指すことで、より良いウェビナーにできます。

 

ここをチェック!ウェビナーツール選びのポイント3つ

次に「ウェビナーツール選びのポイント」を3つに分けて紹介します。ウェビナーを実施する際、自社に合うツールはどれかと迷う場合も多いかと思いますので、ぜひ下記を参考にしてください。

 

サポート体制がしっかりしているか

まず1つ目は「サポート体制がしっかりしているか」という点です。ツールを使用してみた際に、不明点や疑問点はもちろん、不具合などが出てきた場合、ツールの運営会社と直接やり取りができたほうが安心ですよね。

ウェビナーのツール運営会社では、電話やメールでの対応を行っていたり、導入からツール活用まで一貫してサポートしてくれる会社もあり、様々です。各ツールのサポート体制を確認し、導入後自社がしっかり活用できるか確認しましょう

 

利用料金が高すぎないか

2つ目は「利用料金が高すぎないか」という点です。企業で、ツールやソフトを導入する際、予算が決まっていることがほとんどですよね。決められた予算の中で、自社に合うツールを選ぶことが大切です。

もちろん無料ツールもありますが、有料ツールに比べると機能が不十分な場合が多いです。予算の中で、最適なツールを選ぶようにしましょう

 

必要な機能が備わっているか

最後は「必要な機能が備わっているか」という点です。自社が行うウェビナーの内容や参加者の層によって、求める機能は変わります。そのため、自社がウェビナーツールに求める機能を明確にし、適したツールを選びましょう。

 

ウェビナーツールに備わっていてほしい機能

ウェビナーツール選びのポイントに関してはご理解頂けたと思いますので、次は「備わっていてほしい機能」を解説します。大きく6つに分けて解説しますので、実際のウェビナーを想像しながら確認してください。

 

操作性の良さ

1つ目は「操作性の良さ」で、具体的には、簡単かつシンプルに扱えるウェビナーツールというイメージです。参加者の年齢層も関係しますが、基本的に複雑な操作が求められると、人々は嫌悪感を抱きやすいでしょう。簡単かつシンプルで、操作性の良いものが理想です。

 

パソコン・スマホそれぞれに合わせた対応

2つ目は「パソコン・スマホそれぞれに合わせた対応ができるツール」です。ウェビナーは、場所や時間に関係なく、気軽に参加できることがメリットのため、様々な端末に対応しているといいでしょう。

参加者によっては、パソコンでは無くスマホから参加するという人も少なくありません。そのため、パソコンだけでなくスマホにも対応しているツールを選びましょう。

 

状況に合わせたプレゼンモード

3つ目は「状況に合わせたプレゼンモードを活用できるツール」です。具体的には、資料のみを参加者に見せて講演を進めたり、資料とカメラ映像どちらも映しながら進めるというように、使い分けができるツールというイメージです。

ウェビナーの内容や参加者の層などにより、ウェビナーをどのように見せたいかは変わります。様々なプレゼンモードがあれば、その都度使い分けができますよ

 

配信者と参加者の相互コミュニケーション機能

4つ目は「配信者と参加者の相互コミュニケーション機能があるか」です。先述したように、インターネットを経由するウェビナーは、対面で行われるセミナーに比べると、参加者の反応などを確認するのが難しいでしょう。

ウェビナーでも、参加者の質問や不明点をキャッチアップできるチャット機能などがあると、コミュニケーションがとれます。講演者と、参加者の相互コミュニケーションがとれるよう、チャット機能がついているツールを選びましょう

 

配信映像を記録・編集できる機能

5つ目は「配信映像を記録・編集できる機能がついているか」という点です。一般的に、ウェビナーの内容は、自社の商品やサービス、または自社そのものの紹介など自社にとって重要な内容です。

今後も使用できる資産ともなり得ますし、参加者が再度視聴したいと感じる場合もあるため、配信映像を記録・編集できると尚いいでしょう。

 

その他の便利機能

リモート環境が浸透している昨今、特に「背景ぼかし機能」「肌色補正」などの機能は、多くのケースで活用されている機能です。

ウェビナーの内容そのものにはあまり関係はありませんが、参加者に寄り添った機能があると、便利かつ満足度を高められるでしょう。

 

厳選!ウェビナーツール6選

最後にウェビナーツールを紹介します。6つに厳選して紹介しますので、導入をお考えの場合、ぜひ参考にしてください。

 

50,000人も対応可!Zoomビデオウェビナー

1つ目は「Zoomビデオウェビナー」です。知名度も高く、利用したことのある方も多いのではないでしょうか。

様々な端末に対応しているのが特徴で、参加人数によって細かく料金プランも設定されています。50,000人までウェビナー参加可能なため、規模が大きめのウェビナーを検討している場合におすすめです。

 

低価格で導入できる!コクリポ

2つ目は「コクリポ」す。低価格で導入ができ、さらにサポート体制も充実しています。MAX300名までと規模としては小さめではありますが、小規模のウェビナーを開催したい、ツール活用のサポートをしっかり受けたいという場合におすすめです。

 

演出のカスタマイズができる!V-CUBE セミナー

3つ目は「V-CUBE セミナー」す。演出のカスタマイズが豊富で、専用のスタジオなどもあわせて使用できるという特徴があります。凝った演出をしたい、スタジオなどを利用してウェビナーを行いたいという場合におすすめです。

 

初心者も安心!ネクプロ

4つ目は「ネクプロ」です。ウェビナー機能はもちろん、申し込み管理や受付管理機能まで搭載されているので、ウェビナーに関する業務を一括できるという特徴があります。

さらに、シンプルかつ簡単な操作性と、運営サポートも受けられるので、ウェビナー初心者の方におすすめです。

 

画質・音質がハイクオリティ!LiveOn

5つ目は「LiveOn」です。画質や音質のクオリティが高いので、映像や音にこだわったウェビナーができます。さらにアンケート機能まで搭載されているので、ウェビナーに関する評価も管理できるのが特徴です。

 

少人数で簡単に!Zoomミーティング

最後は「Zoomミーティング」です。ミーティングでよく利用されるものですが、少人数であればウェビナーとしても活用できます。無料版は時間・人数制限がありますが、月額料金を支払えば、無制限で使用可能です。

 

まとめ

本記事では「ウェビナーのメリットや成功のコツ」を解説しました。リモート環境が浸透している昨今、ウェビナーは今後も拡大していくでしょう。

ただ現状、ウェビナーを検討しているけど、集客に繋げられるか・活用できるか分からない…と不安を抱いている企業も多いのではないでしょうか。

そこでぜひ検討してほしいのがコンテンツファクトリーです。Webコンテンツ作成のプロが、貴社の為の専属チームを編成し、貴社のウェビナー映像を集客に繋げられるようお手伝いします。

ぜひ、ウェビナー活用にお困りの場合、お問い合わせください

RELATED

RANKING