services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

活用されるコンテンツマーケティングとは?重要視すべき考え方を説明

コンテンツマーケティングの概要を確認しよう


マーケティング手法の1つである「コンテンツマーケティング」。実施したいと考えている企業も多いかと思います。ただし、実施に当たってはコンテンツマーケティングの「知識・活用法」を正しく理解している必要があります。

そこで本記事では「活用されるコンテンツマーケティングとは?重要視すべき考え方」をご紹介します。基礎知識はもちろん、メリット・デメリットまでご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

そもそもコンテンツマーケティングとは何か

 

有益なコンテンツを制作・提供することで、顧客自ら商品や事業に興味を持ち、ノンユーザーをユーザーに引き上げる手法がコンテンツマーケティングです。そのため、企業から一方的に発信する従来の方法とは異なり「有益な情報を見つけてもらい、ユーザーとして育成する」という、一連の流れや考え方を指します。

 

コンテンツマーケティングにはさまざまな種類がある

コンテンツマーケティングと一口で言っても、様々な種類があります。下記で主な種類を説明していきます。

 

【手法】 【詳細】
記事コンテンツ 文字主体のコンテンツ制作
有益で良質な記事コンテンツを更新し続け、検索エンジンに上位表示を狙う
SNS 専用のSNSアカウントを開設し、商品やサービスの情報発信
記事コンテンツとの併用し、流入を増やす
動画コンテンツ 商品やサービスの情報を紹介する動画コンテンツを公開する
顧客ユーザーの関心を引ける
レビュー 自社サイトやSNSアカウントに口コミのような形で掲載する
導入を考えている顧客の不安や懸念を払拭
ホワイトペーパー 自社の持つ技術や商品を関連付け、アピールポイントをまとめた資料
自社サイトや系列サイトに掲載
メールマガジン 商品やサービスの情報発信を、顧客に対して一斉にメールで配信する
顧客のロイヤリティ形成に繋がる

 

  • 記事コンテンツ

自社のメディアなどに掲載する記事として、文字主体のコンテンツ制作を行う手法です。有益で良質な記事コンテンツを更新し続けることで、検索エンジンに上位表示され、結果的に集客効果を狙うことができます。

 

  • SNS

自社専用のSNSアカウントを開設し、商品やサービスの情報発信を行う手法です。拡散機能としてシェアできるようになっているものが多く、情報に触れた顧客自らが拡散し、自社コンテンツを大多数の顧客に紹介してくれる可能性もあります。記事コンテンツとの併用も多くみられます。

 

  • 動画コンテンツ

自社の商品やサービスの情報を紹介する動画コンテンツを制作し、動画サイトや公共スペースで公開する手法です。静止画のコンテンツよりも視認性が高く、顧客ユーザーの関心を引けるという特徴があります。

 

  • レビュー

自社サイトやSNSアカウントに「自社サービスや商品の導入事例」を掲載する手法です。口コミのような形で掲載することで、自社サービスや商品の導入を考えている顧客の不安や懸念を払拭します。

 

  • ホワイトペーパー

企業が持つ課題に対して「自社の持つ技術や商品を関連付け、アピールポイントをまとめた資料」をホワイトペーパーと呼び、自社サイトや系列サイトに掲載する手法です。主にBtoBで専門的な技術を訴求する際に使用されます。

 

  • メールマガジン

自社の商品やサービスの情報発信を、顧客に対して一斉にメールで配信する手法です。顧客が開封しなければ効力を発揮しませんが、有益なメールマガジンを配信し続けることで、顧客のロイヤリティ形成に繋がります。



コンテンツマーケティングが重視されることになった背景


インターネット、スマートフォンの普及が進み、従来のテレビやラジオ、雑誌等で掲載される広告が通用しなくなっていると言っても過言ではありません。理由として、テレビやラジオ、雑誌等の接触時間が減少し、インターネットやスマートフォンの使用時間が増加しているためです。

顧客の意識も「自分で情報を収集する」という方向にシフトしておりされていて、より有益で良質な「コンテンツマーケティング」が重視されています。

 

コンテンツマーケティングのメリット


コンテンツマーケティングの概要や、重要視される理由はご理解いただけたかと思います。次に、実際にコンテンツマーケティングを行った際のメリットを紹介します。以下で確認してください。


コンテンツの資産化とその蓄積


テレビやラジオ、雑誌などに広告を掲載した場合、短期間で掲載が終了することがほとんどです。コンテンツマーケティングの場合、一度掲載したコンテンツは削除しない限りメディアに残り続けるため、多くのユーザーを獲得できるようなコンテンツは、会社に利益をもたらす資産になります。

 

さらに、有益なコンテンツを量産できれば、その集客効果が蓄積されます。色々なコンテンツを介し顧客を獲得することが可能です。このように、コンテンツは資産化でき、集客効果を蓄積することができます。



大手メディアに比べてコストが安い


コンテンツマーケティングにかかるコストは、制作費やメディア管理費のみです。(自社メディアの場合。SNSなど外部メディアの場合はメディア管理費ほぼ不要)テレビやラジオ等大手メディアで発信する場合は、大きな費用が発生します。コンテンツマーケティングであれば、掲載期間などもないため、低コストで継続して施策実施が可能です。



 顧客ロイヤリティの向上につながる


コンテンツを制作する際に、自社サービスや商品に関連するお役立ち情報などを盛り込むことで、顧客のロイヤリティ(忠誠心)を育てることも可能です。自社サービスや商品の紹介だけでなく、顧客目線の情報を掲載することで、自社への信頼度があがり、根強いリピーターやファンに育成できます。



 SNSと相性が良い


SNSを活用する人びとが増加し、顧客自身の情報発信も活発化しており「有力な情報をまわり(フォロワー)に教えたい」と考えている顧客も多くいます。

そのため、魅力的なコンテンツであれば、顧客自ら拡散し、自社コンテンツを多くの顧客に紹介してくれる可能性もあります。このように、SNSユーザーの動きと相性が良いという点もメリットです。

 

コンテンツマーケティングのデメリット


次にコンテンツマーケティングのデメリットをご紹介します。コンテンツマーケティングの実施を考えている企業や担当者の方は、しっかりと確認し、施策に生かせるようにしてください。



リソースが中長期的に求められる


コンテンツマーケティングの実施には、中長期的なリソースが必要となります。理由は、コンテンツ制作にかかる工程や、効果検証に時間がかかるためです。したがって、コンテンツマーケティング実施には中長期的なリソースを確保することが必要です。


 即効性はない


コンテンツマーケティングは、有益なコンテンツを制作・提供することで、顧客自ら商品や事業に興味を持ち、ノンユーザーをユーザーに引き上げるという手法です。そのため、従来のマーケティングと違い、一度実施したらすぐに集客を望めるような即効性はありません。継続的にPDCAを回し続けることで、効果を得ることができます。

 

活用されるコンテンツマーケティングとは


コンテンツマーケティングのメリットやデメリットはご理解頂けたと思います。次に活用されるコンテンツマーケティングに関してご説明していきます。下記を確認してください。



従来型のマーケティングに足りなかった部分とは


まず、自社サービスや商品アピールのみの従来型マーケティングに足りなかった部分は「潜在顧客への効果的なアプローチ」です。インターネットやスマートフォンが普及し、顧客は必要な情報を自ら調べるようになりました。そのため、従来型マーケティングでは、能動的に情報収集しサービスや商品を自ら選択するタイプの潜在顧客獲得には届きにくいと言えます。


潜在顧客に発見してもらう仕組みづくりの重要性


では、潜在顧客にはどのようなアプローチが効果的なのでしょうか。大切なのは「潜在顧客に発見してもらう仕組み」を作ることです。先述したように、顧客はインターネットやスマートフォンで必要な情報を自ら調べます。その情報収集時に発見してもらうことにより、自社サービスや商品購入の後押しをすることができるでしょう。

 

戦略的なコンテンツマーケティングの取り組み方


では実際に「戦略的なコンテンツマーケティングの取り組み方」をご説明していきます。コンテンツマーケティング施策の骨組みになる部分なので、ぜひ参考にしてください。


 顧客理解とそれに応じたペルソナ設定


まず1つ目は「顧客理解とそれに応じたペルソナ設定」です。自社サービスや商品を導入したいと思っている顧客は何を求めているのか、どのような悩みを持っているのか理解を深めます。

 

また、より深く顧客像を掴むために便利なのが「ペルソナ設定」です。性別や家族構成、趣味嗜好まで想定することで、顧客の本音に近づくことができます。



潜在ニーズ、顕在ニーズを理解


次に、潜在ニーズ、顕在ニーズを理解しましょう。マーケティングでよく耳にする「潜在層」「顕在層」という言葉ですが、ちゃんと理解できているでしょうか。まず潜在層とは自身の持つ課題に気づいていなかったり、問題視していない段階の顧客を指します。顕在層は、自身の持つ課題に対して、解決すべく何か行動を起こしている段階の顧客です。

 

このように持っている意識が違うため、「求めている情報」も変わります。潜在層にはまず問題に気づかせることが必要なため、一般的な疑問や不安点など基本情報をアピールすることが有効であり、顕在層には競合との比較等、より購入に近しい情報が有効でしょう。



 カスタマージャーニーを意識する


最後に「カスタマージャーニー」を意識することも大切です。カスタマージャーニーは、顧客の旅という意味合いを持ち、具体的には「顧客が自社のサービスや商品を認知してから、購入するまでの道筋」を指します。カスタマージャーニーを意識することで、顧客のより細かい行動や思考が見えるため、コンテンツ制作の骨組みに生かせるでしょう。

 

コンテンツが活用されるための方法

戦略的なコンテンツマーケティングの取り組み方についてはご理解いただけたかと思います。次に「コンテンツが活用されるための方法」をご説明します。制作したコンテンツが本来の力を発揮するためにも、しっかり確認するようにしてください。



 検索エンジン経由で見つけてもらう


まず第一に、制作したコンテンツを「見つけてもらう」ことが大切です。例として、自社メディア等で記事コンテンツを掲載した場合は「検索エンジン経由で見つけてもらう」ことが一番の近道と言えるでしょう。では「検索エンジン経由で見つけてもらう」ために必要な項目を説明していきます。下記をご確認ください。



 コンテンツSEOとは


検索エンジンに見つけてもらう為には「コンテンツSEO」を実施する必要があります。SEOの1つで、検索エンジンに評価されるように、コンテンツを制作することです。コンテンツSEOによって検索エンジンに評価されれば、検索した際に上位に表示させることができます。

Googleキーワードプランナーの利用


コンテンツSEOを実施する際にぜひ活用してほしいツールが「Googleキーワードプランナー」です。Googleキーワードプランナーでは、1ヶ月で何回そのキーワードが検索されているかを見ることができます回数が多ければ多いほど、検索ボリュームが大きいため、自社でコンテンツ制作する場合、挿入するキーワードの良し悪しの判断基準となるでしょう。

 

 ロングテールキーワードを意識する

 

次に「ロングテールキーワード」を意識するようにしてください。ロングテールとは、直訳で「長いしっぽ」という意味になります。コンテンツマーケティングで使用するロングテールキーワードは複数の単語が連なった検索キーワード」という意味です。

 

そのため、より詳しい内容を調べるために検索している顧客が多いキーワードです。検索ボリューム自体は少ないですが、より興味・関心が高く、購買や導入意欲の高い顧客が検索している可能性が高いと言えます。

 

 押さえておきたいSEO施策


コンテンツSEOで実施すべき施策は数多くありますが、まずは「押さえておきたいSEO施策」をご紹介します。下記をご確認ください。

  • 見出し(h2、h3)にキーワードを挿入
  • ページ概要の掲載
  • 読み手にとって分かりやすい用語でコンテンツを制作する
  • タイトルタグ(<title>)をつける
  • 画像の詳細情報を挿入する


以上が「押さえておきたいSEO施策」です。ただ実施したからと言ってすぐに検索エンジンに評価されるわけではありません。なによりも「コンテンツの質」が評価対象になっているということを意識してください。

次に、コンテンツSEOと並行して進めたい施策を紹介します。下記でご確認ください。

メールマガジン

1つ目は「メールマガジン」です。メールマガジンは、低コストで自社の情報を顧客に直接発信することができますメールマガジンを入口に自社メディアのアクセスアップも狙えるでしょう。ただ、開封するか否かは顧客次第となってしまうため、配信をする場合は「顧客が読みたくなるコンテンツ」を意識しましょう。

 

SNS

コンテンツマーケティングを実行するうえで欠かせない存在がSNSです。先述したようにSNSの活用者が増加し、SNS上に多くの人びとが集まっています。そのため、SNS上で興味関心のある顧客に向けて発信を行い、コンテンツへの流入を増やしましょう特にコンテンツマーケティング開始直後は十分なアクセス数も望めないため、SNSを活用することで、拡散を行うことが効果的です。

 

プレスリリース

次におすすめの施策は「プレリリース」です。自社の情報をマスメディアにニュースとして取り上げてもらうことで、掲載メディアの訪問者に触れてもらう手法です。コストはかかりますが、一度に多くの顧客に届けられるという特長があります。

 

リマーケティング広告

最後は「リマーケティング広告」の活用です。コンテンツマーケティングの施策を進めながら、広告掲載も並行して進めることで、顧客との接点が増えます。例として、コンテンツに触れた顧客にリマーケティング広告を打った場合、一度訪れた顧客に再訪問を促すことができるでしょう。このように、見込み顧客の育成に有効的です。

 

(まとめ)活用されるコンテンツマーケティングを意識して運用しよう

本記事では「活用されるコンテンツマーケティングと、重要視すべき考え方」を紹介しました。一口に「コンテンツマーケティング」と言っても種類は幅広く、奥も深いです。まずはポイントをしっかり理解し実行することが大切ですので、ぜひ本記事を参考に、活用されるコンテンツマーケティングを意識して運用してください。

RELATED

RANKING