services icon

COLUM/KNOWLEDGEコラム/ナレッジ

オウンドメディアの集客で成功するための具体的な方法を徹底解説!

オウンドメディア 集客 アイキャッチ

オウンドメディアで集客したいと思っていても、なかなか思うような成果につながらない、オウンドメディアでの集客の方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、オウンドメディアの集客方法について、具体的な手法を解説します。オウンドメディアを使った集客の事例もいくつか紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

オウンドメディアで集客できる理由とは?

オウンドメディアで集客できる理由とは?メリット・デメリットも紹介

オウンドメディアへの理解を深めたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

オウンドメディアとは、Web上に自社が保有するメディアのことです。一般的には、問い合わせや資料請求などをコンバージョンポイントにし、見込み顧客の獲得を目指します。

 

他にも、多くの人に見てもらうことでサービスやブランドの認知度や好感度を高めたり、人材を採用したりする際にも活用されます。

 

人々がWebで多くの情報を収集するようになり、Web上の情報が集客に大きな影響を及ぼすようになりました。Webの情報により、意識の変化や行動を促すことが可能です。

 

オウンドメディアで見込み顧客に有益な情報を届け、行動・態度変容を促すことが、現在では集客の手法として有効になっています。

 

オウンドメディアを集客に利用するメリット

オウンドメディアを集客に利用するメリット

オウンドメディアを集客に利用するメリットは主に「集客リスクの分散」「低コストでの集客」「顧客のファン化」の3つです。

 

長期的な視点からオウンドメディアを集客に活用することで、大きなメリットが期待できるでしょう。

 

集客リスクの分散ができる

オウンドメディアを利用するメリットとして、集客リスクの分散が挙げられます。Webでの集客においては、広告、SNS、オウンドメディアなど、複数のチャネルを活用することで、リスクを分散できます。

 

1つのチャネルに頼った集客をしていると、うまくいかなくなった場合に、集客手段がなくなるリスクが考えられます。

 

例えば、競合が同じSNSで集客を開始したことで自社への集客が少なくなり、自社の顧客の数が大幅に減ってしまうこととが考えられます。

 

つまり、1つの集客チャネルのみに依存するのはリスクがあります。オウンドメディア、SNS、広告など複数のチャネルを持っておくことで、安定した集客をしていくことが必須となります。

 

低コストでの集客が可能

都度費用をかけなければならない広告と比較して、オウンドメディアは低コストでの集客が可能です。その分、短期的な成果にはつながりにくいですが、費用面でのリスクは低いといえるでしょう。

 

広告の場合、費用をかけ続けることで集客が可能ですが、費用をかけるのをやめると同時に集客ができなくなります。

 

オウンドメディアの場合、アクセスを確保できるサイトになるまでに時間はかかります。しかし、サイトの評価が高まり、検索結果で上位表示を獲得できるサイトに成長すれば、費用をかけることなく集客が可能になります。

 

コンテンツが資産として蓄積されることで、長期的な集客効果が期待できます

 

顧客のファン化につながる

オウンドメディアは顧客が「ファン化」しやすい集客施策です。

 

顧客の悩みや知りたいニーズに答える情報を発信していくことで、「価値のあるサイト」と認識してもらえます。

 

情報に価値を見出せば、新しい情報を知りたい顧客は定期的にサイトを訪問するようになり、自社のことをより深く知ってもらうことができます。

 

さらに、定期的にサイト訪問してもらうことで自社のサービスや商品に愛着を持ってくれるため、情報を拡散してもらうことも期待できます。

 

オウンドメディアを活用すれば、自社の認知度や好感度を上げることができるため、顧客のファン化につながります。広告には嫌悪感を抱く人も多く、リピート率を上げる、LTVを上げるといった目的にはオウンドメディアの活用がおすすめです。

 

オウンドメディアを集客に利用するデメリット

オウンドメディアを集客に利用するデメリット

オウンドメディアのデメリットとしては、成果が出るまでに比較的長期的な視点が必要であることと、運営に多くの時間とリソースが必要であることが挙げられます。

 

ただ、一度軌道に乗せることができれば、集客手法として有益なものとなるでしょう。効率的にコンテンツを作成できる仕組みを整えることが重要です。

 

成果が出るまでに時間がかかる

オウンドメディアの成果が表れるまでには、広告よりも長い時間がかかることが一般的です。コンテンツを掲載し始めてからも、成果をあげるためには定期的に内容を更新する必要があります。

 

まず、オウンドメディアを構築し、検索エンジンに評価される質の高いコンテンツを作成し、掲載するまでには時間がかかります。

 

また、オウンドメディアの構築からコンテンツを配信してからウェブ上に表示されるまで時間がかかることがあります。これは検索エンジンがコンテンツを確認、評価するために一定の時間がかかるからです。

 

また、コンテンツは作成して終わりではなく、検索エンジンに評価されるために定期的な更新が必要ですコンテンツごとに設定しているキーワードの状況を分析し、改善することで評価される質の高いコンテンツにしていくことができます。

 

運営にリソースが必要

1つのコンテンツを作成するだけでも、キーワードの設定、調査、執筆、校正、編集、入稿など、多くの工数がかかります。

 

コンテンツが完成した後は、定期的な効果測定と改善をしていく必要があるので、コンテンツの数が多くなるにつれて工数も多くなります。

 

また、上記の各工程ごとに確認、修正、修正後の確認などの工数がかかってきます。これらを含めるとさらにリソースが必要になります。

 

オウンドメディア運営を開始するにあたり、どれだけのリソースを割けるのかを事前に確認しておくようにしましょう。オウンドメディアサイトを制作したが、コンテンツが更新されない状況を生み出してしまいます。

 

また、コンテンツが更新されないため成果につながらず、オウンドメディアの運営自体をやめるという判断になるかもしれません。

 

リソースをあまり割けない場合は、オウンドメディア制作会社への外注し、リソースを確保するという方法も検討すると良いでしょう。

 

効果的に集客するためにはノウハウが必要

オウンドメディアで効果的な集客をしていくためには専門的なノウハウが必要です。オウンドメディアを立ち上げ、むやみにコンテンツを発信していくだけでは、集客効果は期待できません。

 

成果につなげるためには、アクセスを集めるための「SEO対策」、アクセスしたユーザーに問い合わせや商品の購入をしてもらうための「導線設計」が必要です。どちらも難易度が高く、専門的な知識が必要となります。

 

もし社内に専門知識を持った社員がいないのであれば、専門のオウンドメディア制作会社に外注することも検討しましょう。

 

オウンドメディアの制作会社をお探しの方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

オウンドメディアで集客するための7つの方法

オウンドメディアで集客するための7つの方法

オウンドメディアで集客するための方法を、ここでは7つ紹介します。

 

オウンドメディアに訪れるユーザーの多くは、検索エンジンやSNSなどの他のメディアなどから流れてきます。それぞれの流入経路を把握し、その特徴に合わせてコンテンツ作りに生かしてください。

 

1. SEO対策

1つ目は、SEO対策です。検索エンジンで自社が上位表示を狙っているキーワードを検索するユーザーを対象に、自社サイトを上位表示させるための対策が必要です。

 

オウンドメディアにおいては、メインの集客チャネルがSEOとなります。自社の商品やサービスを使ってもらえる可能性の高い比較検討層の見込み顧客や、自社サービスに興味関心がある層など、幅広くアプローチが可能です。

 

SEO対策の重要なポイントは、検索意図を把握し、ユーザーに役立つコンテンツにすること。検索意図とは、なぜそのキーワードで検索したのか、そのキーワードで検索したユーザーが何を求めているのかということです。

 

検索意図を把握するためには、上位に表示されている記事やサジェストキーワードの調査が有効でしょう。

 

また、上位表示を狙うためには、Web上の情報をまとめるだけでなく、自社ならではのオリジナリティーや信ぴょう性が重要です。自社独自のノウハウやデータを掲載したり、執筆者情報を掲載したりするなど工夫してください。

 

SEO対策についてさらに知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

2. SNSの活用

SNSを活用することで、オウンドメディアへSNSから流入させることが可能です。Facebook、Twitter、Instagramなどを使ってコンテンツを配信し、記事を紹介します。

 

SNSからオウンドメディアへ集客を行うためには、SNSを運用し、多くのフォロワーを獲得する必要があります。フォロワーを増やすために、定期的に情報発信したり、SNS上での反応に対して返信したりしましょう。

 

また、SNSは拡散力が強いため、一度バズれば多くの人に自社のオウンドメディアを知ってもらうことができます。 ぜひオウンドメディアと組み合わせて発信してみてください。

 

SNSを活用したオウンドメディア集客の詳細はこちら

 

3. 動画の活用

動画を活用することも、オウンドメディアの集客には有効です。YouTubeやTikTokなど、動画プラットフォームを活用しましょう。近年は動画で情報収集する人も多く、記事の内容を動画にまとめて配信することで興味を引くことができます

 

記事で読みたい人は、記事へ遷移できるよう導線を設計しておきます。さらに、記事の中に短い動画を入れ込むという方法もあります。記事内でわかりにくい部分を動画にして説明すると、よりわかりやすいコンテンツができあがります。

 

また、これらの動画プラットフォームを1つのオウンドメディアと捉えることもできます。記事から動画へ、動画から記事へ誘導することで、相互に良い集客効果が期待できるでしょう。

 

4. メールの配信

メールの配信により、オウンドメディアに集客することも可能です。メールマガジンやニュースレターを配信し、記事を紹介することでオウンドメディアに誘導します

 

既存の顧客リストにメールを配信する場合は、顧客と良好な関係を築くためのアフターフォローとして有効なため、新たなコンテンツが制作できたらメールでの配信がおすすめです。

 

メールの配信は、タイミングや頻度も重要です。ターゲットによっても異なりますが、一般的には通勤、昼休み、退勤の時間帯が読まれやすいとされています。

 

また、1日に何通も配信する、もしくは数カ月に1度のみなど低頻度だと効果が薄れてしまいます。週に数回を目安とするといいでしょう。

 

5. 外部メディアからの集客

外部メディアに掲載されたリンクからの集客も期待できます。外部メディアには、プレスリリースや自社の保有する別メディア、他社メディアなどがあります。プレスリリースは話題性も高まるため、積極的に活用することをおすすめします。

 

他社メディアの場合、プレスリリースで公開された新商品の紹介記事や独自データ・ノウハウなどはリンクを掲載してくれる可能性が高いです。このように他社メディアから掲載を相談されることもありますが、PR記事として自社から掲載を依頼することも可能です。

 

また、外部メディアではありませんが、オウンドメディア内での内部リンクも有効です。関連性のある記事であればリンクを挿入することで、より多くの記事を見てもらい、オウンドメディアの効果を高められます。

 

6. オフライン媒体からの集客

オウンドメディアへの流入は、オフライン媒体からもあり得ます。例えば、展示会やセミナーなどでオウンドメディアを紹介すれば、流入の可能性があるでしょう。

 

より多くの人にオフラインから見てもらうためには、QRコードの利用がおすすめです。QRコードであれば、URLを入力したり、検索したりする手間が必要ありません。配布する資料やパンフレットなどに掲載しておきましょう。

 

7. ウェブ広告

ウェブ広告でオウンドメディアへの集客を行う方法もあります。リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告などを出稿し、広告経由でオウンドメディアに誘導する方法です。広告は掲載するのに費用がかかりますが、その分短期間で多くのユーザーを集めることができます。

 

しかし、すぐにお問い合わせや資料請求などの成果につながらない可能性が高い点に注意してください。オウンドメディアの主なターゲットは情報収集段階のため、自社の商品やサービスを提示してもコンバージョンを獲得できる可能性は非常に低くなっています。

 

仮に実施するのであれば、サービスを紹介した比較・おすすめ記事を広告として出稿すると良いでしょう。

 

また、オウンドメディア内にランディングページを掲載し、直接問い合わせや購入などを促すことも可能です。広告費用をかける分、より直接的な成果につなげることを考えてもよいでしょう。

 

オウンドメディアの集客効果を最大化させるためのポイントを3つ解説

オウンドメディアの集客効果を最大化させるためのポイントを3つ解説

ここからは、オウンドメディアの集客効果を最大化させるポイントを3つ紹介します。

 

集客効果を最大化させるには、「集客目的の意識」「社内リソース確保」「専門会社への外注」の3つがポイントです。

 

①集客の目的を常に意識しながら運営する

オウンドメディアを運営する「目的」を明確化することで、効果的な運用が可能です。

 

目的はサービス申し込み、商品購入、資料請求など、企業ごとに様々ですが、目的を整理しないままオウンドメディアを運営すると、うまく効果に繋がらない可能性があります。

 

目的から逆算していくと必要な施策や改善するポイントを明確にすることができます。

 

例えば、目的が問い合わせ獲得の場合、「必要な目標問い合わせ数を設定し、そのために必要な訪問者確保に向けSEO対策を強化する」など、明確な施策が見えてきます。

 

また、目的を設定することでオウンドメディアの現在地がわかり、足りない部分が明確になるので、効果的な改善ができます。

 

目的を意識しながらオウンドメディアを運営することで集客施策の効果を最大化できます。

 

②集客の媒体を連動させる

集客チャネルを連動させることも、オウンドメディアを集客につなげるうえで重要なポイントです。

 

この記事でもご紹介したように、オウンドメディアの主な集客チャネルとしては、SEO・動画・メール・外部メディア・オフライン媒体・ウェブ広告の6つが挙げられます。

 

これらの媒体を単独で使用するのではなく、連動させることで更に効果的な集客を目指せます。

 

例えば、制作したSEO記事をSNSに掲載することで、SNSの拡散力を利用してさらなる集客が見込めます。

 

複数のチャネルを組み合わせて発信することで、より多様な層にオウンドメディアを届け、集客につなげることができるでしょう。

 

③コンテンツを別のフォーマットで再利用する

③コンテンツを別のフォーマットで再利用する

1度作ったコンテンツを別のフォーマットに作り変えて活用する戦略のことを指します。

 

集客効果を最大化させるためには、集客媒体を連動させることが重要です。しかし、チャネルごとにコンテンツを作るには時間と手間がかかります。

 

そのため、1つのコンテンツを様々なフォーマットに変換して使いまわすことで、効率的なオウンドメディア戦略を組むことができます。

 

例えば、SEO記事を動画、メルマガ、SNS投稿、ホワイトペーパーに変換すると、一から構成や内容を考える手間がなくなります。

 

コンテンツリサイクル戦略を用いることで、効率的に複数チャネルにオウンドメディアを展開し、集客につなげることができます。

 

集客を強化するためのオウンドメディアの始め方

集客を強化するためのオウンドメディアの始め方

オウンドメディアを始めるためのステップを4つ紹介します。

 

「コンセプトの策定」「スタッフの確保」「サイト構築後の配信基盤の確保」「制作の体制整備」の4つのステップで、集客を強化するためのオウンドメディアを始めることができます。

 

①コンセプトを策定する

集客を強化するのであれば、オウンドメディア運営の目的、目標を明確化し、さらに自社サービスに対するユーザーニーズを理解することが重要です。

 

自社サービスに対するユーザーニーズを理解するには、まずは自社サービスを理解していなければなりません。

 

自社サービスを理解することで、ユーザーの悩みや課題に対して提供することができる価値が見えてきます。

 

また、オウンドメディアの方向性や競合サイトとの差別化などを明確に決めておかないと、運営していく中で方針がブレてしまいます。発信している情報に一貫性が無いとユーザーからの信頼を獲得できません。

 

コンセプトはオウンドメディアの軸になるので、時間をかけてしっかりと検討していきましょう。

 

②制作するスタッフを確保する

前述の通り、オウンドメディアで、目的を達成するためには、担当するスタッフの人数の確保が必要です。

 

スタッフの確保については、社内から人員を割り振るか、外部へ業務を委託するかを選ぶことになります。オウンドメディアの管理は社内で行い、コンテンツの制作やデータ分析は外部へ委託するなど、両方を組み合わせることもできます。

 

社内の人的リソースや予算の状況、プロジェクトの重要度に応じて最適な方法で進めていきましょう。

 

③サイトの構築(開発)を行う

コンテンツを公開し、集客を行うためのオウンドメディアサイトを開発しましょう。

 

オウンドメディアでは、サーバー、ドメイン、コンテンツを管理するCMS(Contents Management System)の準備が必要です。

 

選択を間違えてしまうと、オウンドメディアの質や効果に悪影響を及ぼします。例えば、サイトの表示速度が遅くなってしまいユーザーの離脱にもつながります。また、操作性が悪いCMSを選んでしまうと、スタッフの作業効率が悪くなります。

 

安価なサーバーや無料で使えるCMSなどが世の中にはありますが、中長期的な運用を考え導入すべきサーバーやCMSを検討するようにしましょう。

 

④コンテンツ制作のルールを整える

オウンドメディア運営に際しては、制作ルールや流れ、配信スケジュールを決めておく必要があります。

 

以下のような点については共通のルールを設定しておきましょう。

 

・レギュレーションのフォーマット

・コンテンツのテンプレート

・画像の規格

・SEO対策の方法

・コンテンツの確認、修正方法

 

オウンドメディアの運営には多くのスタッフが関わることが多いです。また、スタッフの入れ替わりや外注先の変更も可能性として考えられます。

 

コンテンツ制作をルール化しておくことで、スタッフによるばらつきをなくし、効率的に質の高いコンテンツを作ることができます。

 

集客効果を最大化させるためのコンテンツ制作方法

集客効果を最大化させるためのコンテンツ制作方法

オウンドメディアで効果的に集客をしていくためのコンテンツ制作方法のポイントが3つあります。

 

ここからは「ペルソナの明確化」「コンテンツの企画」「SEO対策を意識したコンテンツ制作」という3つのポイントを、それぞれ紹介します。

 

記事制作の方法を詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

①ペルソナを明確にする

①ペルソナを明確にする

集客に繋がるコンテンツを作るためにはペルソナを明確化することが重要です。

 

ペルソナとは「ターゲットの人物像を具体的にしたもの」です。ペルソナを作ることでユーザーの悩みや課題などを理解することができるので、コンテンツで発信すべき内容が明確になります。

 

例えば、BtoBのSaaS企業のマーケティング担当者がターゲットであれば、このようなペルソナが考えられます。

 

・ペルソナ①: 30代の男性、中規模SaaS企業のマーケティングマネージャー職、前職は広告代理店を経験、新規顧客の獲得が目標としてあるが予算が限られており、効果的なマーケティング手法がないか模索している

 

・ペルソナ②:20代後半の女性、SaaSのベンチャー企業に所属しメンバーとして勤務、リード獲得を目的としコンテンツマーケティングを行っているが、リソースが足りずうまくマーケティング活動ができていない。

 

ペルソナでは年齢や性別、職種、目標や抱えている課題などの情報を設定する必要があります。人物像を具体化していくことで、集客に効果的なコンテンツの制作ができます。

 

②コンテンツを企画する

ペルソナを明確にしたら、その悩みを解決するようなコンテンツを企画していきます。

 

ユーザーの悩みを解決できるコンテンツを発信していくことで、信頼を獲得し、最終的にコンバージョン獲得につなげることができるでしょう。

 

成功事例などのストーリーで共感を促し、自社の強みとその根拠を示せば、ユーザーは悩みが解決できる未来をイメージすることができるでしょう。

 

また、トレンドの最新トピックを取り入れることで、ユーザーをさらに取り込むことができるでしょう。

 

③コンテンツを実際に制作する

ペルソナ、コンテンツ内容が決まったら、実際にコンテンツを発信していきます。オウンドメディアで集客をしていく場合は、SEO対策を意識したコンテンツを制作することが大切です。

 

SEO対策では以下のポイントを意識する必要があります。

 

・キーワードの選定

・コンテンツの構成

・ユーザーファースト

 

SEO対策ではキーワードの選定が重要です。設定したペルソナがどんなキーワードを検索するのかを考えるようにしましょう。そして、ユーザーが検索するキーワードの検索意図にあわせた内容をコンテンツで発信していきます。

 

キーワードが決まったら、コンテンツの構成を組み立てます。具体的には、コンテンツのタイトルや各見出し、画像などを決めます。コンテンツのタイトルにキーワードを入れることや競合サイトには無い情報を発信するなどの工夫も大切です。

 

SEO対策ではユーザーファーストのコンテンツであることが重要です。キーワードやコンテンツの構成などを工夫することも大切ですが、ユーザーにわかりやすい文章になっていることで最後まで読んでもらえるコンテンツになり、検索エンジンからの評価も上がるでしょう。

 

オウンドメディアの集客事例3選

オウンドメディアの集客事例

オウンドメディアに集客するさまざまな方法を紹介してきましたが、実際にどのようにこれらの集客手法を活用すればいいのでしょうか。

 

実際のオウンドメディアの集客事例を紹介するので、より具体的にイメージしてみてください。

 

株式会社産経デジタル

「産経ニュース」などさまざまなメディアを手がける株式会社産経デジタルの事例です。新たなオウンドメディアを立ち上げる段階で、質の高いコンテンツを大量投入したことで、掲載開始から約3カ月で20万PVを達成しました。

 

Hub Worksでは、コンテンツ制作をマニュアル化・仕組み化することで、月30本程度継続して提供しました。また、狙うべきキーワードやランディングページへの誘導動線設計などを定期的に見直すことで、SEO的に評価されるメディアとなりました。

【新規事業立ち上げ】3ヶ月で約20万PV獲得!コンテンツ制作を仕組み化し、再現性のあるマーケティングを実現

 

手間いらず株式会社

比較サイト「比較.com」の運営や、予約サイトコントローラー「TEMAIRAZU」シリーズの開発・提供を行う手間いらず株式会社の事例です。FX比較サイトの運営において、Hub Worksに相談いただいたところ、半年間でPV数が約8倍になりました。

 

キーワードの提案から、UIUXや競合調査など必要な情報は漏れなく共有するので、社内のSEOの知見の強化も可能です。

 

手間いらず株式会社では、記事の中に表を組み込むことでPV数アップにつながるなどといった、具体的なアドバイスを提供しました。

半年間でPV数約8倍に!課題解決だけではないプラスαのコンテンツアドバイスとは?

 

某SaaS企業

某SaaSサービス企業では、短い目標期間で数百記事を制作するプランを立てていましたが、複数社に依頼していたため、コンテンツの質が担保できず集客がうまくいっていない状況でした。

 

そこでHub Worksに依頼があり、高いクオリティーで月30〜50本以上の記事を納品しました。結果、記事投稿後に数カ月でSEO順位が上がり、検索結果の1ページ目に表示される記事が一気に増えました

 

Hub Worksでは、質の高いコンテンツの大量生産だけでなく、広い視点でのマーケティング提案が可能です。マーケティングツールやCMSの使い方なども一緒に考えることで、よりオウンドメディアの集客効果を引き出します。

新サービスのメディア立ち上げで大量コンテンツ投下!短期間でのSEO上位表示に成功!

 

【まとめ】

本記事では、オウンドメディアの集客方法を紹介しました。オウンドメディアを利用して集客するには、ターゲットとなる読者の流入経路を把握し、導線を引くことが重要です。

 

SEOだけでなく、オウンドメディア内外での相互リンク、SNSの活用、メルマガ・ニュースレターの配信、広告などを用いて効果的に集客することで、より多くのユーザーを獲得できます。

 

また、集客経路を作るだけでなく、各流入経路ごとにどのようなコンテンツが求められているかを考えることも重要です。ユーザーに役立つコンテンツ制作を念頭に、集客力の高いオウンドメディアを目指しましょう。

執筆者:Hub Works 鈴木

株式会社HubWorks マーケティング部 2021年よりインターネット広告代理店に入社し、月間数億規模の広告運用を経験。 2022年に株式会社Hub Worksに入社しマーケティング担当者として、ウェブ広告やSEOなどの集客、 記事やホワイトペーパー作成などのコンテンツ制作業務に従事。

RELATED

RANKING

業界最安値級コンテンツ制作BPOサービス