services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツマーケティングの市場規模の動向について紹介。成長背景と今後の課題も

コンテンツマーケティングでは、コンテンツを通して自社ビジネスの顧客を増やすことを目指します。

 

コンテンツにはあらゆる手法があり、それぞれ市場規模が異なっています

 

この記事では、コンテンツマーケティングの市場規模、今後の課題や成長の見込みについて解説していきます。

 

コンテンツマーケティングの市場規模

コンテンツマーケティングの市場規模についてみていきましょう。

 

コンテンツマーケティングとはなにか

コンテンツマーケティングは、 ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することで見込み顧客を増やし、最終的に自社の顧客になってもらうことを目指すマーケティング手法です。

 

企業が伝えたい情報ではなく、ユーザーが求めている情報を発信することがポイントです。

 

コンテンツと一口に言っても、 Webサイトやインターネット広告、動画やソーシャルメディア投稿など多岐にわたります。 

 

各マーケティング分野ごとの市場規模

マーケティング分野によって市場規模は異なっています。 

自社のビジネスにマッチしたコンテンツを選ぶ上でも、それぞれの市場規模を把握しておくことが重要です。

 

日本におけるコンテンツマーケティングの市場規模

それでは、日本におけるコンテンツマーケティングの市場規模についてみていきましょう。

 

【各市場】 【市場規模】 【調査元】
SEO対策の市場規模 約500億(2018年時点) クロスフィニティ株式会社
アウトソーシング市場規模 2兆6,135億9,000万円(2020年時点) 矢野経済研究所
インターネット広告の市場規模 2兆7,052億円(2021年時点) 電通グループ
インフルエンサーマーケティングの市場規模 5,519億円(2020年時点) 株式会社サイバー・バズ、株式会社デジタルインファクト

 

SEO対策の市場規模

国内のSEOの市場規模について、2016年にクロスフィニティ株式会社が行った調査があります。

国内におけるSEOの市場規模は2016年には430.2億円に到達し、2018年には500億を突破したとされています。

 

新型コロナウイルス感染症の流行により、インターネットによるビジネスの需要はより一層高まり、今後も市場規模の拡大が期待されます。

 

Webサイトなどコンテンツ制作のアウトソーシング市場規模

自社のWebサイトなどでオウンドメディアを運用する企業が増え、それに伴い、コンテンツ制作をアウトソーシングするケースも増加しています。

 

2021年に矢野経済研究所が発表した調査によると、 2020年の時点で2兆6,135億9,000万円だったIT系のBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の市場規模は、2022年には2兆7000億円を超えると予測されています。

 

コンテンツ制作の運用においては、多くの企業がアウトソーシングを活用しながら進めていることが多いようです。

 

インターネット広告の市場規模

2021年に電通グループが発表した調査によると、インターネット広告の市場規模は2021年の時点で2兆7,052億円(前年比121.4%)に達しています。

 

また、2022年は前年比115%の2兆4,811億円まで成長する見込みです。

 

運用型広告が主流ですが、動画広告やソーシャル広告の需要も年々増加傾向にあります。

 

 SNSを中心としたインフルエンサーマーケティングの市場規模

2020年に株式会社サイバー・バズと株式会社デジタルインファクトが共同で行った調査によると、2020年時点のソーシャルメディアマーケティングの市場規模は5,519億円に達しています。

 

2022年には7,833億円、2025年には11,171億円に到達すると予測されており、ますます需要が高まっていくことがわかります。

 

日本におけるコンテンツマーケティングの市場規模は今後も拡大見込み

これまで紹介した調査結果からわかる通り、日本におけるコンテンツマーケティングの市場規模は今後も拡大していくと考えられます。

 

NTTドコモ モバイル社会研究所の調査によると2022年の時点でスマホの普及率は9割を超えています。それに伴い、Webコンテンツの需要もますます増加していくでしょう。

 

アメリカにおけるコンテンツマーケティングの市場規模

次に、アメリカにおけるコンテンツマーケティングの市場規模についてみていきましょう。

 

日本より数年先行していると言われている 

アメリカは、日本よりコンテンツマーケティングの市場の拡大が進んでいるとされています。

 

Branded Content Projectの調査によると、2020年時点の米国におけるコンテンツマーケティングの市場規模は633億ドルとされています。

 

さらに、新型コロナウイルス感染症拡大によって中小企業のうち45%がコンテンツマーケティングの優先度を高めたと回答しており、そのうち56%が次年度はさらに優先度を高めると回答しています。

 

このことから、アメリカにおける市場規模は増加傾向にあり、今後も成長する見込みがあると考えられます。

 

コンテンツマーケティング市場規模の成長背景

コンテンツマーケティングの市場規模が拡大した背景には、いくつかの要因があります。

従来型のマーケティングでは集客が困難に

従来のマーケティングでは、オフラインの手法が中心でした。具体的には、新聞の折り込みチラシやDMの郵送、 店頭での販売促進などです。

 

近年では、オフラインのマーケティング手法では思ったような集客ができなくなってしまいました。インターネットやスマートフォンの普及によって、ユーザーの情報収集がWeb中心となってきたためです。

 

さらに、2020年以降の新型コロナウイルス感染症拡大によって、より一層オンラインのマーケティング手法の重要性が高まってきています

 

広告離れによるコンテンツマーケティングの台頭

多くのユーザーは、販売促進のために行われる広告に嫌悪感を抱いていると言われています。

 

広告は、自社がユーザーに伝えたい情報を一方的に配信していることが多い傾向にあります。

 

そのため、ユーザーは求めていない情報を一方的に提供されているように感じてしまい、企業への印象が悪化する可能性もあります。

 

一方、コンテンツマーケティングは、ユーザーが知りたい情報を検索した結果、自社のコンテンツに辿り着くことを想定したマーケティング手法です。

 

そのため、ユーザーにとっては「求めている情報を提供してくれている」というプラスの印象を与えます。

 

コンテンツマーケティング市場の抱える課題とは

最後に、コンテンツマーケティング市場の抱える課題について解説していきます。

 

継続的に社内リソースの確保ができるか

コンテンツマーケティングにおいては、継続的に社内のリソースが確保できるかどうかが重要となります。

 

コンテンツマーケティングは、始めてすぐに効果が出る手法ではありません。

 

少なくとも半年から1年以上かけて継続的にコンテンツを配信することで、少しずつサイトの評価を上げていき、ファンを獲得できるようになります。

 

そのため、社内の通常業務と切り離して、専念できる人員を確保する必要があります。

 

社内の運用体制が構築されているか

社内の運用体制が構築されているかどうかも重要な課題です。

 

コンテンツマーケティングは、 キーワード調査や競合調査から始まり、記事構成の作成、記事執筆などを経て、コンテンツ公開後のフォローまで、多くの工程を必要とします。

 

そのため、社内の運用体制がしっかりと構築されているかどうかが成功の分かれ道と言えるでしょう。

 

コンテンツ制作が可能な人材の育成

コンテンツ制作が可能な人材の育成も課題のひとつです。

 

前述したようにコンテンツ制作には多くの工程が必要となります。

 

IT関連企業でなければ、社内にコンテンツ制作経験のある人材がいないケースが多いため一から育てていくつもりで人材を育成する必要があります。

 

コンテンツの質を維持できるか

コンテンツの質を維持できるかどうかも重要な課題です。

 

コンテンツ制作には、多くの人員が関わるため、担当者によって内容のブレが起きてしまうことがあります。

 

コンテンツによって伝えている内容が異なっていてはユーザーが混乱するため、質を保つためにもマニュアルや社内のルールづくりを徹底していきましょう。

 

十分な調査や的確なペルソナ設定によって顧客のニーズに応えられているか

ユーザーの求めている情報を発信するためには、事前の調査やペルソナ設定が欠かせません

 

コンテンツを設計する段階において、自社顧客の的確なペルソナを設定し、そのペルソナが求めている情報を十分調査しましょう。

 

ユーザーが求めている情報を的確に発信できるようになります。

 

動画コンテンツやSNSを活用しているか 

昨今では動画コンテンツやSNSでのコンテンツ発信が主流となりつつあります。

 

伝えたい内容によっては、文章で伝えるより動画で訴えかける方が印象に残りやすく、効果的な場合もあります

 

また、10代、20代向けに情報発信をしたい場合には、SNSを利用することで受け入れられやすくなるでしょう。

 

自社の発信したい情報に適したメディアを選択することも重要です。

 

集客後のプロセスとしてリピーター獲得のための効果測定は行えているか

コンテンツマーケティングにおいて、継続的に自社の商品やサービスに関心を持つユーザーを獲得できるかどうかは重要な課題です。

 

ユーザーがどのような検索を経て自社サイトにたどり着いたか、どのようなコンテンツが注目を集めているかなどの効果測定を行いましょう。

 

効果測定を行うことで、離脱率の高いコンテンツの改善などに役立てることができます。

 

コンテンツマーケティングの市場規模は今後も成長が見込まれる

インターネットでの情報収集が主流となる中、今後もコンテンツマーケティングの市場規模は成長していくでしょう。

 

コンテンツマーケティングは長期的なマーケティング施策のため、直近の集客には効果を発揮しませんが、取り組んでおくことで半年〜1年後の見込み顧客を増やす可能性を秘めています。

 

自社のリソースを確保することが難しい場合は、アウトソーシングも視野に入れ、検討してみてはいかがでしょうか。

RELATED

RANKING