services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツ制作で記事作成を行う手順を紹介!外注時のポイントも

はじめに

新規顧客の獲得やリピーターを増やすために役立つ「WEBコンテンツ」。その中でも、記事タイプのコンテンツは初心者でも作成しやすい傾向にあります。

しかし、記事作成の方法やおさえるべきポイントがよくわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、記事作成の手順や注意すべき点について詳しく紹介していきます。記事作成を外部委託する場合のポイントも解説しているため、最後までお読みいただき自社の記事作成に役立ててください。

 

コンテンツ制作とは?

まずは、コンテンツ制作について解説していきます。

 

コンテンツ制作における記事作成とは

コンテンツ制作と一口にいっても、コンテンツには記事や動画などさまざまな種類があります。その中でも記事制作は方法とコツさえ掴めば、手が出しやすいものといえます。

一方で、方法やコツをおさえずにむやみに作成してしまうと、企業のイメージダウンにつながりかねません。比較的誰でも容易に制作できるものの、一歩間違えれば既存顧客を失いかねないWEBコンテンツの一つといえるでしょう。

 

コンテンツ制作における記事作成の手順

【内容】 【詳細】
ユーザーニーズの分析と理解 主題の理解や3C分析。SNSなども利用する
記事で伝えたいことの整理 ゴールを設定することで、ユーザーの心に刺さるコンテンツになる
導線設計 ユーザーが閲覧しやすい流れになるように意識する
キーワード選定 ユーザーの悩みを考え、コンテンツのキーワードを考える。

ここでは、記事を作成する上で大切な手順を紹介していきます。

 

ユーザーニーズの分析と理解

まずは、記事の土台となるユーザーニーズの分析と理解について詳しく紹介していきます。

 

記事の主題となるものの理解

最初に記事のメインとなるものをしっかり理解しましょう。キーワードの検索ボリュームやサジェストキーワードを調査することで、メインキーワードについて理解を深めることが大切です。

ここでメインキーワードに関する情報をしっかり整理することで、ペルソナの設定を円滑に行えるため、さまざまなツールを使ってよく調査しましょう。

 

3C 分析

コンテンツ制作にあたり、3C分析も大切です。3Cとは、Customer(顧客)、Company(自社)、Competitor(競合)の3ワードの頭文字をとった言葉になります。顧客分析は、実際に記事を読む顧客の悩みやニーズを分析することです。

読み手側の要望をしっかり考えることで、深みのある記事を作成できます。自社に関しては、そのユーザーの悩みに応えるためにどのようなアプローチができるのかを考えるのが大切です。例えば、自社がSNS運用に力を入れているのであれば、InstagramやTwitterなどを駆使して情報を発信していくのがよいでしょう。新しいことに積極的にチャレンジすることも大切ですが、今行っていることにさらに力を入れていくという戦略もおすすめといえます。

最後に競合分析は、メインキーワードを検索して上位にくるサイトを分析することです。検索エンジンで上位に表示されることは、多くのユーザーと出会うために欠かせません。そのために競合サイトが何を扱っているのか、見出しやタイトルにはどのような工夫が見られるのかを調べましょう。上位サイトと下位サイトを比較することでわかることもあるため、最低でも上位10サイトは見るのがおすすめです。

 

SNS等も駆使して調査を行う

インターネット上だけではなく、SNSでも情報収集をしていきましょう。昨今は、InstagramやTwitterが活発に使われるようになったため、インターネットだけではなくSNSにより情報をゲットするユーザーが増えています。

そのためメインキーワードをSNS上で検索して、顧客がどのような悩みや要望を持っているのかを知るのも1つの手です。商品やサービスを紹介する場合は、商品名+おすすめというキーワードで検索すると、実際に利用したユーザーの生の声を聞ける傾向にあります。

メインキーワードに応じてサジェストキーワードを工夫しながら検索することで、より有益な情報を手に入れられるでしょう。

 

作成した記事を通じて何を伝えたいかの大まかな流れを整理

ある程度リサーチが終わったら、記事を通して何を伝えたいのかを決めましょう。記事を読んだ後ユーザーがどのような状態になることがゴールかをしっかり決めることで、軸が通ったコンテンツ制作ができます

例えば「パソコン 故障」というキーワードで記事を作成する場合「パソコンが故障した人が、何かしら行動して、パソコンを使える状態になる」というゴールを設定したとします。このようにゴールを設定したとしたら、パソコンが故障するときのサインだけではなく、部品販売サイトやおすすめ商品の紹介も記事内に載せる必要があるという意識を持てるでしょう。

読み終わった後ユーザーが何を考え、どのように行動するかを想定して記事を作成することがポイントといえます。

 

導線設計の考案

ゴールを決めたら、導線を考えていきましょう。どのような流れでユーザーをゴールまで連れていくかを、しっかり考えることが大切です。この流れがうまく設定できていないと、ユーザーは読みづらさを感じてしまい、記事から途中離脱してしまいます

専門性の高いコンテンツを作成したとしても、顧客に最後まで読んでもらえなくては意味がありません。競合サイトを分析して、導線を考えることが大切といえるでしょう。

 

メインキーワードの選定

ここでは、記事のメインキーワードを選定する上で大切となる5つのポイントを紹介していきます。

 

ユーザーの検索意図を理解する

まずは、ユーザーの検索意図を理解することです。例えば「結婚式 おしゃれな服装」というキーワードで検索するユーザーがいたとします。「以前知人の結婚式に行ったときに、自分の服装が少し地味だった」→「今度の6月に招待された結婚式は、昔好きだったAくんが来るらしい」→「Aくんに声をかけたいから、おしゃれでかわいいドレスで行きたい」→「『結婚式 おしゃれな服装』で検索した」という流れがあったとします。

こうした検索意図があったと想定した場合、おしゃれなドレスだけではなく、おすすめヘアスタイルなども紹介することでユーザーのモチベーションを高めることができるでしょう。このように検索意図を理解することは、質のよい記事を作成するためにも重要になってきます

 

キーワード候補を洗い出す

次に、キーワード候補を何個かピックアップしましょう。初めて記事を制作する人が陥りがちなのが、最初にメインキーワードを1つだけに絞ってしまうということです。最初に1つに決めてしまうと、リサーチをしていくうちに違うキーワードがよいと思っても対応できず、ユーザーのニーズとズレた記事が出来上がってしまいます

このような事態を防ぐためにも、4〜5個ほどキーワード候補を用意しておくとよいでしょう。複数のキーワードを用意しておくことで、SNSやインターネット上で調べていくうちに、最もユーザーニーズにあうメインキーワードを決められます。

 

キーワードを絞り込む

キーワードのピックアップが終わったら、ワードを絞り込んでいきましょう。最も検索ボリュームが大きいものから記事作成をしていくのもよいですが、サイトへ流入しているユーザーに一番刺さるワードで作成するのがおすすめです。

一般的に受けのよいキーワードで作成してしまうと、オリジナリティーが出しづらい傾向にあります。そのため、自社の強みを生かしつつ顧客の悩みを解決できるようなワードで作成するのが好適といえるでしょう。

また、季節性のあるキーワードで作成する場合は、作成から公開までかかる行程を考えて取り掛かるのがベター。例えば、冷感敷パッドを紹介する記事を作成したい場合は、ユーザーが手に取り始める6月には公開したいので、少なくとも4月には取り掛かるのがおすすめです。旬を逃さずに読者へ情報を届けるためにも、スケジュールを考えてキーワードを決めるのもよいでしょう

 

競合を調査する

メインキーワードがある程度決まったら、競合サイトを調査しましょう。検索エンジンを使って上位10サイトほどを分析することが大切です。タイトルや見出しはどのような表現を使っているか、記事の流れなどをしっかりチェックしましょう。また、競合サイトを分析するときに意識したいのが企業目線ではなく顧客目線。

初めて記事を見る人の立場に立って、どのような情報があるとより満足感を味わえるのかを考えながら競合サイトをチェックすることで、自社の記事にも生かせるでしょう。競合の分析が終わったら、全てを真似するのではなく自分がユーザーだったらどのような情報が入っているとわかりやすいかなどを考えながら、構成を考えていくのがおすすめです。

 

テーマとなるキーワードの決定

競合サイトの分析が完了したら、テーマとなるメインキーワードを決定しましょう。このキーワードをもとに記事の執筆をしていくため、分析した結果をしっかり整理して確定させることが大切です。

 

【記事作成から公開まで】コンテンツ制作における記事作成の手順

ここでは、コンテンツ制作の手順について紹介していきます。

 

記事構成の作成

まずは、記事の構成を決めましょう。事前準備としてキーワード調査や競合分析が済んでいるため、これらを生かして構成を考えていきます。ここで大切になるのが、サジェストキーワードから把握したユーザーの潜在的なニーズを入れ込むことです。

顕在的ニーズだけではなく、顧客も自分で理解していないような潜在的ニーズも満たすコンテンツを制作することで、ユーザーの心を掴めます。構成の段階でユーザーの潜在的な悩みを解決できるような情報をどこに入れるのかを考えておくことで、中身の濃い記事を作成できるでしょう

 

ペルソナおよびゴールの設定

次に、記事を読む仮想顧客であるペルソナと、記事を読み終えたときのゴールを設定しましょう。実際に接客して商品やサービスを紹介するのと異なり、WEB上に公開された記事を読むユーザーと直接コミュニケーションは取れません

そのため、記事を読むペルソナを細かく設定することで、まるで接客しているかのような親しみのある記事を作成できます。このペルソナを設定するときは、年齢や性別だけではなく、価値観や理想の暮らしなど細かく決めることが大切です。

また、記事を読み終えたときのゴールを決めることもポイント。ユーザーが何を思い、どのような行動を起こすのがゴールなのかをしっかり固めることで、ブレのない記事を作り上げられます

 

タイトル

次にタイトルを決めましょう。タイトルは、ユーザーが最初に見る部分になるので、この記事を読むことで悩みを解決できると思えるような目をひくものにすることが大切です。

メインキーワードだけではなく、サジェストキーワードを盛り込むことで魅力的なタイトルになることもあります。最初に思いつかないのであれば、仮で設定しておき、記事を書き終えてから確定させるのもよいでしょう

 

リード(導入文)

次に導入文を作成しましょう。導入文はユーザーが最初に読む文章になります。ユーザーに共感し、この記事を読むと何がわかるのかを簡潔に説明することが大切です。記事の内容を要約しようと長文になり過ぎてしまうと、ユーザーが記事から離脱してしまうので、あくまでシンプルに伝えることを意識しましょう。

この導入文は、場合によっては本文を書き終えてからの方がスムーズに書けることがあります。うまくまとまらない場合は、最後に導入文を書くのもよいでしょう。

 

構成を頼りに本文を作成

次に、本文を書いていきましょう。本文を書く際には、同じキーワードが繰り返されていないか、語尾が連続していないかなどユーザーが読みやすい文章になっているかを常に意識することが大切です。

メインキーワードを意識するあまり、同じキーワードが何度も出てくると、顧客はしつこさを感じてしまいます。言い換えたり、時にはワードを省いてみたりしてメリハリをつけることがポイントです。また、語尾が連続してしまう場合は一度考えた文章を読み上げてみるとよいでしょう。話すのが得意な人は、実際に声に出して読むことでリズムのよい文章を紡げます

 

まとめ(結論)

本文が書き終わったらまとめを書きましょう。まとめは、この記事を読んでわかったことを簡潔に要約することがポイントです。ユーザーに記事で伝えたかったことを再度アピールすることで、顧客の記憶に残りやすくなります

顧客の心に残る記事になれば、再度サイトを訪問してくれるようなファンも獲得できるため、要点をしっかりおさえて、この記事のゴールをユーザーに伝えるようにしましょう。

 

編集・校正・校閲

記事を書き終えたら、編集・校正・校閲の作業に移りましょう。第三者の目で記事をチェックしてもらうことで、誤字や脱字のないコンテンツを作成できます。いくら中身がある良質なコンテンツを作成したとしても、誤字が目立ったり情報の整合性が取れていなかったりすると記事の信頼性が薄れてしまいます。

時間をかけて作った優れたコンテンツをユーザーに届けるためにも、編集・校正・校閲のステップは欠かせません。

 

公開

全てのステップが終わったら、記事を公開させましょう。記事を公開させたら、SNSやWEBサイト上でユーザーに告知することが大切です。検索順位が上がるには少し時間がかかるため、さまざまな媒体で記事をアップしたことを伝えるようにしましょう。

 

コンテンツ制作として記事作成を行う際のポイント

ここでは、記事作成を行うポイントを紹介していきます。

 

コンテンツ制作で重要なのは質と量

まず、おさえておきたいのが量より質が大切ということです。以下では、なぜ質が大切なのかを詳しく紹介していきます。

 

良質なコンテンツを量産する

記事作成で大切なのが良質なコンテンツを制作することです。初めて記事を作成する人に多いのが、とにかくたくさんの記事を短時間で作成しようとすること。ユーザーの悩みを解決できるような記事が量産できればよいですが、良質なコンテンツは簡単には作成できません。

短時間で作成した記事は顧客分析や競合サイトのリサーチが足りていないことが多く、結局ユーザーにとって役に立たないコンテンツになってしまいます。こうした事態を防ぐためにも、まずは時間がかかってもよいので、しっかりステップを踏んで記事を作成していくことが大切です。慣れてくれば少しずつスピードアップもできるため、最初のうちはスピードよりも質のよい記事の作成を第一に考えましょう。

 

結論を先に書く意識を持つ

結論ファーストで文章を書いていくことも大切です。ダラダラと説明して、最後に結論を書くと、ユーザーが途中で離脱してしまう傾向にあります。この見出しを読めば何がわかるのかを最初に伝えることで、メリハリのある文章を構築できるでしょう

 

決定したペルソナに向けた記事を作成する

記事を書く際は、常にペルソナを意識することも大切です。記事作成に熱中してくるとどうしても企業目線になってしまったり、情報をまとめることに注力してしまったりと、本来伝えたい相手のことを忘れてしまいます

実際に対話ができないサービスであるからこそ、記事を作成する上でペルソナの存在を意識するようにしましょう。そうすることで、ユーザー目線を忘れずに記事を最後まで作り上げられます。

また、企画を考えていくうちに最初に想定したペルソナと違うイメージが湧き上がってきた場合は、途中でペルソナを変えるのもよいでしょう。その場合は、すぐに記事制作を再スタートするのではなく、きちんとペルソナを設定し直して、構成やタイトルに矛盾がないかをしっかり整理することが大切です。最後までペルソナと誠心誠意向き合う姿勢を崩さないようにしましょう。

 

カスタマージャーニーの見直し

記事を書いていく上で、カスタマージャーニーの見直しを適宜行うことも大切です。以下では、カスタマージャーニーについて詳しく解説していきます。

 

カスタマージャーニーを満たすコンテンツの配置を心掛ける

カスタマージャーニーとは、ペルソナの動きを時系列で見える化したものです。行動や思考、感情がこの動きに含まれます。記事を制作する上では、このカスタマージャーニーを常に意識することが大切。顧客が記事を読んでいく上で、どのように考え方が変わり感情が移っていくのかをイメージしながら執筆するようにしましょう

また、記事を読んで思考が変わるだけではなく、新たな行動に移れるのが良質なコンテンツといえます。習慣を変えたり、商品を購入したりと顧客の行動までアプローチできるような記事を制作することを意識しましょ。カスタマージャーニーを満たすことで、ユーザーの心を掴む中身の濃いものを作成できます。

 

カスタマージャーニーは変動するのでアップデートが必要

カスタマージャーニーは一度設定したとしても、適宜アップデートしていくことが大切です。ユーザーの気持ちや行動は常に変動していくものなので、顧客の動きに変化が見られた場合は、カスタマージャーニーも更新していくようにしましょう

記事を作成している途中で顧客に動きが見られた場合は、一度構成を見直し、どのような流れで何を伝えるのがよいかを整理することがポイントになります。ユーザーを無視して最初に設定したカスタマージャーニーに則って記事を作成しても、ゴールが見えないコンテンツができあがってしまいます。芯のあるものを作成するためにも、顧客の動きを敏感にキャッチしながら制作に励みましょう。

 

制作した記事がペルソナのニーズに応えているかの見直し

記事の執筆が終わったら、その記事がペルソナのニーズを満たしているかチェックしましょう。記事を書くことに熱中しすぎると、どうしても企業目線で商品やサービスを押し売りしてしまうような文章になりがちです。

いくら内容がユーザーニーズを満たしていたとしても、表現が押し付けがましい場合、顧客に受け入れてもらえません。そのため、執筆が終わったら一度冷静になってユーザー目線で記事全体をチェックすることが大切といえます。

 

制作したコンテンツのマンネリ化に気を付けよう

コンテンツ作成に慣れてくると、全体的に記事がマンネリ化しがちです。同じような記事だけで構成されているサイトだと、顧客へ刺激を与えられずせっかくファンになってくれた人が離れていってしまいます。

そうならないためにも、さまざまなテーマの記事を公開していくことが大切です。マンネリ化を防ぐ1つの手として、社内インタビューや研修の様子など会社の実態を伝えることがおすすめ。

現場にいる人の声がある記事にはリアリティがあり、自社に興味を持った人をさらに引きつけられます。コンテンツの内容に行き詰まったときは、今までとは異なるテイストの記事を投稿することも視野に入れるとよいでしょう。

 

1人で考えず、周囲からアイデアをもらうことも重要

記事を作成するにあたって、アイディアに行き詰まったときは、周囲の人に相談することも大切です。今まで作成した記事のターゲットや目的、今どのような点で悩んでいるかを話してみることで、さまざまなアドバイスがもらえるでしょう

場合によっては、違う部署の人に相談するのもおすすめです。商品開発部や人事部など記事制作に携わっていない人からは、異なる視点でアイディアをもらえるため、今までとは一味違う記事が作りたいときに話してみるとよいでしょう。

 

記事作成後も情報の更新は行うべき

記事作成をする上で大切なのが、情報の更新です。記事は一度作成したら終わりではなく、定期的に情報収集しアップデートしていきましょう。いつまでも古い情報が載っている記事は、ユーザーから見てもらえない上にGoogleからの評価も下がってしまいます

また、最新の情報を載せてくれないという印象を持たれてしまうと、企業の信頼も落ちてしまうでしょう。毎日更新するのは他の業務もあるため困難ですが、週に1度や月に1度など定期的に情報更新する習慣をつけることは大切といえます。

 

良質な記事作成を行うメリット

ここでは、良質な記事作成を行うメリットを紹介していきます。

 

検索エンジンから高い評価を受けられる

1つ目は、Googleから高い評価を受けられるということです。記事は作成するだけではなく、Googleに認識・評価されることが重要になってきます。高い評価を得られると、検索順位が上がり、ユーザーとの接点がより多くなります。この高い評価を得るためには、良質な記事の作成が重要です。

専門性や権威性のあるコンテンツをアップすることで、ユーザーに役立つものを公開しているとGoogleに認知してもらえます。専門性や権威性などよくわからないという人は、ひとまず顧客の悩みを解決できる記事になっているかということを一番に考えながら記事を作成することで、良質なコンテンツを作り上げられるでしょう。

 

SNSで拡散される等、次の集客につながる

2つ目は、SNSで拡散される可能性が高いということです。良質な記事は、SNSで情報が拡散されることが多く、その情報を見た新たなユーザーと出会えます。もともと自社に興味を持っていなかった人にも情報が届くため、新規顧客の獲得にもつながるのです。

全く接点がなかった顧客にも自社を知ってもらえるきっかけとなるため、ユーザーの興味をそそる良質な記事の作成はとても重要といえるでしょう。

 

企業のブランド力のアップにつながる

良質なコンテンツを作成することは、企業のイメージアップにもつながります。専門性の高い、ユーザーニーズを満たすコンテンツを量産できる会社だと認識してもらえれば、自社に対する信頼を高められるでしょう。

また、テーマを決めてたくさんの記事を更新していけば「〇〇が知りたいときは、このサイトを見よう」とユーザーの気持ちを常に自社へ向けることも可能です。このように良質な記事の作成は、企業のブランド力アップにもつながります。

 

コンテンツ制作におすすめの企画

ここでは、コンテンツ制作におすすめの企画を紹介していきます。

 

商品やサービスの詳細な紹介

まずは、商品やサービスの詳細な紹介です。新商品・サービスをいち早く紹介できるのが、WEBコンテンツの魅力。旧商品や他社商品との違いをユーザーにアピールできれば、興味を持ってもらえるでしょう

また、アイテムによっては実際に使っている様子などを写真で載せるのもおすすめです。使ったときの様子をイメージできるようなコンテンツにすることで、ユーザーの購買意欲を高められるでしょう。

 

自分たちだからこそ持っている専門的な情報

2つ目は、自社だからこそ知っている情報を載せることです。他社に負けない専門性の高いコンテンツを配信することで、ユーザーからの信頼を獲得できます。他のサイトでは紹介していないような情報を定期的に掲載していくことで、リピーター獲得にもつながるでしょう

 

知識・教育系のコンテンツ

3つ目は、知識・教育系のコンテンツです。専門的な情報と少し似ていますが、このタイプは初めて見る人にもわかりやすい言葉で伝えることが大切です。難しい言葉を使うと、少し興味を持ったユーザーが離れていってしまうこともあります。

写真やグラフなど、適宜見やすくなるような工夫をすることで、初心者でもわかりやすいような教育系のコンテンツを作成できるでしょう。

 

記事作成を外注するという方法も

記事作成をいざ行おうと思っても社内のリソースが足りないときは、外部へ委託するのも一つの手です。ここでは、外部へ委託する際におさえておきたいポイントを紹介していきます。

 

社内で制作するとクオリティは安定する

社内で記事を制作する大きなメリットは、記事のクオリティが安定するということです。外部へ委託すると同じ人に記事を作成してもらえない恐れがあり、その人の実績によりクオリティにバラつきが出てしまいます

一方、社内で行う場合は細かいトンマナなどを合わせて作成できるため、統一感のある記事を生み出せるでしょう。記事によってテイストや表現がバラバラだと、リピーターやファンの獲得が難しいため、リソースに余裕がある場合は社内で作成するのがおすすめといえます。

 

外部に記事作成を委託する方法も

記事作成を初めて行う場合や社内でコンテンツ制作を行う余裕がないときは、外部へ委託するのもよいでしょう。ここでは、委託先の違いを2つ紹介していきます。

 

記事制作会社の場合

まずは、記事制作会社に委託する場合です。こちらは、実際に実績のあるプロに記事制作を頼めるため、ある程度クオリティの高いコンテンツを作成してもらえるというメリットがあります。

一方でクオリティが担保されるものの、料金や時間がかかることも。制作会社によって料金や納期は異なるため、記事制作にかけられる費用や公開時期を考えて依頼するのがポイントとなります。

 

クラウドソーシングサイトの場合

クラウドソーシングでは、フリーランスのライターに記事制作を依頼できます。実際に案件を立てて条件を満たすライターに応募してもらう方法もあれば、スカウトしてライターへ仕事を依頼する方法もあります。

スカウト機能を利用すれば、実績やスキルがあるライターへ記事を作成してもらえます。短い納期でも対応してくれる人がいるため、なるべく早く記事作成をしてほしい場合にはおすすめといえます

一方で、人によって記事のクオリティが異なるのがデメリット。実績があるといっても、思ったような記事の仕上がりではなかったという場合もあるため、マニュアルなどを用意してあらかじめ記事のイメージを共有してから仕事をするのがおすすめです。

 

記事作成を外部委託した場合のメリット・デメリット

ここでは、記事作成を外部委託するメリット・デメリットを紹介していきます。

 

メリット

まずは、メリットについて紹介していきます。

 

最新のSEO知識と技術に基づいた高クオリティな記事を作成できる

1つ目のメリットは、最新のSEO知識に基づいたクオリティの高い記事を作成してもらえるということです。記事作成のプロに依頼することで、Googleから評価される良質なコンテンツを作成してもらえるでしょう。

社内でSEOに関する知識がない場合は、まずは1本依頼することで記事作成のポイントなどを分析することも可能です。

 

社内リソースに依存しない

2つ目は、社内リソースに依存しないということです。他の業務と並行しながらの記事作成は大きな負担になるでしょう

特にコンテンツ制作経験のない人が一から始める場合は、顧客や競合サイトの分析などにも時間がかかってしまい、自身の業務の進捗にも大きな影響をもたらしてしまいます。そのため、社内の業務に影響を与えずにコンテンツ制作を行えるというのは利点といえるでしょう。

 

デメリット

次にデメリットを3つ紹介していきます。

 

自社製品・サービスへの理解が社内制作の場合と比較して浅い可能性

1つ目は、自社の商品やサービスへの知識が浅い可能性があるということです。自社内では当たり前になっていることも、外部委託先へ伝わらず思うような記事が上がってこなかったというケースも少なくありません。

こうした事態を防ぐためにも、初めて依頼する場合はこまめにコミュニケーションを取ることが大切です。構成の段階で一度チェックすることで、認識のズレをある程度防げます。完成後にやり直しを頼むのは難しいため、商品やサービスに関する情報を適宜共有することが大切です。

 

望みのクオリティの記事が作成されるとは限らない

2つ目は、望みのクオリティにならない場合があるということです。特にクラウドサービスを使って記事制作を依頼する場合、人によってクオリティはまちまち。マニュアルを読まずに作成する人もいるため、想像と異なるコンテンツができあがることも少なくありません

クオリティをある程度担保するためには、実際に完成しているコンテンツを見本として掲示するのが一つの手です。そうすることで、委託先もイメージがつきやすく作成しやすい傾向にあります。お互いがゴールを見据えて仕事を進めるためにも、完成イメージの共有はおすすめといえるでしょう。

 

仕上がりにバラつきが出る可能性

3つ目は、仕上がりにバラつきが出る可能性があるということです。記事作成を外部へ委託する場合、同じ人に依頼し続けるのは難しい傾向にあります。複数人に依頼することで生じるのが、仕上がりの違い。

記事のボリュームや表現の違いなどが著しいと、リピーターやファンを獲得できません。同じ人に依頼するのが難しいとしても、構成の段階や半分作成した段階など、適宜チェックすることである程度クオリティを担保したコンテンツを作成してもらえます。外部へ委託する場合は、適宜コミュニケーションを取ることが大切であるということを意識しておきましょう。

 

記事作成を外注するとき気を付けるべきポイント

最後に、記事作成を外部へ委託する際に注意するポイントを紹介していきます。

 

委託する企業や個人ライターの実績を確認する

1つ目は、委託先の企業や個人の実績をチェックすることです。特に個人に依頼する場合は、過去の記事サンプルをよく見ておくことが大切。また記事作成のみを行っていた人や企画から公開まで全て行っていた人まで、一口にライターといってもその実績はさまざまです。

個人に依頼する場合は、どのような実績があるか細かく聞くことで、自社のニーズを満たすコンテンツを作成してもらえるでしょう

 

完成した記事の社内チェック体制を整える

2つ目は、完成した記事をチェックする体制を社内で整えることです。良質な記事作成を行える企業や個人と出会ったとしても、校正のステップはかかせません。良質なコンテンツを作成できる人は、多くの取引先と仕事をしているため、納品された記事をすぐに校正し、再度修正してもらう体制を作ることはとても大切です。

納品までがスムーズにいかないと、継続して仕事を受けてもらえなくなってしまいます。信頼関係を築くためにも、初稿をすぐにチェックし修正してもらうような流れを整えることは極めて重要といえるでしょう。

 

トラブル防止のためフィードバックの内容は必ず文書化して保管

3つ目は、フィードバック内容はしっかり保存しておくということです。修正依頼をしたものがしっかり修正されているかをチェックするためにも、校正データは文書で保存しておくことが大切です。

誤った情報を載せたまま公開した場合、校正の段階で指摘があったのか修正漏れなのかなどをすぐに把握できます。責任の所在を明確にするためにも、フィードバックの内容は保存しておくのがおすすめです。

 

作成の流れを掴んで記事作成に取り組もう

新規顧客を獲得したり既存顧客をリピーターへ育成するために役立つ「WEBコンテンツ」。その中でも記事タイプのコンテンツは、初心者でも方法とコツを掴めば作成できる取り組みやすいものです。

ユーザーニーズを満たす良質なコンテンツを作成できれば、SNSで拡散してもらえる可能性が高まり、ユーザーと自社との接点をさらに広げられます。記事作成をしたことがないという人は、以下のようなコンテンツ制作サービスへ依頼してみるのもおすすめです。顧客の悩みを解決できるようなコンテンツを制作し、ファンやリピーターを増やしていくために活用してみるのはいかがでしょうか。

 

コンテンツ制作サービス:コンテンツファクトリー

RELATED

RANKING