services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

オウンドメディア外注料金の相場は?外注のメリット・デメリットも解説

オウンドメディア 外注 アイキャッチ

オウンドメディアは、企業や商品およびサービスの宣伝に有効な媒体です。Webサイトやブログを使い、自社の思いを自由に発信できます。一方で、オウンドメディアを定期的に更新するには、時間や労力も必要です。これらを削減するため、外注を検討している企業もあるでしょう。

 

この記事では、オウンドメディアを外注する際にかかる費用に加え、自社運用と比べたときのメリットとデメリットを解説します。

 

あわせて、対応してもらえる業務や外注可能な依頼先も紹介しましょう。オウンドメディアの運用を外注すべきか悩んでいるのであれば、当記事を参考にしてください。

 

オウンドメディアを外注するメリット

オウンドメディアを外注するメリット

オウンドメディアを外注すると、自社運用にはないさまざまなメリットがあります。

 

・専門的な知識や技術を持った人に作成してもらえる

・コストを削減できる

・時間や労力を削減できる

 

人材やコスト、労力の観点でオウンドメディアの運用が難しいと考えている場合は、外注を検討してみるといいでしょう。各メリットの具体的な内容について説明します。

 

専門的な知識や技術を持ったライターが記事を作成

オウンドメディアを外注するメリットとして、専門的な知識や技術を持ったライターに記事を作成してもらえる点が挙げられます。

 

記事を作成する際には、専門外の領域を取り扱うケースもあるでしょう。専門外のテーマについて、内容をよく知らない方が正確に記事を書くのは極めて困難です。

 

インターネットを使えば、ある程度の情報はリサーチできます。しかし、一般論が並べられているだけでは、深い内容まで知りたい読者には評価されません。記事の質も下がる恐れがあります。

 

自社で扱うのが難しいテーマは、専門的な知識を持つライターや企業に外注した方がおすすめです。オウンドメディアで紹介できる情報も増え、さまざまなジャンルから集客を狙えます。

 

コスト削減

オウンドメディアの運用を外注すると、コスト削減ができるケースもあります。外注した場合は、従業員を執筆できるように教育する必要はありません。ライターを新たに雇わなくていいため、人件費や教育費の削減に繋がります。

 

依頼先のサービス内容にもよるものの、記事制作の外注は1記事あたり1万円〜2万円が相場です。基本的には「文字数×単価」で計算されます。専門的なスキルを持ったライターに依頼する場合は、一般的に費用が高くなる認識が必要です。

 

記事制作以外(戦略設計や高度なカスタマイズなど)も外注すると、100万円以上の費用がかかるケースもあります。コストを重視する際には、どこまで外注するかをしっかりと決めておきましょう。

 

時間や労力の削減

外注先に記事制作を委託すれば、時間や労力の削減が可能です。1つの記事を完成させるには、慣れるまでは数日程度かかります。

 

ただ文字を入力するだけではなく、リサーチや装飾(画像制作やコーディングなど)もする必要があるためです。普段の業務と並行して行うのは簡単ではありません。

 

また、より多くの人に読まれるには、SEO対策(検索結果で上位に表示される取り組み)といった専門的な知識も求められます。社内にノウハウがない場合、一から勉強するのは負担も大きくなるはずです。外注すれば社内で教育する時間も削減され、本来の業務に集中できます。

 

加えて、外注先が記事制作を担当することで定期的に更新しやすくなります。コンテンツを数多く発信したいときは、外注も視野に入れておきましょう。

 

オウンドメディアを外注するデメリット

オウンドメディアを外注するデメリット

オウンドメディアの外注には、デメリットもいくつか存在します。ここでは、主に3つ紹介します。

 

・コンテンツの品質管理が難しい

・外注先を選定するための調査が必要

・納期遅れが生じるケースも

 

上記の点に不安がある場合は、一部を自社運用することも検討しましょう。メリット面と比較しつつ、どのように運営するかを決めてください。

 

コンテンツの品質管理が難しい

オウンドメディアを外注するデメリットは、コンテンツの品質管理が難しくなる点です。

 

一般的には、専門のライターにコンテンツ制作を依頼します。しかし、企業側もオウンドメディアを運営する上で、あらかじめコンセプトを決めているはずです。

 

ライターに上手くコンセプトを伝えなければ、完成したコンテンツとオウンドメディアの方向性に差異が生じる可能性もあります。

 

依頼する際には、外注先にコンテンツの方向性を明示しましょう。決して、コンテンツ制作を丸投げしてはいけません。

 

ターゲット層やキーワードを定め、ライターがスムーズに作業できる環境を整えてください。丁寧な依頼を心がけるだけでも、相手は品質の高いコンテンツを制作しやすくなります。

 

外注先の選定が重要

オウンドメディアを外注するデメリットとして、自社に適した相手を見つけるのが難しい点も挙げられます。無論、外注先はコンテンツ制作を生業にするプロがほとんどです。たいていの方が、基本的な知識や技術を身に着けているでしょう。

 

ただし、いくらスキルを持ったライターでも、自社が望むコンテンツを制作できるとは限りません。文章であれば、人によってさまざまな捉え方があります。

 

ライターが全力を尽くしたとしても、自社のオウンドメディアには合わないケースもあるはずです。最悪の場合、提出されたコンテンツの全文が書き直しとなるかもしれません。

 

外注先を選ぶには、単純なコンテンツ制作のスキルのみならず相性も重要です。その点のバランスも踏まえながら、入念にリサーチしてください。

 

外注先によっては納期が遅れる可能性がある

外注先との連携が機能しなければ、納期に遅れる可能性もあります。特に注意しなければならないのは、クラウドソーシングを利用するときです。

 

クラウドソーシングでは、数多くのライターを簡単に見つけられます。仕事を依頼しやすい便利なサービスではあるものの、相手の選定を慎重に行わなければなりません。

 

責任感がない人を選べば、途中で連絡が取れなくなる危険性もあります。こうしたリスクに備え、相手とのコミュニケーションは重視しましょう。

 

納期を決める際には、コンテンツ制作にどこまでの時間がかかるかを把握することも大切です。記事の執筆であれば文字数と作業工程を計算しつつ、なるべく納期に余裕を持たせるといいでしょう。

 

オウンドメディアの立ち上げ・運営で外注できる業務範囲

オウンドメディアの立ち上げ・運営で外注できる業務範囲

オウンドメディアの立ち上げおよび運営するには、いくつかの工程を踏まなければなりません。どこまで外注してもらうかは、事前に決めておくといいでしょう。

 

一般的に外注できる業務範囲は次のとおりです。

 

・記事の企画

・構成案作成

・記事のライティング

・効果測定

・オウンドメディアの構築

 

ここでは、各業務範囲の詳しい内容について紹介します。

 

記事の企画

オウンドメディアは、基本的に記事コンテンツを量産させて運営します。多くの記事をつくるためにも、企画に力を入れなければなりません。企画する上で重要なポイントは、以下の3点です。

 

・記事の大まかなテーマの決定

・ターゲットの設定

・キーワード選定

 

特にキーワードは、SEO対策とも深く関わります。ユーザーから検索されそうなワードを、ツールで探す作業が基本です。当然ながら、専門的な知識も求められます。記事の制作は、企画の段階で入念に戦略を練らなければなりません。

 

構成案作成

外注先の提供するサービスにもよるものの、自社で企画をつくり、構成案から作成してもらうことも可能です。構成案は、記事をつくる上での柱となります。

 

よく考えずに作成すると、文章に統一性がなくなる恐れもあります。構成案をつくる際には、記事の目的やキーワードに上手く合わせなければなりません。

 

プロに外注すれば、目的やキーワードに沿った構成案を作成してもらえます。依頼するときは、記事のテーマやターゲット層を細かく指定してください。相手も作業がしやすく、コンテンツの品質にも良い影響を与えるためです。

 

構成案作成は、ライティングとセットで外注することもおすすめします。同じライターが担当することで、構成の意図と執筆内容との差異をなくせます。

 

記事のライティング

記事のライティングを外注するには、具体的なルールを決めることがおすすめです。

 

・文体(「ですます調」か「だである調」か)

・トンマナ(文章全体のデザインやスタイルに一貫性を持たせるルール)

・NG表現

・漢字の閉じ、開きの記載など

 

ライティングは、執筆する側の特色が色濃く反映されます。ただし、記事はあくまで自社が運営するオウンドメディアの一部です。統一感を出すには、しっかりとルールを決めなければなりません。

 

プロが書いた文章でも、コンテンツの内容が誤っている可能性はあります。提出されたら、一度社内でチェックしましょう。気になったポイントをまとめ、外注先に修正依頼を出すのが基本的な流れです。お互いに協力し合いながらコンテンツの質を高めてください。

 

効果測定

記事を配信したあとは、どの程度の成果が得られたかを効果測定することが大切です。とはいえ、効果測定をするためには、少なくともGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールを使えなければなりません。

 

前者はオウンドメディアへのアクセス状況を解析するツール、後者は検索結果を分析するツールです。

 

それぞれのツールは、無料で利用できます。しかし、専門的な用語も多く、使いこなすには時間や労力もかかります。自社の負担を軽減させつつ、的確に改善点を見つけたい場合は効果測定の外注を検討しましょう。

 

効果測定のみならず、記事のリライトを依頼するのも方法のひとつです。SEO対策や情報のアップデートのため、定期的に記事の見直しが必要となります。

 

オウンドメディアの構築

記事の制作のみならず、オウンドメディアそのものの構築も外注可能です。オウンドメディアをどう生かすかによって、デザインや必要な機能も変わります。サイトを通して、商品やサービスの取引をしたいと考えている企業もあるでしょう。

 

仮に商品をオンラインで取引する場合は、EC(電子商取引)機能の導入が有効です。長期顧客をつくるべく、会員登録機能から集客力アップに繋げる工夫もあります。

 

EC機能や会員登録機能は、素人が簡単に設置できるものではありません。そのため、外注費も高くなるのが一般的です。

 

オウンドメディアの構築後は、運営支援サービスを提供する外注先もあります。慣れないうちは頻繁にアドバイスを貰い、今後の運営に生かした方が得策です。

 

オウンドメディア外注料金の相場

オウンドメディア外注料金の相場

オウンドメディアの外注料金の相場について、記事制作の種類や記事の長さ、品質などを踏まえた上で解説します。外注する際の一般的な費用相場は次のとおりです。

 

依頼する範囲 費用相場
記事の作成だけを外注 2万〜30万円
戦略立案から運用まで外注 20万〜85万円

 

オウンドメディアの種類によって、かかる費用も大きく異なります。具体的な相場について解説しましょう。

 

記事の作成だけ外注する場合

記事の作成だけを外注すれば、比較的出費を抑えられます。基本的な記事の作成の流れは次のとおりです。

 

1.記事を作成する目的やターゲット層の選定を行う

2.構成案を作成する

3.記事の執筆を行う

4.作成した記事を改善する

 

この中で、特に時間がかかるのが記事の執筆です。文章作成ではSEOを意識しなければならず、検索順位で上位を獲得するための知識や技術が求められます。

 

上述したとおり、外注先に依頼する場合、費用は「文字単価×文字数」で計算されます。1文字1.5円換算で5,000文字であれば金額は7,500円です。

 

構成案の作成も、基本的には執筆時の費用に含まれています。文字単価を高く設定するのが一般的です。どの程度の費用で依頼するかは、外注先と相談した上で決めましょう。

 

全ての手順を外注すると、1記事あたり1万円を超えるケースもあります。10記事依頼すれば、10万円以上の費用もかかるかもしれません。以上から、2万〜30万円の費用が発生すると押さえてください。

 

オウンドメディアの戦略立案から運用まで外注する場合

オウンドメディアの費用相場は、デザインやカスタマイズによって大きく変動します。複雑な機能を設けず、デザインやレイアウトに力を入れない場合は20〜30万円が一般的な相場です。ある程度の案を用意していれば、費用はさらに抑えられます。

 

しかし、デザインが簡易的すぎると他の企業との差別化を図るのも簡単ではありません。オリジナルデザインも構築し、自社ならではのブランドを確立することが大切です。ここまで外注先に依頼すると、構築費や企画費が高くなります。一般的な相場は35万〜50万円程度です。

 

コンテンツ制作も含め、全て外注した場合は50万〜65万円はかかると押さえてください。費用で外注先を決める際には、全ての企業から見積もりを出してもらうといいでしょう。

 

オウンドメディアを運用する際には、あくまで費用対効果を意識しなければなりません。単純な金額のみならず、どこまでの成果を出せるかで決めた方が賢明です。

 

オウンドメディアの外注先を選ぶポイント

オウンドメディアの外注先を選ぶポイント

インターネットで探せば、数々の企業や個人がオウンドメディア運営の外注サービスを提供しています。候補も数多く見つけられるため、どこに依頼すべきかを悩んでしまうかもしれません。

 

ここでは、外注先を選ぶ際のポイントを3点紹介します。どの外注先を選ぶかで、今後の集客や売上にも影響を与えます。3つのポイントをしっかりと意識してください。

 

実績や評判を確認する

外注先を選ぶ際には、実績や評判を確認しましょう。ある程度評価が高ければ、品質の高い記事を制作してくれる確率も上がりやすいからです。外注先の実績や評判を確認するには、次の方法があります。

 

・ホームページから実績や強みを確認する

・外注先の運営しているオウンドメディアをチェック

・客観的な評価を参考にする

 

まずは、ホームページにアクセスし、実績や強みを確認してください。そこで、自社が運営する予定のオウンドメディアと相性が良さそうかを確かめます。アクセスする際には、外注先のオウンドメディアの完成度もチェックしておくとイメージもしやすいでしょう。

 

また、ホームページだけでは成功事例しか掲載していない可能性もあります。口コミやSNSから、客観的な評価を見るのも方法のひとつです。ただし、あえて悪く評価しようとする投稿もあるため、あくまで参考程度に留めてください。

 

ライターの質を確認する

記事の良し悪しは、ライターの質にも大きく左右されます。品質の高い記事を作成するためにも、ライターの技術を入念に確認しましょう。

 

質を確認する簡単な方法としては、過去の実績を提示してもらうことが挙げられます。ライター自身が保有しているオウンドメディアや執筆した記事を参考にしてください。

 

テストライティングで、相手の技量を確かめる方法もおすすめです。積極的にコミュニケーションを取り、力量を確認してください。

 

また、いくらライターの質が高くとも、必ずしも完ぺきな状態でコンテンツが提供されるとは限りません。一般的には、何度か修正対応を依頼してコンテンツの品質を高めます。修正依頼に対応してもらえるか否かも、確認した方が賢明です。

 

料金設定を比較する

外注先を選ぶときは、料金設定を比較することも重要です。特にオウンドメディアは、成果が出るまでに半年〜1年間の年月を要すると考えられています。始めたばかりの頃は、費用を回収できない時期が続くことを念頭に置いた方が賢明です。

 

料金を確認する際には、候補に挙げた企業から見積もりを貰いましょう。各々の見積もりを確認しつつ、自社に最適だと思うところを選んでください。

 

ただし、価格がいくら低くても、仕事の質が悪ければ意味はありません。あくまで、実績やライターの質を総合的に判断することが大切です。

 

外注先によって、提供しているサービスもまた変わります。そのためにも、自社運営でどこまで対応するかも踏まえ、サービスの内容を確認するといいでしょう。

 

オウンドメディア外注で失敗しないコツ

オウンドメディア外注で失敗しないコツ

オウンドメディアを外注しても、自社の掲げた目標に到達しないケースもあります。失敗する際に、よく見られる原因が以下の3点です。

 

・外注先とレギュレーションを共有していない

・積極的なコミュニケーションを取れていない

・社内でのチェック体制が甘い

 

ここでは、外注で失敗しないコツを3点紹介します。オウンドメディアの運営に生かしてください。

 

外注先とレギュレーションを共有する

オウンドメディアを外注するときは、目的に沿ったレギュレーション(規則)の共有が大切です。相手もレギュレーションを理解することで、どのように仕事を進めればよいかがわかりやすくなります。

 

例えば、コンテンツ制作では文末表現や単語の表現方法を統一させましょう。各コンテンツで書き方が異なると、オウンドメディアに統一感が生まれなくなるためです。SEOの評価にも繋がるため、細かくルールを定めなければなりません。

 

企業によっては、複数のライターに仕事の依頼を任せる場合もあるでしょう。レギュレーションで統一させなければ、各々が自分の好みに合わせて作業する恐れがあります。具体的かつ丁寧に記載し、外注先を混乱させないよう注意が必要です。

 

外注先と積極的にコミュニケーションを取る

外注による失敗を防ぐには、レギュレーションのみでは不十分です。レギュレーションを丁寧にまとめたとしても、相手が誤って解釈する可能性もあります。積極的なコミュニケーションを心がけ、作業状況を随時確認した方が賢明です。

 

頻繁に連絡し合うためにも、チャットアプリをお互いにインストールすることをおすすめします。社内の電子メールのみでは、返信が遅れる可能性もあります。チャットアプリであれば、時間や場所に縛られずスマホで簡単に応対が可能です。

 

オウンドメディアを構築する中で、急きょ変更点が出てくるかもしれません。相手企業のスケジュールもあるため、なるべく早く修正依頼を出すことが求められます。頻繁にコミュニケーションが取れる環境を整えましょう。

 

社内のチェック体制を構築する

専門的なノウハウを持った外注先に依頼しても、必ず社内のチェック体制を構築してください。オウンドメディアは最終的に自社の資産となります。外注先と協力する姿勢を忘れず、より良いオウンドメディアをつくり上げましょう。

 

チェックする際には、適切な業務分担が重要です。レギュレーションに目を通し、修正すべき点がないかを探します。自社で修正が難しい場合は、外注先に再度依頼してください。

 

ただし、相手も時間を割いて業務に取り組んでいます。修正箇所とレギュレーションに矛盾が生じるのは失礼に値します。このような不備がないよう、修正してほしい内容をメモに残しましょう。その後、レギュレーションと再度照らし合わせてください。

 

オウンドメディア構築を外注できる依頼先4選

オウンドメディア構築を外注できる依頼先

オウンドメディアの制作を外注しようと思っても、どこに依頼すればいいか悩むケースもあるはずです。外注先の種類は、大きく分けて2つあります。

 

・個人

・WEBマーケティングコンサル会社

 

個人と合わせ、以下の3つのWEBマーケティング会社に依頼したときの強みを紹介しましょう。

 

・株式会社Hub Works

・株式会社ユナイテッドリバーズ

・株式会社LIG

 

外注先を選ぶ際の参考にしてください。

 

個人

専門のライターと直接契約を交わすには、個人に対して仕事を応募する方法があります。直接連絡を取り合えば、ライターの得意なジャンルや経歴を細かく知ることができます。実際に顔を合わせてコミュニケーションを取りたいときは、オンライン面談も視野に入れてください。

 

個人ライターへの依頼のメリットは、こちらの指示を直接伝えられる点です。相手が企業の場合、指示の伝達が上手く行かずに執筆者が意図を把握し切れない恐れもあります。修正対応や追加の注文をするときも、ライターと直接やり取りした方がスムーズに進むでしょう。

 

WEBマーケティングコンサル会社

他にも、WEBマーケティングコンサル会社に依頼する選択肢もあります。企業に外注するメリットは、個人ライターよりも社会的な信頼性が高い点です。

 

すでに説明したとおり、企業であればホームページから実績や強みを調べられます。仕事を依頼する前に、どのようなコンテンツを作成してもらえるかが把握できます。

 

また、数多くのライターを雇っている企業も少なくありません。自社と相性の良いライターが、企業を通して見つけられるケースもあります。

 

株式会社Hub Works

株式会社Hub Worksでは、BtoBやBtoCにかかわらずさまざまな業界でWebマーケティングをサポートします。コンテンツ制作に特化した事業が「コンテンツファクトリー事業」です。SEO記事の新規作成やリライト、ウェビナー等の動画および資料の記事化を提供しています。

 

顧客のコンテンツマーケティングをサポートしたところ、半年間で約8倍のPV数を獲得させることができました。課題解決のみならず、キーワードの提案や方針の決定にも対応します。

 

株式会社ユナイテッドリバーズ

株式会社ユナイテッドリバーズは、完全成果報酬型でオウンドメディア運営のサービスを提供する企業です。サーバー代やドメイン代、サイト開発は原則として無料とされています。複雑なデザインや仕様も依頼する場合は、別途費用が発生するとのことです。

 

コンテンツ制作のサービスは、月額30万円で提供しています。開発から制作まで全て担当するため、引き継ぎの手間を軽減できる点が強みです。

 

オウンドメディアを公開したあと、2カ月でビッグキーワード(一般的に検索される回数の多いメジャーなキーワード)が検索順位1位を獲得しました。

 

株式会社LIG

株式会社LIGは、自社のオウンドメディア「LIGブログ」で培ったノウハウを生かし、Webサイト開発やコンテンツ制作にあたっています。コンテンツ制作では、月50本以上の制作が可能です。

 

15年近くオウンドメディアを運営した実績から、経験談に基づくアドバイスも提供できる点が強みです。また、依頼元の特色に合わせ、記事のテイストも柔軟に変えられます。オリジナル性に特化したオウンドメディアをつくりたい企業におすすめです。

 

まとめ

オウンドメディア 外注 まとめ

この記事では、オウンドメディアの外注について詳しく解説しました。外注は専門性の高いライターに依頼でき、時間や労力を削減できるメリットがあります。

 

一方で、コンテンツの品質管理の難しさや納期遅れへの懸念がデメリットに挙げられます。両者を比較し、慎重に外注するか否かを決めなければなりません。

 

外注先を選ぶ際には、実績や評判も参考にしてください。評判の良い企業や個人と契約を結び、積極的にコミュニケーションを取ることで失敗のリスクを軽減できます。

 

サービス内容によって、外注費もまた細かく変わります。事前に、オウンドメディアを外注する際の費用相場を把握しましょう。費用対効果を高めるためにも、予算と見比べながらどこまで依頼するかを検討してください。

 

執筆者:Hub Works 鈴木

株式会社HubWorks マーケティング部 2021年よりインターネット広告代理店に入社し、月間数億規模の広告運用を経験。 2022年に株式会社Hub Worksに入社しマーケティング担当者として、ウェブ広告やSEOなどの集客、 記事やホワイトペーパー作成などのコンテンツ制作業務に従事。

RELATED

RANKING

業界最安値級コンテンツ制作BPOサービス