services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

企業で制作したコンテンツを活用するメリットは?活用方法も解説!

はじめに

新規顧客の獲得や既存顧客の育成に役立つ「コンテンツ」。作成したものを活用していくことで、自社のブランディングや採用にも使うことができます。

 

しかし「そもそもコンテンツを活用するメリット」や「コンテンツの活用の仕方」がよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はコンテンツを活用する利点や、活用方法について詳しく紹介していきます。自社でコンテンツを制作するリソースがないという人向けに、コンテンツ制作サービスの特徴やメリット、おすすめの制作会社についても解説しているため、気になる人は最後まで読んで自社のコンテンツ制作に生かしてみてはいかがでしょうか。

 

そもそもコンテンツとは?どんな種類がある?

まずはコンテンツとは何なのか、コンテンツの種類について解説していきます。

 

コンテンツとは何か

contents(コンテンツ)とは情報や内容という意味を持ちます。その中でもWEBコンテンツは「WEB上に公開された情報全て」のこと。現在はインターネットやSNSが生活に欠かせないものになってきたため、たくさんのWEBコンテンツがあふれています。

 

そのため、ユーザーは多くのコンテンツから知りたい情報を提供してくれるものを選び、そうしたコンテンツを提供してくれる会社のことを信頼するのです。自社の強みを発揮し顧客の悩みに寄り添ったコンテンツ制作を意識することで、多くの顧客の心を引きつける価値あるコンテンツを作成できます。他社との違いをどうアピールするかが、各会社に課せられた課題といえるでしょう

 

コンテンツの種類

コンテンツは、記事タイプのものから動画や音声タイプのものまでたくさんあります。特に、テキスト・イラストで構成された画像や動画などのリッチコンテンツが話題です。

リッチコンテンツは、直感的に情報を伝えることができるため、他のコンテンツと差別化を図ることができる点が大きな魅力。また、目を引くことからSNSでシェアをされやすいため、今まで接点がなかった新規顧客と出会えるメリットもあります。

 

コンテンツマーケティングとは

こうしたコンテンツを利用してマーケティングを行うことを、コンテンツマーケティングと呼びます。コンテンツマーケティングをする上で押さえておきたいのが、目的はファンを獲得するということ。一時的に商品やサービスを購入してくれる顧客を獲得するのではなく、継続的に自社を利用してくれるリピーターやファンの育成が目的となります。

 

そのためコンテンツの制作をする上では、顧客分析を徹底的に行うことが重要です。ユーザーの顕在的な悩みだけではなく潜在的な悩みまでも解決するようなコンテンツを作成することで、顧客の心を掴めるでしょう。深い悩みにしっかりと寄り添ってあげるようなコンテンツであれば、多くの人に愛されるコンテンツになります。

 

集客・認知度UPのためにはコンテンツマーケティングの活用が重要!

顧客を集めたい場合や自社の認知度を上げたい場合には、コンテンツマーケティングが大切です。ここでは、コンテンツマーケティングがなぜ重要とされるのかを解説していきます。

 

コンテンツマーケティングが重要とされる背景

コンテンツマーケティングが重要視されるようになったのは、SNSやインターネットが活発に利用されるようになってきたからです。ユーザーは検索エンジンやSNSでキーワードを検索することで、簡単に情報を手に入れられるようになってきました。このように便利なツールが発達してきた一方で、誤情報もあふれているのが事実です。

 

特にSNSの場合は、多くの誤った情報が事実かのように発信されているため、ユーザーはどの情報を信じればよいか不安になっています。こうした背景から、コンテンツを通してユーザーが知りたい情報を正しく伝えることが重要視されてきました。ネット上の情報を簡単には信じられない中、自分の悩みを解決してくれるようなコンテンツに出会うとユーザーは感動するでしょう。こうした経験を継続的に提供することで多くのファンを獲得できるため、コンテンツマーケティングが注目を集めてきたといえます。

 

コンテンツマーケティングを活用するメリット

ここでは、コンテンツを活用していく3つのメリットを紹介していきます。

 

制作したコンテンツはどんどん資産になる

まずは、制作したコンテンツは自社の資産になるということです。WEBコンテンツはチラシや広告などのコンテンツと異なり、一度WEB上に公開すれば、半永久的に集客効果を持ちます。特にユーザーに継続的に求められるストック型のコンテンツの場合、大幅な修正をせずとも一定数のアクセスを維持できるのです。

 

WEB上に公開された情報には24時間365日アクセスができるため、多くのユーザーに自社を知ってもらったり、新商品やサービスをPRできます。一度質の高いコンテンツを作成すれば、会社の資産となる集客効果を半永久的に発揮できるため、大きなメリットといえるでしょう。

 

低予算で大きい広告宣伝効果が見込める

2つ目は、低予算で大きな宣伝効果を発揮することです。WEBコンテンツは最初に開発費が少しかかるものの、社内で作成を続ける場合は人件費とシステム維持費のみで行えます。そのため、低コストで自社の商品やサービスを宣伝することができるのです。

 

特に動画や画像、音声などを効果的に活用したリッチコンテンツの場合は、SNSで拡散されやすいため新規顧客の目に留まる可能性が高い傾向にあります。一度SNSで爆発的にシェアされると多くの人の元に情報が届き、商品やサービスに興味を持ってもらえるでしょう。このような経緯から、コンテンツは低予算で多くの宣伝効果を発揮するといわれています。

 

ターゲット層に明確なコンテンツを配信できる

3つ目のメリットは、ターゲット層に明確なコンテンツを配信できることです。コンテンツはキーワード・顧客・競合サイト分析など、しっかりとリサーチをして作成することで、検索エンジンからの評価が上がり、検索順位が上がります。

 

検索順位が上がると、そのワードに興味を持っている人がサイト内に自然流入してくれるため、多くのターゲットにコンテンツを届けられるのです。同じ悩みを持ったたくさんのユーザーにアクセスしてもらうことで、検索順位も徐々に上がっていき、さらに多くの人へコンテンツを届けることができます。こういった経緯から、ターゲットをしっかりと定めてコンテンツを作成することで、明確なコンテンツを届けられるというのはメリットの1つといえるでしょう。

 

社内に蓄積したコンテンツはどのように活用できる?

ここでは、社内に蓄積したコンテンツがどのように活用できるかについて解説していきます。

【活用方法】

【詳細】

集客 SNSなどで引用して宣伝することで、さらに効果を発揮
採用 企業と求職者とのミスマッチを回避するために好適
ブランディング 定期的に情報を発信することで、ユーザーに企業の強みを知ってもらえる

 

集客

まずは、最もメジャーな集客に活用できることです。ここで大切なのが、ただコンテンツを公開するのではなく、SNSやメールなど多くの媒体でコンテンツを制作したことを報告すること。

 

検索エンジンから自然とコンテンツに流入してもらえることもありますが、Googleから認識・評価してもらうためには半年〜1年ほどの期間を要するため、各媒体で宣伝することが重要です。SNSで宣伝したものが多くの人にシェアされることで、自社に対してあまり興味を持っていなかった人にも新商品やサービスの情報を届けることができます。そのため、新規顧客を積極的に獲得したいという人はSNSの運用に力を入れるのがおすすめといえるでしょう。

 

採用

社内の研修の様子や社員インタビューなどのコンテンツは、社員を採用する際に役立ちます。今はオンライン面接が主流になってきたため、企業と求職者がコミュニケーションを取る場が減ってきました。そのため、企業のことをよく知らずに入社してしまい、結果的にミスマッチで退職というケースが増えてきたのです。

 

こうした事態を防ぐためにも、自社の様子をしっかりと伝えることは採用活動で役立ちます。自社の強みや制度、行っている仕事について詳しく発信していくことで、自社に対して本当に興味を持っている人と出会えるでしょう。特にベンチャー企業の場合は、即戦力となる人を獲得したいため、ミスマッチを防ぐためにも採用に活用できるコンテンツを制作していくのはおすすめといえます。

 

ブランディング

コンテンツは自社のブランディングにも活用できます。インターネットがあまり普及していなかった時代は「車を購入するなら●●」「シャンプーを買うのは▲▲」とユーザーの中で大手一強の認識は強い傾向にありました。しかし、今はWEBの情報を頼りに商品やサービスを購入するユーザーも増えてきたため、効果的にコンテンツを利用することで、ユーザーから興味を持ってもらえるようになったといえます

 

顧客が興味を持つような内容を定期的に発信することで「●●について調べるときは、このサイトを見よう」という認識を植え付けることができ、商品やサービスの購入へとつながることもあるでしょう。質の高いコンテンツを発信し続けて、多くのユーザーから信頼を獲得し会社の知名度を上げるという活用方法もおすすめといえます。

 

社内でのコンテンツ作成が難しい……そんなときは

コンテンツ制作を社内で行うのが難しいという場合は、外部へ委託するのもおすすめです。ここでは、外部へ委託する際のメリットやおすすめの制作会社について詳しく紹介していきます。

 

コンテンツの作成方法

コンテンツ制作を依頼する方法は3つあります。ここでは、それぞれの方法の特徴やメリットを紹介していきます。

 

社内で制作する

社内で作成する場合、掲載したい内容をしっかりとコンテンツに盛り込むことができるのが大きな特徴。自社の商品やサービスについて詳しい人によって作成されるため、ユーザーの悩みを解決できるようなコンテンツを作成しやすいでしょう。また、社内で様々なことを調整できるため、納期やデザイン変更などのイレギュラーな事態にも対応しやすいというメリットもあります。

 

一方でコンテンツ制作の知識やノウハウがない人が作る場合、多くの時間がかかってしまったり、質の低いコンテンツが完成してしまうことも。社内のリソースを逼迫してしまう恐れもあるため、多くのタスクを抱えている会社の場合は、外部へ委託するのがおすすめといえます。

 

クラウドソーシングを利用する

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングを使って依頼する場合、短い納期でも対応してもらいやすいのが大きな利点です。2日や3日でも対応できる人を募ることができるため、旬の情報を掲載したコンテンツをなるべく早く作成してもらいたいという人におすすめといえるでしょう。

 

一方で、希望通りのクオリティのコンテンツが納品されない恐れがあるのが難点。記事制作を依頼する場合は、構成や初稿半分など細かく区切ってチェックしていくことで、認識のズレを修正しながらコンテンツ制作をしてもらえるでしょう

 

コンテンツ制作会社に依頼する

コンテンツ制作に関する知識やノウハウ、実績がある人に依頼したい場合は、コンテンツ制作会社への依頼がおすすめです。記事や動画、画像など様々なコンテンツ作成のプロに依頼ができるため、質の高いコンテンツを制作してもらえるのが利点といえます。

 

一方で、実績のある会社や個人に依頼する場合、大きなコストを必要とするのが難点。ハイクオリティなコンテンツを作成してもらいたい場合は、ある程度の費用がかかるということを押さえておきましょう。

 

社内のリソースやスキルが足りない場合はコンテンツ制作会社がおすすめ

社内業務が多く、コンテンツ制作まで手が回らない場合は、コンテンツ制作会社に依頼するのがおすすめです。ここでは、コンテンツ制作会社を利用するメリットや、実績のある制作会社を紹介していきます。

 

コンテンツ制作会社に依頼するメリット

コンテンツ制作会社を利用する大きなメリットは、質の高いコンテンツを作成してもらえること。知識やノウハウ、実績があるプロにコンテンツ制作を頼めるため、顧客・競合分析などをしっかりと行った上で、ユーザーのためになるものを作成してもらえるでしょう

 

また、数回の打ち合わせだけでコンテンツ制作をしてもらえるため、社内業務で手一杯という人にもおすすめといえます。

 

おすすめのコンテンツ制作会社

最後に、おすすめのコンテンツ制作会社を2つ紹介していきます。1つ目のコンテンツファクトリーは、記事だけではなく動画や4コマ漫画などのコンテンツ制作にも対応してくれるのが大きな利点。流行りのリッチコンテンツも制作できるため、競合サイトと差をつけて多くの顧客を獲得したい場合におすすめといえます。

 

また、工程をマニュアル化したことにより、低コストで依頼できるのも魅力の1つです。他社よりも費用を抑えてコンテンツを作成してもらえるため、多くのコンテンツ制作を依頼したいという人にも好適といえます。

 

2つ目の会社は、株式会社デジタルアイデンティティです。こちらの会社はコンテンツ制作だけではなく、アクセス解析や課題の分析などの依頼も請け負っているのが特徴的。自社でコンテンツを制作したものの、アクセス数が伸びないと悩んでいる人におすすめの会社といえるでしょう。

 

まとめ

コンテンツは新規顧客や既存顧客の育成だけではなく、求職者の採用や企業のブランディングにも活用できます。良質なコンテンツを定期的に更新していけば、多くのユーザーからの信頼を獲得でき、リピーターやファンを育成することもできるでしょう。

 

また、良質なコンテンツを作成したいけど、自分で行う自信がないという人には、コンテンツ制作サービスへ依頼をするのがおすすめです。知識やノウハウ、実績があるプロに作成を依頼できるため、多くのユーザーを虜にするコンテンツを制作してもらえるでしょう。

RELATED

RANKING