services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの関係性とは?注目に至る背景も

コンテンツSEOとは?

そもそもコンテンツSEOが何なのか、コンテンツSEOの目的は何なのかを解説していきます。

 

SEOとは

SEOとは検索エンジン最適化のことで、検索エンジンからの集客を狙う手法のことです。SEO対策をすることで、検索エンジンからの自然流入を見込めるので、新規顧客を獲得可能です。

 

コンテンツSEOとは

質の高いコンテンツを配信し続けて検索エンジンからのアクセスを集める手法がコンテンツSEOです。ユーザーの悩みを解決できるようなコンテンツを作成することで、上位表示を狙えます。

 

コンテンツSEOで意識したいのが、ユーザーファーストのコンテンツを作成することです。企業目線ではなくユーザーにとってはどうかを考えて作成することで、顧客だけではなく検索エンジンからも評価されるコンテンツになります。

 

コンテンツSEOの目的

コンテンツSEOの主な目的は、検索上位に表示されることです。検索上位に表示されることで、多くのユーザーが検索エンジンから自然流入し、サイト内への集客を見込めます。

 

多くのユーザーがサイト内に訪れ、良質なコンテンツに触れることで自社のブランディングも可能になります。顧客からの信頼を獲得したい場合にも、コンテンツSEOに力を入れることをおすすめします。

 

コンテンツSEOが注目されることになった背景

コンテンツSEOという言葉は、ブラックハットSEOやホワイトハットSEOという背景を経て生まれました。ここでは、それらの解説をしていきます。

 

ブラックハットSEOからホワイトハットSEO、コンテンツSEOへ

2012年以前は小手先のテクニックで検索順位をあげることが可能であり、そうした手法はブラックハットSEOと呼ばれていました。キーワードを多く入れ込んだり、被リンクを多数配置することで上位表示されていたため、ユーザーにとって質が低いコンテンツでも検索上位に来ていたのです。

 

その後、ペンギンアップデート・パンダアップデートを経て、ホワイトハットSEOがメジャーになりました。これは、ユーザーが求めている情報を記載することで上位表示される手法で、SEO対策の王道といわれています。ホワイトハットSEOの中でもユーザーが求めている情報をコンテンツ化して検索上位を狙うものがコンテンツSEOです。

 

ホワイトハットSEOやコンテンツSEOが主流になってからは、検索ユーザーが求める情報がしっかり上位表示されるようになってきて、検索エンジンの利便性も高まりました。

 

コンテンツSEOはSNSとの連携にも好適

ブラックハットSEOは、検索エンジンからの評価は高くても不自然にキーワードを入れ込んでいたり、リンクを配置したりしているため、ユーザーから高評価はもらえません。

 

一方で、コンテンツSEOはユーザーが求める情報をしっかり掲載している良質なコンテンツであるため、顧客からの評価が高くSNSで拡散されることが多い傾向にあります。

 

そのためSNSと連携させることで、新たなユーザーとの接点づくりに役立つのです。

 

作成コンテンツの高汎用性

作成したコンテンツを元に社内パンフレットや商品紹介の資料を作成できるのも、コンテンツSEOの魅力です。ユーザーのことを考えて作成されたものなので、webコンテンツとしてだけではなく、さまざまな場面で応用できるのです。

 

コンテンツマーケティングの視点を忘れずに今後のSEO対策を行おう

良質なコンテンツを継続的に発信して、ファンを育成し商品やサービスの購買を促す手法をコンテンツマーケティングと呼びます。昨今では、web上で情報を集め商品を購入するユーザーが増えてきたため、SEO対策もコンテンツマーケティングにおいて重要な施策となってきました。

 

こうした経緯からただ単に検索順位をあげることだけを考えるのではなく、その後どのようにコンテンツマーケティングに活かしていくかを考えてSEO対策を行うことで、マーケティングの成功も見込めるといえます。

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOは言葉が似ているため、同じものだと思われることも多いですが、目的やターゲットが異なるので詳しく解説していきます。

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOとでは目的が異なる

コンテンツマーケティングは、ユーザーが求める情報を継続的に発信し、顧客をファンに育成することで、商品やサービスの購買を促すことが目的です。一方で、コンテンツSEOは検索上位に表示されることで、サイト内への自然流入数を増やすことが目的です。購買を促すこととアクセス数を増やすことで、目的が大きく異なるのが特徴のひとつです。

 

コンテンツマーケティングのチャネルは多数、コンテンツSEOは検索エンジンのみ

コンテンツマーケティングは、検索エンジンだけではなく動画やSNSなどさまざまな媒体を利用して行われます。ターゲットや情報を伝えるのに適した媒体を利用することで、効果的にファンを獲得・購買へと促すのです。

 

一方で、コンテンツSEOは検索エンジンのみを利用するのが特徴的です。検索エンジンのみから集客するのがコンテンツマーケティングの違いといえます。

 

いずれも見込み客を対象とするが、ターゲットとする段階が異なる

コンテンツSEOもコンテンツマーケティングも見込み顧客をターゲットにしますが、そのターゲットの段階が異なるのが特徴的です。コンテンツSEOは、検索エンジンでそのキーワードを検索するユーザーなので、商品やサービスへの購買意欲は低く、情報収集段階です。まだ自社に対する興味が薄いため、知りたい情報を入手できるサイトだと認識してもらうことで、リピーターを獲得できるでしょう。

 

一方で、コンテンツマーケティングは商品やサービスを認知していて、購入するかを検討している段階にいます。そのため、購入するための導線確保をしっかり整えることが重要です。

 

コンテンツマーケティングはSEOではない

上記で示したように利用する媒体やターゲットが異なるので、コンテンツマーケティングはSEOではありません。SEO対策を行うことでコンテンツマーケティングがうまくいくことはありますが、同じものではないということをしっかり理解しておきましょう。

 

両者を混同することによるリスク

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOを混同してしまうと、コンテンツマーケティングがうまくいかない恐れがあります。コンテンツSEOは検索エンジンから評価されるために、テキストタイプのコンテンツがメインになりますが、コンテンツマーケティングは動画やSNSなどさまざまな媒体を使えるのが大きな特徴です。

 

ユーザーや伝えたい情報にあわせてさまざまな媒体を利用することで、多くの顧客と接点を持てるのが魅力であるにも関わらず、コンテンツSEOのみを利用するのはもったいないでしょう。

 

混在せずにコンテンツマーケティングはコンテンツを利用してファンを育成し、商品やサービスの購買を促すものという認識を忘れないことが大切です。

 

ユーザーアプローチの観点から

コンテンツSEOは、web上にコンテンツを掲載するため、ユーザーとコミュニケーションを取れないのがネックです。その難点を解消するために目的やペルソナ設定をしっかり行いますが、直接話せないのはデメリットといえます。

 

一方でコンテンツマーケティングは、SNSなどを利用することでユーザーとコミュニケーションが取りやすくなります。コメントを利用したりお気に入り登録をしたりすることで、ユーザーと直接つながれるのは魅力といえます。顧客の声を反映させやすいので、ユーザーに寄り添うことで自社へ愛着を持ったファンを育成できるでしょう。

 

 コンテンツSEOのメリット

Businessman touching virtual orange plus sign for positive thinking mindset or healthcare insurance symbol concept.

コンテンツSEOのメリットは大きく分けて5つです。それぞれ詳しく紹介していきます。

 

潜在的ニーズを有する見込み客へのアプローチが可能に

コンテンツSEOは、顧客・競合・キーワード分析を入念に行うので、ユーザーの潜在的ニーズをおさえたコンテンツを作成できます。サジェストキーワードやペルソナ分析を行うことで、ユーザーの潜在的ニーズを把握できるのです。

 

顧客もはっきりと把握していない悩みを解決するコンテンツを発信することで、ユーザーからの信頼を獲得できます。潜在ニーズを満たすコンテンツであれば、見込み顧客をリピーターに育成できるので、自社のファンをゲットできるでしょう。

 

安定して長期的に集客効果を発揮する

コンテンツSEOは検索上位に表示されることで、継続的に顧客の自然流入を見込めることもメリットのひとつです。一度上位表示されれば、なかなか順位変動は起こらないため、安定して集客を見込めます。

 

良質なコンテンツを作成するのには時間がかかりますが、半永久的に集客効果を発揮する手段を手に入れられると思えば、コスパがよいでしょう。

 

コンテンツが広告の役割を果たし、サイトが資産になる

質の高いコンテンツを作成することで、そのコンテンツがサイトの資産になるのもメリットのひとつです。良質なコンテンツを制作できれば、大きな修正をしなくても価値のあるコンテンツになるため、そのコンテンツは資産になるのです。

 

そうしたコンテンツが多ければ多いほど、広告などに頼らずに集客できるため、費用をおさえて顧客を獲得できるでしょう。

 

良質なコンテンツはSNSなどで拡散されやすい

質の高いコンテンツを作成することで、SNSで拡散されやすくなることもメリットのひとつです。SNSでコンテンツが拡散されると、今まで自社に興味を持っていなかったユーザーとも接点を持てます。新たな顧客と出会うことで、さらにサイト内への流入数を増やせるでしょう。

 

蓄積されたコンテンツはあるだけでブランディング化につながる

良質なコンテンツを多く保有していることで、自社のイメージアップにつながるのもメリットのひとつです。質の高いコンテンツを多数掲載することで、「〇〇について知りたいときは、この会社」という認識を持ってもらえる可能性があります。

 

今までは大手で商品を購入するイメージが強かったものの、良質なコンテンツを配信するサイトと出会うことで、そのイメージを崩すことも可能になりました。大手一強にならずに信頼を獲得できるのもコンテンツSEOの魅力といえます。

 

コンテンツSEOのデメリット

コンテンツSEOのデメリットは3つです。以下で詳しく解説していきます。

 

 即効性はない

web上に公開された情報は、検索エンジンに認識・評価される必要があるため、即効性がないのがデメリットです。最低でも半年から1年ほどかかるので、すぐに集客効果を得たい場合には不向きといえます。

 

コンテンツSEOを行うのであれば、中長期的な視野を持って取り組むことが大切でしょう。

 

リライトなど定期的なメンテナンスが必要

コンテンツは一度作成したら終わりではなく、定期的に情報収集や改善する必要があるのも難点のひとつです。最新の情報をユーザーに届けるためにも、定期的にリライトする必要があります。

 

とくに薬事法などに該当するコンテンツの場合、法が改正されるとコンテンツに掲載している情報が嘘になってしまうことがあるので注意が必要です。誤情報の掲載で会社の存続が危ぶまれることがあるので、とくに気をつけてリライトしていくようにしましょう。

 

コンテンツの作成に別途作業が必要になる

コンテンツSEOは、質の高いコンテンツを作成するために顧客・競合・キーワード分析などさまざまな作業が必要になります。そのため、他の業務と並行して行う必要がある場合などは、大きな負担になるでしょう。

 

また、準備を適当に行うと質の低いコンテンツになってしまい、誰からも求められないコンテンツになってしまいます。本気でコンテンツ作成をするのであれば、コンテンツ制作に専念して時間をかけて行うのがおすすめです。

 

コンテンツSEOのコンテンツ作成手順

コンテンツSEOの作成手順は6ステップに分けられます。それぞれ詳しく解説していきます。

 

3C分析

3C分析は、Customer(顧客)・Competitor(競合)・Company(自社)を分析することです。顧客分析を通して、顧客のニーズや行動分析をすることで、よりユーザーの心を掴むコンテンツになります。

 

また、競合会社の分析をすることで上位コンテンツになるためのポイントや自社にしか出せない強みを把握できるので、検索エンジンにもユーザーからも評価されるコンテンツを作成できるでしょう。

 

そして自社の分析をすることで、自社の商品やサービスの強みや弱み、競合会社と差別化を図るためのポイントを把握できます。これらの3C分析は、検索エンジン・ユーザー双方から高評価をもらうために重要なステップといえるでしょう。

 

キーワードの選定

3C分析のあとは、キーワードの選定をしましょう。キーワードを選定するうえで大切になるのが、ひとつの候補に絞らないということです。複数のキーワードを候補としてピックアップしておくことで、途中でキーワードを変更するというイレギュラーな事態に陥ったとしても対応可能です。

 

キーワードを選定したら、サジェストキーワードの調査をしましょう。サジェストキーワードはメインキーワードとセットで検索されているワードのことで、これを分析することでユーザーの潜在ニーズを分析しやすくなります。潜在ニーズを入れ込み、ユーザー自身も把握していない悩みを解決することで、顧客からの信頼を獲得できます。

 

記事構成案の作成

構成案を作成する際に大切になるのが、見出しだけで内容がわかるコンテンツにすることです。残念ながらコンテンツの端から端まですべてしっかり読むユーザーは少ない傾向にあります。そのため、見出しだけでも記事の内容がわかるように工夫することで、時間のないユーザーにもコンテンツを閲覧してもらえるのです。

 

メインキーワードだけではなく、潜在ニーズを入れ込んだコンテンツにすることで、顧客の心をつかめるものが作成できるでしょう。

コンテンツの作成

構成案が作成できたら、いよいよコンテンツを作成していきましょう。テキストタイプのコンテンツを作成するうえで重要になるのが、誤字脱字がないか・文末表現に重複がないかチェックすることです。いくら時間をかけてコンテンツを作成したとしても、誤字や脱字が目立つコンテンツだとユーザーが途中離脱してしまいます。

 

細かいところまで気を配れない会社だと思われてしまうと、自社の信頼が下がってしまうため、誤字や脱字がないかは最後に必ずチェックしましょう。また、同じ文末表現が繰り返されてしまうと読みづらいコンテンツになってしまいます。体言止めを適宜利用するなどリズムをつけることが大切です。

 

適切な内部SEO

内部SEOを意識することも重要です。タイトルや見出しなどのタグ、alt属性の設定などを行うことで、検索エンジンから評価してもらえるでしょう。ただし、過度にキーワードを埋め込むとスパムとして処理されてしまうことがあります。適切な内部構成を意識することが大切です。

 

記事の校閲

記事が作成できたら、校閲をしましょう。誤字脱字や文章のチェックだけではなくファクトチェックを行うことが大切です。根拠のない情報を堂々と載せてしまい、誤情報を流してしまうと自社の信頼に関わります。webコンテンツはリライトができるからと思っていても、スクリーンショットなどを撮られてしまう恐れがあるので、入念にチェックするようにしましょう。

 

また、成分などの記述が含まれるため薬事法に触れる可能性がある場合は、知識がある人にチェックしてもらうのがベターです。法に反する内容を記載してしまうと多額の賠償金を支払うことになる可能性があり、自社の信頼もかなり落ちてしまうので、少し費用がかさんでも専門性の高い人に校閲してもらうようにしましょう。

 

 必要に応じてリライト

コンテンツは作成したら終わりではなく、適宜リライトしていくことが大切です。日々情報は更新されていくので、定期的に情報収集し、改善していくことでより質の高いコンテンツになるでしょう。

 

検索エンジンから評価されるためにも、定期的なリライトは必須なので、頻度を決めてコンテンツを改善していく習慣を身につけるのがおすすめです。

 

コンテンツSEO成功のためのポイント

コンテンツSEOを成功させるための3つのポイントを、ここでは解説していきます。

 

専任の編集者をつける

コンテンツ制作は企画や執筆などを分担して行うこともありますが、責任がはっきりしないため、専任の編集者を決めるのがおすすめです。企画から公開までの責任者を明確にすることで、筋が通ったコンテンツを作成できるでしょう。

 

またコンテンツSEOに関する知識がない場合、外部の編集者を雇うのもひとつの手です。コストはかかりますが、プロに依頼することで良質なコンテンツを定期的に作成してもらえます。他の業務で手一杯でまとまった時間が取れないという人も、外部に制作会社の専任編集者に依頼して作成してもらうとよいでしょう。

 

コンテンツSEOのための社内体制を構築する

コンテンツSEOのための社内体制を構築することも大切です。コンテンツの制作自体はひとりでできたとしても、サイトでエラーが発生した際の対応や校正・校閲などは他の人が行う必要があります。そのため、コンテンツSEOを円滑に行うためにも社内で責任の所在を明確にすることが重要です。

 

社内体制を整えないでコンテンツ制作を進めていくと、記事の更新が停滞してしまったり質の低いコンテンツを量産したりしてしまう恐れがあるので、誰が何をするのかを決めておくことは重要といえます。

 

各種ツールの利用

コンテンツ制作をするうえで、各種ツールを活用することも大切です。制作準備段階では、キーワード分析ツールが便利です。メインキーワードのボリュームだけではなくサジェストキーワードもリサーチできるので、潜在ニーズを把握できます。

 

コンテンツを制作してからの効果測定には、アクセス数や滞在時間がわかるツールを活用するとよいでしょう。質の高いコンテンツを作成するためには、効果測定がかかせないため専用ツールを利用しながら、顧客の動向をつかんでいくのがおすすめです。

 

コンテンツマーケティング成功のためのポイント

コンテンツマーケティングを成功するためのポイントは、4つです。それぞれ詳しく解説していきます。

 

ホワイトペーパーや電子パンフレットの制作・配布

ホワイトペーパーや電子パンフレットは、ダウンロードする代わりに顧客情報の入力が必要になるので、ユーザーとやり取りをしながら信頼関係を構築したい場合におすすめです。

 

とくにBtoBマーケティングの場合は、大きなお金が動く取引になるのでホワイトペーパーを活用して顧客情報を入手し、ユーザーに役立つ情報を提供していくとよいでしょう。顧客のためになる情報を定期的に届けていくことで、長期的に付き合っていく関係へと発展させることも可能です。

 

コンテンツ内で見込み顧客の疑問点などに回答

SNSなどを利用してユーザーと近い距離でコンテンツを配信している場合は、顧客の疑問点を解消するコンテンツを配信するのもおすすめです。SNSは、ユーザーとの距離が近く簡単にコミュニケーションを取れるツールなので、リアルな声を把握しやすいのが大きなメリットです。

 

そのユーザーが上げてくれた声を生かしたコンテンツを届けていくことで、顧客からの信頼を獲得でき、ファンへと育成できるでしょう。

 

コンテンツからECサイトへの流入のための導線づくり

コンテンツマーケティングは、ファンを育成して商品やサービスを購入してもらうための手法なので、コンテンツからECサイトへの流入がしやすいような導線を作ることも大切です。

 

コンテンツの閲覧数は高いのにコンバージョン数が上がらないときは、導線が確保できていない可能性があるため、ユーザー目線でサイト内設計を見直すのがおすすめです。サイトに初めて訪れたユーザーでも、行動を起こしやすい導線になっているかをチェックしていきましょう。

 

動画やマンガといったコンテンツも活用する

ターゲットや提供する情報にあわせて動画や漫画などのコンテンツを取り入れるのもおすすめです。PV数は少しずつ伸びているものの、滞在時間が少ない場合はこうしたコンテンツを取り入れて新鮮味を出すのもよいでしょう。

 

また、動画や漫画などのコンテンツは視認性が高いだけではなく、SNSで拡散されやすいというメリットもあります。既存顧客以外に新規顧客を獲得したい場合にも、ユーザーの目を引くコンテンツを利用するのがおすすめです。

 

(まとめ)コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違いを理解して上手に使おう

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは、目的やターゲット、利用する媒体などが異なります。コンテンツマーケティングを成功させるためのひとつの手段として、コンテンツSEOに力を入れていくというイメージを持つとよいでしょう。

 

コンテンツSEOを行ううえで大切になるのが、ユーザー目線を忘れないことです。ユーザーにとって読みやすいコンテンツになっているか・顧客がほしい情報が掲載されているかをチェックすることが良質なコンテンツを作成できるかのポイントです。

 

良質なコンテンツを作成できれば、SNSで拡散される可能性が高まり、結果的にコンテンツマーケティングの成功にも結びついていきます。コンテンツマーケティングにどう活かすかを考えながらコンテンツSEOを行うことが大切です。

RELATED

RANKING