services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツ制作の成功事例10選!プロセスや制作会社も紹介!

はじめに

顧客の獲得や既存顧客の育成に役立つ「WEBコンテンツ」。顧客のためになるものを作成することが大切とはいうものの、価値のあるコンテンツがどのようなものなのかいまひとつわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はコンテンツ制作の成功事例をサイトの特徴も交えて紹介していきます。実際にその成功事例を踏まえたコンテンツ制作の作成フローも紹介しているため、何から始めたらよいかわからないという人は、ぜひ最後までお読みください。

 

「コンテンツ」とは?正しい意味を理解して効果的なコンテンツ制作を

 

WEBコンテンツとは?意味や目的を理解しよう

まずは、WEBコンテンツの特徴や目的について紹介していきます。

 

面白いWEBコンテンツとは?制作のコツや種類、ツールを紹介

 

WEBコンテンツとは

WEBコンテンツとは、WEB上に公開された情報全てのことを指します。文字や画像、動画などで構成されたもののみがWEBコンテンツと捉えられがちですが、バナー広告なども含まれます。

企業の商品やサービスをユーザーに紹介できるため、新規顧客の獲得に役立つものといえるでしょう。

 

WEBコンテンツの目的

WEBコンテンツの目的はさまざまですが、大きな目的はリードジェネレーションとリードナーチャリングです。リードジェネレーションとは、まだ自社の商品やサービスを知らない人へ向けて商品やサービスの魅力を紹介し、将来的な見込み顧客(リード)を獲得すること。多くのリードを獲得することで、自社のことを信頼してくれる人を増やすことも可能です。

また、リードナーチャリングとは、自社に興味を持っているリードを優良顧客まで育て上げることを指します。顧客が興味を持つような情報をサイト内にアップすることで、自社の商品やサービスへの関心を持たせ、最終的に自社の商品やサービスを繰り返し購入してくれるようなリピーターへ育て上げます。

これらはどちらも顧客分析がとても重要になり、ユーザーを満足させられるようなコンテンツを作り上げることで目的を達成できるといえるでしょう。

 

WEBコンテンツにはいろいろな種類がある

冒頭でも少し述べましたが、WEBコンテンツは記事だけではなく、動画や広告、音声なども含まれます。WEB上にアップされる情報全てのことを指すため、ユーザーが求める情報を最も伝えやすい形で表現できるのです。

目的やターゲットとなる年齢層に合わせて伝え方や内容を変えることで、より顧客の興味や関心を引くものといえるでしょう。

 

コンテンツマーケティングは、相手や目的によって異なる!

コンテンツマーケティングは、ユーザーに自社の情報を知ってもらうためにとても役立つものですが、伝えたい相手によって目的やポイントが異なります。ここではBtoCとBtoBとの違いを紹介していきます。

 

toC・toBのコンテンツマーケティングの違い

まず、BtoCにおけるコンテンツは商品やサービスを検討する際、自分もしくは家族で行えるため、リードタイムが短いのが特徴的。顧客が満足するようなコンテンツが配信できていた場合、即購入につながる可能性が高い傾向にありますまた、オンラインストアで購入までがすぐに行える商材の場合、よりスムーズに購買してもらえるでしょう。即購入につながる可能性があるため、視認性の高い良質なコンテンツを作成することが重要といえます。

 

一方でBtoBマーケティングは、扱う商材やサービスによって異なりますが、購入に数ヶ月〜1年と長い期間を要することが多いでしょう。そのため、購入を検討している競合会社との違いをしっかりアピールできるようなコンテンツを配信し続けることが大切といえます。また、ターゲットを絞りやすいというメリットもあるため、顧客分析のプロセスに力を入れるのもポイント。ユーザーファーストの視点を忘れずにコンテンツを配信し続けることで、顧客に興味を持ってもらえるようなものが作れるでしょう。

 

コンテンツ制作の成功事例を紹介

ここからは、実際にコンテンツを制作して成功した事例について紹介していきます。

 

【toC】コンテンツ制作の成功事例

 

【会社名】 【コンテンツ】
株式会社クラシコム 北欧、暮らしの道具店
株式会社ルーシーと共同制作 神田外語学院
トヨタ自動車株式会社 トヨタイムズ
ライオン株式会社 Lidea(リディア)
ハーゲンダッツジャパン株式会社 SNS
株式会社ローソン SNS

 

事例①  株式会社クラシコム「北欧、暮らしの道具店」

まずは、株式会社クラシコム「北欧、暮らしの道具店」です。20代〜40代の女性をターゲットとしたECサイトで、商品情報だけではなく、スタッフの愛用品や着用レビューなどの記載があるのが特徴的。

商品紹介ページは実際に全サイズ着用した様子が載っていたり、洋服の手入れ方法が載っていたりと購入への不安を打ち消す工夫が多いのが大きなポイントといえます。日頃仕事や家事で忙しい女性にとって、こうした丁寧な暮らしを紹介しているサイトは、束の間の休憩として利用できるとても魅力的なサービスでしょう。

 

事例②  神田外語学院

4つ目は、神田外語学院のサイトです。神田外語学院は、開学から60年以上の歴史がある学校であり、語学力や異文化理解を育て、さまざまなシーンで活躍できる若者たちの育成に励んでいます。このサイトは、株式会社ルーシーと協力して作成したもので、資料請求や来校率の割合がとにかく高いのが特徴的

とにかくユーザーに寄り添ったものを意識して作成されたサイトで、典型的なコンテンツマーケティングの成功事例といえるでしょう。

 

事例③ トヨタイムズ

トヨタが運営しているトヨタイムズでは、社長自ら企業の想いを伝えていく動画を公開しているのが特徴的トヨタは、商品を売り込んでいくのではなく熱い想いを伝えるコンテンツを配信していくことで、Twitterのフォロワーは約15万人、YouTubeのフォロワーは約22万人と多くのファンを獲得しています。自動車は一度購入したら新商品を買うまで長い期間が空いてしまうため、熱いコンテンツを定期的に配信していくことで、顧客との接点をしっかり作っている会社といえるでしょう。

 

事例④ Lidea(リディア)

ライオンが運営しているLidea(リディア)では、生活情報を配信しています。人気保育士のてぃ先生による子育てあるあるから、スプレー食器用洗剤の魅力などさまざまな内容を掲載しているのが特徴的。掲載しているコンテンツには漫画形式のストーリー仕立てになっているものもあり、読みやすいのが大きな魅力といえます。また、サイトページ上部には注目キーワードの記載があり、紫外線や夏の暑さ対策など季節性のあるコンテンツをすぐに探せるのもポイントといえるでしょう。

 

事例⑤ ハーゲンダッツ

ハーゲンダッツFacebookやLINE、TwitterInstagramと4つのSNSを使ってマーケティングをしているのが特徴的。すべてのSNSで同じ配信をするのではなく、SNSを使っているターゲットに合わせてオフィシャルな情報や新商品の速報など伝える内容を変えています。その場の顧客に適したコンテンツを制作し、新規顧客獲得や既存顧客をリピーターにする試みをしている会社といえます。

 

事例⑥ ローソン

ローソンはTwitterを使ったマーケティングが特徴的です。ついつい口ずさみたくなる「バスチー」というネーミングをアピールしたのもTwitterが始まり。キャッチーな名前を世でバズらせるためには、SNS上でシェアされるような商品企画やキャンペーンを絡めた告知をするなどさまざまな取り組みが行われてきました。こうした取り組みが報われ、SNS受けしやすい武器を手に入れたのが今のローソンといえます。

 

【toB】コンテンツ制作の成功事例

【会社名】 【コンテンツ名】
株式会社セールスフォース・ジャパン Salesforceブログ
株式会社マネーフォワード Money Forward Bizpedia
ソウルドアウト株式会社 SOLD OUT
freee株式会社 freee(フリー)
サイボウズ株式会社https://www.sold-out.co.jp/ サイボウズ

事例①  株式会社セールスフォース・ジャパン「Salesforceブログ」

2つ目の事例は、株式会社セールスフォース・ジャパン「Salesforceブログ」です。このサイトは、これからセールスフォースを導入しようと考えている人や実際に利用している人をターゲットにしているもの。セールスフォースの活用事例や、BtoBマーケティングのノウハウなどが掲載されているのが特徴的です。

また、営業リーダーが考慮すべき営業指標や世界一のセールスが大切にする営業理論などのコンテンツも多数紹介しているため、営業で行き詰まっている人にもおすすめできるサイトといえるでしょう。

 

事例②  株式会社マネーフォワード「Money Forward Bizpedia」

3つ目は、株式会社マネーフォワード「Money Forward Bizpedia」です。このサイトは、個人事業主や企業で会計を担当している人をターゲットとしているもの。会計や確定申告、経理に役立つ情報などをアップしているサイトです。

ふるさと納税や持続型給付金などの情報も載っていて、お金にまつわる疑問を解決するのにとても便利なサービスといえます。また、フリーランスや個人事業主として失敗しないためにやることなどのコラムも掲載しているため、独立して初めてのことばかりで不安という人にもとても役立つコンテンツといえるでしょう。

 

事例③  ソウルドアウト株式会社

最後は、インターネット広告事業を行うソウルドアウト株式会社です。この会社は「中小ベンチャー企業が咲き誇る世の中に」というキャッチコピーを掲げ、経営者に向けてのコラムを多数掲載しているのが特徴的

経営チームを作り上げるためのコツや新卒採用を始めるタイミングなども紹介していて、スタートアップで悩んだ際にとても役立つサイトといえるでしょう。

 

事例④ freee(フリー)

freee(フリー)は、独立を考えている人や個人事業主向けのコンテンツを多く配信しているのが特徴的。開業届の書き方や青色申告書の手続きなど、今まで会社員だった人が知らない開業事情を多く配信しています。一部有料会員しか見られないコンテンツやホワイトペーパーの掲載を行うことで、関係性の強い顧客獲得にも力を入れています

 

事例⑤ サイボウズ

サイボウズは、自社の紹介というよりも働き方や生き方に関するコンテンツを多く発信しています。特に多様性に関するコンテンツは誰もが経験したことがある悩みを扱っていて、興味を引くものになっています。「サイボウズのことを全く知らない人にサイボウズを好きになってもらう」というテーマで作られたコンテンツは、新規顧客を獲得できるような興味深い内容が多いといえるでしょう。

 

【採用】コンテンツ制作の成功事例

【会社名】 【コンテンツ名】
LINE株式会社 LINE
株式会社メルカリ mercan(メルカン)

 

事例① LINE

LINEは、新卒・新入社員が入社したという記事やLINEで働く理由など、実際に会社の中のことを知れるコンテンツが豊富なのが特徴的です。インタビュー形式で記事が構成されているため、より生の声を聞けるコンテンツになっています。

 

事例② mercan(メルカン)

mercanもLINEと同様社内の様子を知れるコンテンツを配信していますが、ハッシュタグを付けてコンテンツを管理しているのが特徴的。特に「メルカリな日々」というハッシュタグは、実際にメルカリが外部で行った取り組みや社内インタビューなどを複数の写真とともに紹介し、メルカリが行なっている事業のことを詳しく知ることができます。他社との違いをしっかり把握してからエントリーしたい、という人に役立つコンテンツになっているでしょう

 

成功しているコンテンツの特徴と制作プロセス

ここでは事例を参考に、実際にコンテンツを制作する上で意識するポイントを紹介します。

 

ユーザーの目に留まる、強いコンテンツ制作|ポイントと方法を解説!

 

目的やゴールを明確に設定する

まずは、目的やゴールを明確にすることです。前章で紹介した事例サイトは「入学者数を増やしたい」「商品やサービスに興味を持つ顧客を増やしたい」などコンテンツを作る目的がはっきりしています。

このように何のためにコンテンツを作成するのかをしっかり定めておくことで、ユーザーの悩みを解決できる質の良いものを作成できるのです。また、コンテンツは作成して終わりではなく、リライトを繰り返してさらによいものにしていくものなので、軸がしっかりしていないとリライトしていくうちに中身がないコンテンツになってしまいます

そうなると、「顧客の興味を引く」「悩みを解決できる」といったコンテンツから遠ざかってしまうため、しっかりゴールを決めてから作成に励みましょう。

 

ペルソナの設定

次に、ペルソナの設定をしましょう。ペルソナとは、そのサイトを訪れる仮想顧客のことを指します。ここでポイントとなるのが、年齢や性別だけではなく、家族構成や性格などを細かく設定することです。

WEBコンテンツは、実際に顧客と話してサービスを提供できるものではないため、仮想の顧客をしっかりイメージすることで、実際に接客しているようにユーザーの悩みに寄り添えます

悩めるユーザーに実際に手を差し伸べているようなコンテンツを作成することで、顧客からの信頼を獲得できるのです。

 

ペルソナの行動を整理する

ペルソナの設定が終わったら、実際にそのペルソナがどのような経緯で検索に至ったかを整理しましょう。行動を分析し、整理することで、ペルソナの気持ちや悩みをしっかり把握できます

例えば、ベンチャー企業の社長が「中途採用 教育」と検索したとしましょう。「会社設立から2年経ち、中途採用をたくさん入れてきた。しかし、中途採用を教育する人がおらず、人が増えてばかりで成果が上がっていない。このままだと新卒採用に手を出せず、更なる成長が見込めない。中途採用を教育する良い方法が知りたい」といった経緯があったと想定します。

このように実際にペルソナの行動を分析することで、どのような見出し構成でコンテンツを作成するのがよいかを考えられるのです。単純に検索したユーザーを想定するのではなく悩みが深い顧客に向けてのコンテンツ制作を意識すると、ボリュームのある内容の濃い記事を作成できます。

 

キーワードを調査・設定する

続いて、キーワード調査を行いましょう。メインキーワードの検索ボリュームやサジェストキーワードを調べることが大切です。特にサジェストキーワードは、ユーザーの悩みを把握するのに役立ちます

例えば、メインキーワードが「イエベ」だったときのサジェストキーワードが「イエベ メイク」「イエベ 似合わない色」だったとします。この場合、メイク方法や、似合う色だけではなく似合わない傾向にある色を知りたい人がいることを把握できます。

キーワード調査を行うことで、ユーザーに刺さる内容のコンテンツを作成できるため、しっかり調査することが大切です。

 

しっかりと競合を分析する

キーワード調査が終わったら、競合サイトを分析することが大切です。メインキーワードで検索して、上位10サイトほどの比較をしましょう。このとき大切なのが、上位と下位の違いをしっかり分析することです。

1位と10位とを比較することで、どのような内容をユーザーが望んでいるかを把握できます。自身のコンテンツをよりよくするためにも、上位の分析だけではなく、下位の分析をしっかり行うことを意識しましょう。

 

効果を測定して改善案を考える

コンテンツは作成したら終わりではなく、効果を見ていくことが大切です。実際に作成したものを見て、アクセス数が伸びなかったり検索順位が上がらなかったりしたら、適宜改善していく必要があります

記事の場合は、Googleから評価されるためにもリライトは必須となるため、ユーザーの悩みを定期的に分析し、情報の更新に励みましょう。

 

コンテンツマーケティング成功の重要なポイント

 

最後に、コンテンツマーケティングを成功させるために重要なポイントを紹介します。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを通してユーザーとコミュニケーションを行うマーケティング手法のことです。顧客が興味を持つような情報を発信し、見込み顧客を獲得し、さらにその顧客を優良顧客まで持っていく手法になります。

記事や画像、動画だけではなく、セミナーや説明会などもコンテンツマーケティングの一つに含まれます。

 

企業全体での協力体制

コンテンツマーケティングを行う上で意識しておきたいのが、すぐに成果は出ないということ。そのため、短期的に結果を測定するのではなく、中長期的な視点を持つことが大切です。

こうした姿勢でマーケティングに励むためには、企業全体での協力が必要不可欠といえます。部下が作成したものを上司が長い目で見ることが重要なのです。企業全体で協力しながら、マーケティングを行なっていくということを各々が意識して取り組むことが成功の秘訣といえるでしょう。

 

継続し続けること

上でも少し述べましたが、コンテンツマーケティングはすぐに成果が出ないものです。また、一度作成したコンテンツが永久的に評価されるわけではないので、定期的に情報収集し、内容を修正し続ける必要があります。

誰でもコツや方法を把握すればできるマーケティング方法ですが、短期的な成果を見込めるものではなく、継続が大切であることを頭に入れておきましょう。

 

コンテンツ制作サービスを利用する

ここまでコンテンツマーケティングについて紹介してきましたが、どのようなコンテンツがユーザーに役立つものになるかいまひとつわからないという人は、コンテンツ制作サービスを利用するのがおすすめです。実際にコンテンツ制作のプロに作成してもらえるため、依頼内容をしっかり伝えることで質のよいものを作成してもらえます

 

コンテンツ制作にはコンテンツ制作サービスもおすすめ

コンテンツ制作を行うことで、多くのメリットがあるとわかったものの何から始めたらよいかわからないという人には、コンテンツ制作サービスもおすすめです。以下では、コンテンツ制作サービスについて詳しく紹介していきます。

 

コンテンツ制作におすすめの会社・サービス10選!外注のメリットは?

 

コンテンツ制作サービスとは?

まず、コンテンツ制作サービスとは、SEOの知識があるプロにコンテンツ制作全般を任せられるサービスです。ホワイトペーパーや記事、動画などさまざまなコンテンツを作成してもらえます。すべてを依頼するのではなく、できないことのみ依頼することでコストを抑えてコンテンツを制作してもらえるでしょう

 

コンテンツ制作サービスを利用するメリット

コンテンツ制作サービスを利用するメリットは、プロに制作を依頼できるため、質の高いコンテンツを手に入れられるということです。コンテンツは広告と異なり、一度作成してサイト上にアップすれば、半永久的に集客効果を発揮するものなので、自社の資産になるのです。定期的なリライトや修正は必要ですが、集客システムを手に入れられるのが大きな魅力といえます。

 

また、社内リソースに影響を与えないというのも利点の1つ。自身の業務と並行しながらコンテンツ制作を行うのは大きな負担になるため、外部に依頼することで他の業務をしっかり進めながらコンテンツを得られます。

 

おすすめのコンテンツ制作サービス

最後におすすめのコンテンツ制作サービスを2つ紹介します。1つ目は、ホワイトペーパーや記事作成を依頼できるコンテンツファクトリーです。4コマ漫画や動画の作成も依頼できるため、リッチコンテンツを作成したい人にもおすすめといえるでしょうまた、工程をマニュアル化して工場のような仕組みでコンテンツを制作してもらえるため、安価に依頼できるのもメリットといえます。

 

コンテンツ制作は成功事例を参考にしよう

成功事例で挙げたサイトがターゲットとしているユーザーはさまざまですが、どれもユーザーのことを思って作成していることがわかるサイトでした。

WEBコンテンツは、インターネット経由でしか顧客とコミュニケーションを取れないため、ユーザーの悩みを深く分析することがとても大切といえます。そうすることで、顧客の悩みを解決できるようなコンテンツを作成できるため、まずはペルソナを設定し、その行動分析に力を入れてみるとよいでしょう。

質のよいコンテンツがよくわからないという人は、一度コンテンツ制作サービスを使ってプロに作成してもらうのもおすすめです。ユーザーの役に立つコンテンツを制作するためにも、自分に合った方法で作成してみましょう。

RELATED

関連記事はありません

RANKING