services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

「コンテンツ」とは?正しい意味を理解して効果的なコンテンツ制作を

はじめに

新規顧客獲得や、既存顧客をリピーターやファンへ育成するのに役立つ「コンテンツ」。コンテンツを作成する意味をしっかりと押さえることで、ユーザーの心に刺さるものを制作できるでしょう。

 

しかし「なぜ良質なコンテンツを作成する必要があるのか」「ユーザーにとって質の高いコンテンツとは何なのか」疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は良質なコンテンツを作成する意味や、ユーザー・検索エンジンから良質だと判断されるコンテンツの特徴について紹介していきます。最後には外部へコンテンツ制作を依頼するメリットなどについても解説していくため、自社で作成するか迷っている人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

「コンテンツ」の言葉の意味は?

まずは、コンテンツの言葉の意味について解説していきます。

 

コンテンツとは?言葉の意味を解説!

contents(コンテンツ)とは、中身や情報という意味を持ちます。漫画やアーティストの写真などのアナログコンテンツからWEBコンテンツまで、私達の周りには多くのコンテンツがあふれています。

 

特に今はSNSやインターネットが生活に欠かせなくなってきたり、コロナウイルスの流行でアナログコンテンツの利用が減ってきているため、WEBコンテンツに注目が集まっているといえるでしょう。情報を提供する側も多くの情報があふれてきている中、自社の情報に目を向けるための努力が必要になってきています。

 

WEBコンテンツとは?

コンテンツの中でも、「WEB上に公開されている情報全て」のことをWEBコンテンツと呼びます。文章のみで構成された記事タイプのものから、動画やホワイトペーパーなど多くのものがWEBコンテンツに含まれるのです。

 

また、記事や動画といった一種のコンテンツではなく複数のコンテンツを融合させたリッチコンテンツが話題を集めています。テキストとイラストで構成された画像や動画をうまく活用することで、視認性が高まるだけではなくSNSでシェアされやすいコンテンツになるというメリットもあるでしょう。多くの情報があふれている中、他社との違いをどのようにアピールするかが企業に求められる課題といえます。

 

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、WEB上のコンテンツを利用してマーケティングを行うことです。ここで押さえておきたいのが、コンテンツマーケティングの目的はファンを獲得すること。ファンを獲得するためには、爆発的にアクセス数が伸びるコンテンツを提供することも大切ですが、ユーザーの悩みを解決するコンテンツを定期的に発信していくことも重要です。

 

ペルソナ分析や競合サイトのリサーチをしっかりと行って「〇〇について知りたいときは、このサイトを訪問しよう」という認識をユーザーに持ってもらえるようなコンテンツ制作を意識することが重要といえます。

 

コンテンツの意味や使い方を理解すべき4つの理由

良質なコンテンツを作成すべき理由を把握することは大切です。以下では、コンテンツ制作を行う上でおさえておきたいポイントやコンテンツ制作を行う意味について解説していきます。

 

数え切れない情報量があふれる時代背景

質の高いコンテンツ制作を行うべき理由は、ネット上に多くの情報があふれているからです。誰でもコンテンツを作成できるような時代になったからこそ、WEB上には多くの情報が存在しています。その中には曖昧なものだけではなく、誤ったことを記載しているコンテンツもあるのが事実です。

 

こうした誤情報があふれていることもあり、質の高い正しい情報を届けることは大切といえます。エビデンスに基づく真の情報を提供していくことで、ユーザーからの信頼を獲得でき、サイトを定期的に訪れてくれるファンを育成できるでしょう。

 

正しいコンテンツを提供しないと意味がない

多くの情報があふれているからこそ、ユーザーニーズを満たすコンテンツを提供していくことが大切です。検索しても知りたい情報を得られないコンテンツばかりだと、ユーザーの貴重な時間を奪ってしまいます

 

そのためコンテンツを制作する上では、顧客分析をしっかりと行いユーザーが何を知りたいのかを押さえることが大切です。顕在ニーズだけではなく潜在ニーズを満たすコンテンツ制作ができれば、ユーザーの心をつかめます。多くのコンテンツがあふれているからこそ、ユーザーの悩みは何かを徹底的に分析することで、他社とは違う価値のあるコンテンツ制作ができるでしょう

 

コンテンツをうまく活用することで利益や集客につながる

質の高いコンテンツ制作をし、そのコンテンツを活用していくことで集客効果を発揮したり利益をもたらすことがあります。コンテンツは一度作成したら終わりではなく、何度も情報を更新し、ときには異なる情報に修正することが大切です。このように更新を繰り返していくことで、ユーザーの悩みを解決する真のコンテンツを作成でき、多くのユーザーを呼び込むことができるでしょう

 

また、作成したコンテンツをSNSで引用して宣伝したり、違った形で掲載することで、新規顧客獲得にも役立ちます。SNSは一度拡散されると多くの顧客との接点になるため、今まで自社に興味を持っていなかったユーザーとも出会える上に、商品やサービスを購入してもらえる可能性も増えるでしょう。このようにコンテンツはうまく活用することで、新たな顧客との出会いや利益をもたらしてくれるものといえます。

 

コンテンツにより、大手企業一強ではなくなる

最後に、良質なコンテンツを制作できれば大手企業ではなくても、ユーザーの目に留まる可能性があることが挙げられます。現在は洗剤を購入するなら〇〇、車を購入するなら▲▲とユーザーの中で大手企業のイメージが強い傾向にあります。

 

しかし、WEBコンテンツをうまく利用できればユーザーの持つ固定観念を崩すことができるのです。しっかりとユーザーニーズを把握してコンテンツ制作を行うことで「いつも〇〇の商品を購入していたけど、ここの企業の記事をよく見ているから次はこれを購入してみよう」とユーザーに新たな選択肢を与えられます。多くの人がSNSやインターネットを使って情報を調べるようになってきたからこそ、コンテンツの力を借りて自社のPRを積極的にできるようになってきたのです。

 

「良質なコンテンツ」制作のポイント

ここでは、良質なコンテンツを制作するポイントを紹介していきます。

 

ユーザー・検索エンジン両方にとって良質なコンテンツが重要

コンテンツ制作をする上で、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても有益なコンテンツであることが重要です。ここでは、それぞれにとってどういったコンテンツが有益かについて解説していきます。

 

ユーザーにとっての「良質なコンテンツ」とは

まず、ユーザーにとって良質なコンテンツとは、単純に知りたいことを知ることができるコンテンツです。「結婚式 服装」と検索したのに、結婚式という文化がいつから始まったのか、結婚式のマナーなどが検索結果に表示されると、ユーザーは不満を感じるでしょう。このように、検索したことに対して適切な答えが返ってこないと、ユーザーはこのサイトを再び訪れたいとは思いません

 

こうした事態を防ぐためにも、検索したことに対してしっかりと答えているコンテンツが良質なコンテンツといえます。良質なコンテンツを作成するポイントは以下の章で詳しく解説しているため、気になる人はぜひ参考にしてください。

 

検索エンジンにとっての「良質なコンテンツ」とは

検索エンジンにとって良質なコンテンツであるという定義は様々ですが、「ユーザーにとって興味を感じる内容か」「オリジナリティがあるか」「誤字や脱字がない分かりやすいコンテンツになっているか」などが挙げられます。

 

こうした定義だといまひとつ判断しにくいですが「コンテンツ上に長居してくれていたか」「何度もサイトを訪問してくれているか」などを判断基準とすると、分かりやすいでしょう。ユーザーが興味を感じているか、面白いと感じているかを知るのは困難ですが、コンテンツに滞在していた時間やアクセス履歴などはツールを使うことで分析ができます。Googleにとって良質なコンテンツであると判断された場合、検索順位が上がるため、検索エンジンからの自然な流入を見込めるでしょう。

 

ユーザーに質の高い情報を届けるためにも、Googleからの評価を上げることは重要といえます。

 

良質なコンテンツ制作のポイント

次に、良質なコンテンツを制作するポイントを紹介していきます。

 

間違った情報を記載しない

まずは、間違った情報を記載しないことが重要です。誤った情報を一度公開してしまうと、ユーザーからの信用が下がってしまいます。また誤情報を掲載している会社であるとSNSで拡散されてしまうと、自社のことを知らない人にも悪いイメージを持たれてしまうでしょう

 

WEBコンテンツはすぐに修正できるというメリットを持ちますが、一度WEB上に公開してしまうとスクリーンショットをされたり、その情報を拡散されてしまう可能性もあります。一度失った信用を取り戻すのは難しいため、ファクトチェックなどをしっかりと行い、情報が正しいかをチェックすることが重要です。

 

ユーザーのゴールが達成される内容にする

最初に決めたゴールを達成できるコンテンツになっているかどうかも大切なポイントといえます。そのため、コンテンツを読むことでユーザーが悩みを解決し、次の行動に移せるような内容になっているかをチェックしましょう

 

また、複数の記事にアクセスしないと知りたいことを知ることができないコンテンツはユーザーに好まれません。ユーザーだけではなく、検索エンジン上でも低い評価となってしまうため、1記事で完結するようなコンテンツ制作を意識するのが大切といえます。

 

競合サイトをしっかりとリサーチする

コンテンツを制作する上で、競合サイトをしっかりとリサーチすることも大切です。コンテンツは作成したことをSNSなどで告知して、ユーザーに情報を届ける方法もありますが、Googleの検索順位を上げることも大切です。そのために、検索エンジン上でキーワード検索をし、上位サイトを徹底的に分析しましょう。

 

分析が終わった後は、競合サイトで紹介されている見出しなどを参考にして構成案を作成します。上位サイトはメインキーワードだけではなくサジェストキーワードもナチュラルに見出しに入れ込んでいる傾向にあるため、参考に見出しを作成するのがおすすめです。

 

オリジナルの内容を入れることも重要

競合サイトを分析して、コンテンツを作成することは大切ですが、オリジナルの内容もしっかりと入れましょう。検索順位を意識するあまり上位サイトの寄せ集めのようなコンテンツになってしまうと、ユーザーからもGoogleからも高評価を得られません。

 

専門家にインタビューしたり、動画や効果的な画像を活用して他のコンテンツとの違いをアピールすることが大切です。悩みを抱えたユーザーの心に刺さるコンテンツにするためにはどのような内容にすればよいか、しっかりと考えるのが重要といえます。

 

効果測定・改善を行う

コンテンツを制作したら、効果測定をして改善していくことが大切です。どのようなキーワードでコンテンツ内に流入しているのか、どこの部分に長時間滞在しているのかなどをツールを使って分析することで、よりユーザーに役立つコンテンツにしていくことができるでしょう。

 

コンテンツは作成して終わりではなく、定期的に情報を更新していくことでより質の高いものになっていきます。一度も修正せずにコンテンツを放置しているとGoogleからの評価も下がってしまうため、定期的に分析して情報を更新していくことが重要といえるでしょう。

 

コンテンツの制作方法

ここでは、コンテンツを制作する方法を3つ紹介していきます。どの方法で作成するとしてもメリットやデメリットがあるため、社内の状況を考えて最もよいものを選んでください。

【作成方法】 【特徴】
社内で作成 ・情報をしっかり入れられる

・社員の負担になってしまうことが多い

クラウドソーシングで依頼 ・低コスト、短い納期で依頼可能

・クオリティが担保できない

コンテンツ制作会社に依頼 ・良質なコンテンツを作成してもらえる

・実績のある人に依頼する場合は、コストがかさむ

 

社内で制作する

1つ目は、社内で制作するという方法です。自社でコンテンツを制作するメリットは、情報をしっかりと入れられることです。掲載したい情報に詳しい人が作成をすることで、専門性の高いコンテンツを作成できるでしょう。また、人件費のみで作成ができるため、大幅なコストをかけずにコンテンツを制作できるのも大きな利点といえます。

 

一方で、通常業務と並行して行う場合、社員にとって大きな負担になってしまうのが難点といえるでしょう。残業が必須になってしまったり、いつもの業務がうまく回らなくなると元も子もありません。社内リソースに余裕がない場合は、社内以外に作成を依頼するのがベターといえます。

 

クラウドソーシングで依頼する

2つ目は、クラウドソーシングで依頼をすることです。クラウドソーシングは、クラウドワークスやランサーズなど、フリーランスのクリエイターやライターにコンテンツ制作を依頼できるサービスを指します。

 

クラウドソーシングを使うメリットは、短い納期・コストでコンテンツ制作を依頼できることです。指定した納期で納品できる人を募集できるため、旬のコンテンツを作成したい場合にはおすすめといえます。一方で、希望するクオリティのコンテンツを作成してもらえない可能性があるのが難点。スキルや実績などを確認できますが、期待しているクオリティのコンテンツが納品されない可能性があるため、こまめにコミュニケーションをとることが重要といえます。

 

コンテンツ制作会社に外注する

3つ目は、コンテンツ制作会社に外注する方法です。知識やノウハウ、実績があるプロにコンテンツ制作を依頼できるため、質の高いコンテンツを作成してもらいたい場合におすすめといえます。

 

一方で、実績のある会社や個人に依頼する場合、コストがかかってしまうのが難点です。様々な会社に見積もり依頼をして、かけられる経費とクオリティを考えて作成を頼む会社を決めるとよいでしょう。

 

コンテンツ制作なら「コンテンツファクトリー」がおすすめ!

コンテンツ制作をどこの会社に頼むか迷っている場合は、コンテンツファクトリーに依頼をするのがおすすめです。ここでは、コンテンツファクトリーの魅力について説明していきます。

 

制作会社に依頼するメリット

上記でもコンテンツ制作会社に依頼するメリットを紹介しましたが、社内リソースに影響を与えないことは大きな魅力といえるでしょう。通常業務と並行してコンテンツ制作をする場合、社員は大きな負担を抱えてしまいます。長時間の残業や通常業務が滞る可能性があるため、業務がうまく回らなくなってしまうことも。

 

そうした懸念がある人は、コンテンツ制作会社を利用するのがおすすめです。数回の打ち合わせで良質なコンテンツを作成してもらえるため、大きな負担を抱えずに達成ができます。

 

「コンテンツファクトリー」の特徴

コンテンツファクトリーの大きな特徴は、一般的な記事タイプのコンテンツだけではなく、動画や4コマ漫画などの作成もしてくれることです。また、作業工程をマニュアル化しているため、安価に作成してもらえるのも大きな魅力。

 

競合サイトとの違いをアピールしたいため、動画や漫画を交えたリッチコンテンツを作成したいという人におすすめといえます。

 

これまでの実績

最後に、コンテンツファクトリーの今までの実績を2つ紹介していきます。1つ目は株式会社ダブルエースへ提供した動画です。株式会社ダブルエースは他社からコンテンツファクトリーに依頼会社を変えたところ、費用を抑えてクオリティの高い動画を作成してもらえたとのことでした。工程をマニュアル化することで、大幅なコストカットに成功した事例といえるでしょう。

 

2つ目は、大手金融業界への記事制作です。監修者付きの記事を制作したところ、検索順位が上がり、トラフィックを増やすことができたとのことでした。SEO対策についても知見があるプロに執筆してもらえたからこその成果といえるでしょう。

 

コンテンツファクトリーは、資料請求やオンライン相談にも対応しているため、気になる人は一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

インターネットやSNSがユーザーの生活に根付いてきて、多くのコンテンツがあふれているからこそ、質の高いコンテンツを作成することが大切です。コンテンツを作成する意味をしっかりと考えて制作に励むことで、ユーザーが満足するようなものを作成できるでしょう。

RELATED

RANKING