services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

WEBコンテンツの企画・制作で重要なポイントは?企画の手順も紹介

はじめに

良質なコンテンツを制作するためにも重要な「企画」。企画段階でしっかりコンテンツのコンセプトを固めておくことで、その後のコンテンツ制作をスムーズに行えます。

 

しかし「コンテンツを企画するときに大切なポイント」「企画の流れ」などがよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回はコンテンツ制作を企画するときのフローや、企画する際におさえておきたいポイントを紹介していきます。コンテンツ制作を外部へ委託できるコンテンツ制作サービスについても紹介しているため、ぜひご自身のコンテンツ制作にお役立てください。

 

そもそもWEBコンテンツとは?

まずは、WEBコンテンツとは何なのかを解説していきます。

 

WEBコンテンツとは

WEBコンテンツとは「WEB上に公開された情報すべて」のことです。現在は文章メインの記事タイプのものから、動画や画像を使ったものまで多くのコンテンツがWEB上に公開されています。

 

またSNSが活発に使われ、インターネットが人々の生活に欠かせないものになってきたため、最近では直感的に情報をキャッチできるリッチコンテンツが注目を集めています。動画や画像を使ってユーザーが理解しやすいようなコンテンツにすることで、多くの顧客の目にとまるものを作成できるでしょう。

 

WEBコンテンツの特徴

WEBコンテンツは、新規顧客の獲得や既存顧客をリピーターにする役割を持っています。チラシや広告でもこうした顧客獲得は行えますが、掲載が終われば効果がなくなるのがネック。一方で、WEBコンテンツは一度公開してしまえば、半永久的に集客効果を発揮するという特徴を持ちます

 

また、新商品やサービスの情報をタイムリーにユーザーへ届けられるため、ベストなタイミングで伝えたいことを発信できるのも大きな魅力といえるでしょう。

 

WEBコンテンツの目的

WEBコンテンツの目的はさまざまですが、大きな目的の一つが自社のブランディングです。専門性の高いコンテンツを発信し続けることで、多くのユーザーから信頼を集められます

 

また、SNSを利用したり動画によるコンテンツを発信したりして、顧客が興味を引くような情報を提供していくことで、今まで接点がなかったユーザーとも繋がれるというメリットもあるでしょう。

 

インターネットやSNSが生活に欠かせない状態になってきた今だからこそ、コンテンツによって情報を届けることで自社を知ってもらったりファンを獲得できたりするのです

 

WEBコンテンツにはいろいろな種類がある

WEBコンテンツは冒頭で説明した通り「WEB上に公開された情報すべて」のことを指すため、その種類もさまざまです。記事や動画、SNSなど多くの種類があり、届けたい情報によって使い分けることが大切といえます。少し専門性の高い読み物を作成したい場合は記事タイプのもの、キャッチーな新商品スイーツを告知したいときはSNSなどターゲットと用途に合わせるとよいでしょう。

 

また、複数のコンテンツを融合させて利用するのもおすすめです。記事内で動きがあった方が伝わりやすい部分には動画を使ったり、説明付きの画像を使って視認性を高めたりとさまざまな工夫ができます。どうしたらユーザーがわかりやすいかを一番に考え、コンテンツを作成していくことで、多くの顧客が満足するものを作れるでしょう。

 

WEBコンテンツを企画・制作する手順

ここでは、WEBコンテンツを企画・制作していく手順を紹介していきます。

 

①現在の課題を洗い出して、コンテンツの目的・ゴールを設定する

まずは現在の課題を洗い出して、コンテンツの目的やゴールを設定しましょう。サイトにはどのような経路でユーザーが流入しているのか、アクセス数は伸びているのかなど、今の状態を把握することが大切です。現状を把握したらなぜアクセス数は伸びないのか、競合サイトとの違いは何かをしっかり分析していきましょう。

 

課題を洗い出したら、コンテンツを制作する目的やゴールを設定することが重要です。ゴールを見据えずにコンテンツを制作していくと、ぼやっとしたものができあがってしまい、ユーザーの心に刺さりません。このコンテンツを見た後ユーザーは何を考え、どう行動するかをしっかり考えることで、芯のあるものを作成できます。また、作成したコンテンツは適宜修正したり情報を更新したりしていく必要がありますが、ゴールや目的を最初に決めておくことで、情報をアップデートする際にもスムーズに作業できるでしょう。

 

②ターゲット・ペルソナを明確に設定する

次に、ターゲットやペルソナを明確にしましょう。インターネット上で出会う顧客とは、実際に会って話せないため、コンテンツを制作する上でサイトを訪れる仮想顧客(ペルソナ)の設定は特に重要といえます。年齢層や性別、性格、家族構成など細かく設定することで、実際にその人の前で説明しているような感覚でコンテンツを制作できるでしょう

 

コンテンツ制作で最も大切となるのがユーザーファーストの視点です。ペルソナをしっかり設定することで、ユーザーにとってこのコンテンツは役に立っているのかを常に考えながら作成できるため、最初に顧客層をきちんと決めることは重要といえます。

③ターゲット・ペルソナの行動を整理する

ターゲットやペルソナを決めたら、検索に至るまでの行動を整理しましょう。例えば「メイク 初心者」というキーワードでコンテンツを作成するとします。「春から大学生になるから垢抜けたい。→今までは部活と勉強に一生懸命だったからメイクも洋服もよくわからない。→雑誌やYouTubeにたくさん情報は載っているけど、イエベとかブルベとか専門用語が多くて難しい。→自分に似合うメイク道具やメイク方法を知りたい。→『メイク 初心者』で検索した」という経緯があったとします。

 

このように検索までの行動を整理することで、なるべく専門用語を使わずに、わかりやすいメイク方法を教えたり、一工程ずつ動画や画像でメイク方法を伝えたりすることがユーザーに役立つとわかります。ターゲットやペルソナによって検索までの経緯はさまざまなので、ユーザー目線でなぜ検索したかをしっかり考えることがポイントといえるでしょう。

 

④コンテンツの内容を決定する

ペルソナの行動分析が終わったら、コンテンツの内容を決定しましょう。まずはキーワードツールやSNSを使って、ユーザーが興味を持っていたり悩みを抱えていたりする内容の把握が大切です。特にSNSは、最新のユーザーの動向を簡単に知ることができるため、ターゲットに合わせてInstagramやFacebookをチェックしましょう。

 

また、記事タイプにするか動画・画像を使うかなどコンテンツの種類についてもしっかり考えることが大切です。扱う内容によって最適なコンテンツは異なりますが、ユーザーがわかりやすいのはどのコンテンツかを考えて種類を決定するとよいでしょう

 

⑤制作、公開

どのようなコンテンツを制作するか決まったら、実際に作成していきましょう。このときに重要となるのが、タイトルを工夫すること。記事にしても動画にしても、検索ページではタイトルしか見られません。そのため、目を引くタイトルを設定することでユーザーに興味を持ってもらえます。

 

自分の悩みを解決できるコンテンツであった場合、再度サイトを訪問してもらえる可能性もあるため、ユーザー目線で最後までコンテンツ制作に励みましょう。そして、作成が終わったらコピペチェックを行うのが重要。自分でオリジナルのコンテンツを作ったとして、Google上でコピペと判断されてしまったら、価値のないコンテンツになってしまいます。公開前に専用ツールを使ってコピペコンテンツになっていないかをチェックすることで、安心してユーザーに情報を届けられるでしょう。

 

⑥結果を分析して、改善する

コンテンツは公開して終わりではなく、結果を分析して改善することが大切です。どのようなキーワードでコンテンツに流入しているのか、どういった情報が足りないのかを考え修正していくことで、よりユーザーに役立つコンテンツになっていくでしょう。

 

また、公開してから修正しないでそのまま放置しているとGoogleからの評価も下がってしまいます。ユーザーからもGoogleからも高評価をもらえるようなコンテンツにするためにも、定期的に情報収集し結果を分析・改善していくことが大切といえます。

 

コンテンツ制作の成功のカギ!企画のポイントを紹介

ここでは、コンテンツ制作の成功の鍵となる企画時のポイントを紹介していきます。

 

【企画のポイント】 【詳細】
企画は念入りにする 目的やターゲットを明確にすることで、ユーザーの心に刺さるものが作成できる
量産ばかりを意識しない 中身のないコンテンツをたくさん作ってもファンやリピーターを獲得できない
オリジナルを大切にする 他のコンテンツとの違いを出すことで、顧客からの信頼を得られる

 

コンテンツ企画は念入りに行うことが大切

コンテンツを制作する上で企画は念入りに行うことが大切です。ここでは企画する上でおさえておきたい2つのポイントを紹介していきます。

 

コンテンツの目的やターゲットは明確に設定する

まずは、コンテンツの目的やターゲットを明確にするということです。新規顧客を獲得したいから、既存顧客をリピーターに育成したいからといって、むやみやたらにコンテンツを量産するのはやめましょう。しっかり目的やターゲットを決めていないコンテンツだと、ユーザーの悩みを解決できないだけではなく、このサイトを見ても知りたい情報を得られないと思われ既存顧客が離れていってしまう恐れもあります。

 

誰に向けてどのような目的で作成しているかを意識することで、中身のあるコンテンツが作れるため、最初の段階で目的やターゲットを明確にしておくことは重要といえるでしょう。

 

チームでコンテンツ制作を行う場合は共有することも重要

一人で企画を担当するのではなく、複数人でコンテンツ制作を行う場合、情報を共有していくことが大切です。企画書にリサーチした内容をまとめたり、ペルソナの行動分析をするときにカスタマージャーニーを作成したりすることで、共通認識を持ってコンテンツを制作できま

 

情報が共有できてないと、筋の通ったコンテンツにならず質の低いものができあがってしまうため、ユーザーへ価値のある情報を届けるためにも定期的にミーティングすることも大切といえるでしょう。

 

コンテンツの量産ばかりに気を取られない

質より量を意識して、コンテンツの量産ばかりに気を取られないようにすることも重要です。コンテンツ量が豊富だと多くの情報をユーザーに届けられますが、内容が伴っていないものを量産しても意味がありません。最初はアクセス数が上がったとしても、リピーターを獲得できず、集客効果を発揮しないコンテンツになってしまいます

 

そのため、量産よりもまずは一つひとつのステップを踏んで中身のあるコンテンツを作成することが大切です。どのような悩みを持つ顧客へ向けてなのかを意識し、ユーザーのためになるものを作成していくことで、信頼を獲得できるような価値あるコンテンツを作成できるでしょう。

 

オリジナルのコンテンツであるか

競合サイトとは異なる情報を入れ込んだ、オリジナリティのあるコンテンツになっているかも大切です。コンテンツ制作でよくあるのが、上位サイトを寄せ集めたようなものができあがってしまうということ。SEO対策に力を入れようと上位サイトを見て研究し続けていると、陥ってしまう傾向にあります。

 

競合サイトを見てリサーチしていくことは大切ですが、同じ内容ばかりを扱うのは避けましょう。ときには専門家へのインタビューや取材内容をコンテンツ内に取り入れることで、独自性を出せることもあります。どうすれば他のサイトよりもユーザーに役立つ情報を提供できるのかを考えてコンテンツを制作するのが重要といえるでしょう。

 

コンテンツの企画は外注するという手も

コンテンツ制作に挑戦したいものの、知識や時間がないという人は外注先に依頼するのも一つの手です。ここでは、コンテンツ制作を外部へ委託する場合のメリットやおすすめの外注会社を紹介していきます。

 

コンテンツ制作サービスとは?

コンテンツ制作サービスとは、SEO対策について知識があったり大手企業との取引実績があったりするプロにコンテンツ制作を依頼できるサービスです。会社によって扱っているサービスはさまざまですが、記事や動画、ホワイトペーパーなどさまざまなコンテンツを制作してもらえます

 

コンテンツ制作サービスを利用するメリット

コンテンツ制作サービスを利用するメリットは、3つあります。以下ではそのメリットを詳しく解説していきます。

社内のリソースを使わずにコンテンツを企画できる

まずは、社内のリソースを使わずにコンテンツを企画できるということです。コンテンツ制作を行なったことがない会社の場合、他の業務と並行しながら作成に励む必要があるでしょう。その場合、どうしても残業をしたり他の業務が疎かになったりしてしまいます。社員にとって大きな負担になる上に、コンテンツ制作も通常の業務も中途半端になってしまうと時間も社員の頑張りも無駄になってしまうという結果に。

 

こうした懸念がある場合は、外部に委託するのがおすすめといえます。数回の打ち合わせは必要になりますが、通常の業務を止めずにコンテンツを制作できるため、大きな負担を抱えずに済むでしょう。

 

スピード感が速い

2つ目のメリットは、スピード感の速さです。初心者がコンテンツ制作を行う場合、ターゲットやペルソナの設定、行動分析、キーワード調査など多くの工程を捌くには膨大な時間がかかってしまいます。一方で、コンテンツ制作の経験が豊富なプロに依頼することで、スピーディーに作成してもらえるでしょう。

 

競合会社がコンテンツ制作に力を入れてきたので、なるべく早く良質なコンテンツを作ってほしいという場合におすすめといえます。

 

さまざまな知見を持っているため、適切な企画ができる

3つ目のメリットは、さまざまな知見を持っているプロに作成を依頼できるため、適切な企画をしてもらえるということです。サイトのコンセプトやターゲットなどをしっかり伝えることで、ユーザーの心を掴むようなコンテンツを作成してもらえるでしょう

 

記事や動画、漫画など複数のコンテンツの作成に対応している会社の場合は、顧客がわかりやすいようにコンテンツを組み合わせてもらえる場合があります。どのような目的で作成したいのか、希望のコンテンツのイメージ像などを共有することで、適切なものを企画してもらえるため、しっかり意志を伝えることが大切といえるでしょう。

 

おすすめのコンテンツ制作サービス

コンテンツ制作サービスを利用するなら、ぜひコンテンツファクトリーがおすすめです。ホワイトペーパーや記事、4コマ漫画などさまざまなコンテンツを作成してもらえるのが魅力といえます。動画編集も行なってもらえるため、SNSで話題のリッチコンテンツを作成したいときにも選択肢となるサイトといえるでしょう。

 

まとめ

良質なコンテンツを制作する上で、事前準備となる企画は大切なプロセスです。誰に向けたどのような目的のコンテンツ制作なのかを事前に決めておくことで、ユーザーに刺さるコンテンツを届けられるでしょう。

 

最近では、動画や画像を工夫したリッチコンテンツが話題を集めています。文章メインの記事コンテンツにも動画や画像を効果的に取り入れることで、ユーザーの注目を集めることもできるでしょう。企画段階でどのようなコンテンツにしたいかを明確にしておくことで、理想に近いものを作成できます。顧客の悩みを解決できるような価値のあるコンテンツ制作をするためにも、常にユーザーファーストの気持ちを忘れないことが大切です。

RELATED

RANKING